| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

根絶やし

ノエル「トカゲの血脈を枯らせる」
子分頭「え、ちょそれ危険思想」

子分頭「バカノエルがついに発狂しました!」
御雪「すぐに子どもたちを逃がします。ありがとう、あなたの報告でたくさんの命が救われました」
子分頭「奥様は?」
御雪「時間を稼ぎます」

士元「ノエルが初代の血脈を断つだと?」
神竜兵「他にも初代を崇拝する原理主義者も捕らえられ、見せしめにされております」
神竜兵「大公様、ボナパルトに兵を借りてノエルの暴挙を止めましょう」
士元「司令は魔王軍を動かすつもりはないようだ」
かえで「構いません、私たちだけでノエルを倒しましょう。シーちゃんや官くんなら知略でノエルに勝てます」
士元「…リバイアさん無しで戦うのはいつ以来か…。官兵衛、お前が総大将をやれるか?」
官兵衛「はい」
士元「シーザー」
シーザー「僕は司令から同行するように言われています」
かえで「そんなの関係ないわ、御雪さんも捕まっているのに!」
シーザー「すみません、司令の命令は逆らえません」

かえで「司令!」
ベリィ「司令はお忙しいのです、ご要件をお聞きします」
かえで「あなたも一緒に頼んで、ノエルを倒すためにシーちゃんを同行させるの」
ベリィ「できません」
かえで「ベリィ!」
士元「やめろ、司令の相手が誰か知っているのか?」
かえで「知らない」
士元「仲達だ、主力を率いて多方面から攻められている」
かえで「そんな…よりによってこんなときに!」
士元「仲達の部隊を突破しない限り救出はできない」
かえで「そうだ、一軍を貸して!あと、大魔王とバオーンも!それなら力押しで突破できる!」
士元「かえで、仲達相手に力押しができると思うのか?もし成功」
ボナパルト「作戦を説明する」
ジョーカー「よく聞けお前ら」
ボナパルト「大魔王様は士元殿に同行しろ」
ジョーカー「おう」
士元「司令!?」
ボナパルト「僕が直接、仲達に当たる。そちらの指揮官は士元殿か官兵衛公子がやるんだ」
とかげ先生「待てボナパルト。お前も達人だが、リバイア様亡き今、仲達は世界一の兵法家だぞ」
ボナパルト「僕はリバイアと引き分けました、仲達はリバイアと五分なら大丈夫です。シーザー、君は魔界門の守りだ。ノエルが来る可能性もある」
シーザー「はい」
ボナパルト「ベリィ、暗黒剣の手練れに大魔王様の装束を着けさせろ」
ベリィ「はっ」
ボナパルト「僕は自分の手勢だけでいく」

仲達「大魔王ら魔界精鋭と大公たち神竜兵が攻めてくるぞ」
ノエル「来たか、ついに魔王軍をおびきだしたぞ、仲達さんにも協力してもらうゲロ」
仲達「良かろう」
ノエル「これで魔界門から聖都に来る道は絞られた、奴の最後ゲロ!」

使徒「あれは…大魔王!?なぜここに!」

仲達「あの大魔王は影武者だ、本物はどこか所在がうかめんのか?」

ノエル「ボナパルトめ…」
小梅「士元たちが聖都に迫っています!散開した少人数で広域攻撃ができません!」
ノエル「ちょ…あの負け犬何してたゲロ!」

辺境の戦士たちと古参を率いるボナパルト
仲達「ボナパルト、こんな戦力を隠していたとは…いや、作り上げたというべきか」
ボナパルト「やはりリバイアより仲達の戦術指揮は劣る、このままいけ!」
とかげ先生「ボナパルト…まさかここまでとは…仲達と五分ではないか!」
ボナパルト「ありがとうございます、神眼をお願いします!」

ノエル「拳闘バカは?」
小梅「大魔王との一騎討ちをしています」
ノエル「大魔王一人で足止めさせられるは…雑魚どもが!」
小梅「神竜兵と一軍、約100騎が最終防衛ラインを突破しました!」

ボナパルト「やはりやるな、ファランクスを維持しつつ後退、大魔王様と合流する」

ジョーカー「やるなジミー、またやろうぜ」
ジミー「再戦だ」
ジョーカー「お前ら、ボンを助けに急げ!」

仲達「大魔王がくる、散開離脱しろ、ノエルのために死ぬことはない」

ボナパルト「速い!もう離脱されたか、ジョーカーの動きも読まれましたね」
とかげ先生ダウン中

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧