| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ロックマンX~Vermilion Warrior~

作者:setuna
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第81話:Air Force

エックスは救出したマシュラームをケインに預け、そしてハンターベースの休憩室でようやく体が万全の状態となり、エイリア達と話していたルインと合流し、他愛のない話をする。

「そういえばエックスは前にライト博士に波動拳を教えてもらったよね?」

[はどーけん?]

「波動拳?」

初耳の単語に成長して舌足らずではあるが話せるようになったソニアとエイリアは顔を見合わせるしかない。

「ああ、そうだけど…」

[ねえ、はどーけんって何?]

「もしかして他にもライト博士に技を教えてもらったりした?」

[はどーけーん]

「ライト博士からは敵に接近された時の為と滞空している時に使える昇竜拳を教わったんだ。威力は言うまでもなく強力だった。でも波動拳みたいに危険じゃないわざだよ。因みに2人が気にしている波動拳はこういう風に波動を練って…」

エックスはエイリアとソニアの前に両手を翳すと、掌に波動を練る。

[おおー、これがはどーけん]

「不思議…光学系のエネルギーと似ているけど全く違うわ」

未知の力に科学者としての好奇心が疼くのか、エイリアはエックスの波動を見つめる。

「博士曰く、これは厳しい修行をして鍛えた人間のみが会得出来る技らしい」

「…じゃあ、どうしてエックスは使えるの?」

人間のみしか会得出来ないと言うのなら何故エックスは会得出来たのか?

「………さあ?」

「エイリア、多分色々事情があるんだよ。色々と…と言うかエックス、それをぶっ放さないでよね!?下手したらハンターベースが塵になるから!!」

「流石に誤って放ったりはしないよ!!山を消し飛ばす威力なんだから!!」

「ハンターベースが…塵…?山を消し飛ばす…?どう言うこと…?」

この話題はあまり深く関わらない方が良さそうだと判断したエックス達は他の話をしようと話題を変えようとした時である。

「た、大変デシ!!」

ダブルが慌てた様子で休憩室に入ってきた。

「ダブル?どうしたんだ?」

「エ、エアフォースがシティ・アーベルに空爆を仕掛けて来たデシ!!」

エックス「何だと!?」

即座に立ち上がるエックス達だが、しかしダブルが告げに来たのはそれだけではない。

「そ、それにディザイア先輩が飛行艇で独断でエアフォースに向かったデシ!!」

「ディザイアが!?どうして…」

「エイリア、彼の乗った飛行艇に通信を繋げられるか?」

「やってみるわ、その前にここを出ましょう」

全員が休憩室を飛び出し、通信室に入るのと同時にエイリアが端末のキーを素早く打ち込み、ディザイアが操縦している飛行艇に通信を繋げた。

「ディザイア!!お前は何をしているんだ!!早くハンターベースに戻ってこい!!」

『エックス隊長、あなたは非道な行いをしているイレギュラーを見過ごせと?』

「そ、それは…でも…お前1人で何が出来るんだ。いくら何でも無謀だ!!今すぐハンターベースに戻ってこい!!」

『失礼ながらエックス隊長…私はスパイダスとの戦い以後、更に力をつけました。フクロウルのようにただ後方で指揮するような臆病者には負けませんよ』

「でもディザイア、君だけで挑むなんて無謀だよ」

ディザイアか訓練をしていることは知っているが、流石に無理があるとルインは冷静に判断した。

『ふ、副隊長…』

「そうよ、あなたの実力は誰もが知っているけれど、レプリフォース参謀長のストーム・フクロウルは知略だけの相手ではないわ。実力主義のレプリフォースの中でも一目置くほどの実力者であると言う情報が…」

『うるさい!!臨時のオペレーターが偉そうに!!』

「な…?」

「ディザイア…?」

ディザイアの怒声にエイリアとルインは目を見開き、エックスは目を細めた。

「ディザイア、先程の発言は聞き逃せないな。彼女は確かに臨時のオペレーターだが、ケイン博士によって選ばれた優秀なオペレーターだ。彼女への侮辱はケイン博士への侮辱でもあるんだぞ?」

それを聞いたディザイアは苦々しげな表情を浮かべる。

『失礼しましたエイリアさん。でも…少しは、私の言うことも聞いてください。私も…副隊長や皆のこと…ちゃんと 考えているつもりなんだ。それなのに…大丈夫です…全て…上手くいきます…もしフクロウルを倒せれば副隊長…私は…私はあなたに…』

通信が届かない高度に到達したのか、モニターにノイズが走って通信が途絶えた。

「……これはまずいことになったな…」

エックスは隊長としてディザイアの実力は知っているが、フクロウルには絶対に勝てないと確信出来た。

伊達にフクロウルは戦闘のプロ集団であるレプリフォースの参謀ではない。

事実、カーネルでさえフクロウルに一目置く時点でそれに見合った実力があるのだ。

「ダブル、今すぐ飛行艇の用意を!!俺がディザイアを追い掛ける!!ルインは他の地域のレプリフォースを頼めるかな?」

「分かった…エックス、ディザイアを…彼をお願い」

「…分かっている」

エックスはディザイアを追い掛けるべく、ダブルに用意させた飛行艇に乗り込み、エアフォースに向かう。

そしてエアフォースに近付くと飛行艇を乗り捨て、エアフォースの空中戦艦に着陸したエックス。

恐らくディザイアが斬り捨てたレプリフォースの軍人達の残骸を見遣りながら、奥へと進んでいく。

道を塞ぐメカニロイドや迎撃用の砲台が破壊されているために進むのは他の基地に比べ比較的容易であった。

奥へと突き進むとリフトに乗り、更に奥へと進むと…。

『エックスよ』

「博士?」

ライト博士の声に引き寄せられるようにエックスは足を進めた。

そこにはカプセルがあり、ライト博士がエックスを見つめていた。

『今までにない未曾有の戦い…それを一刻も早く終結に導くべく、これまでとは違ってアームパーツは2種類用意した。用途に合わせて用いるのじゃ。』

「アームパーツを2種類もですか?」

『そう、セカンドアーマーとサードアーマーのアームパーツは威力と命中率に重きを置いた結果、反動により機動性を損ねると言う問題点があった。今回のアームパーツはそれを解消した物じゃ。』

ライト博士はそう言うと、アームパーツのホログラムをエックスに見せる。

『まず1つはストックチャージショット。エネルギーチャージに通常よりも時間を要するが、より高密度なエネルギーを集束させ、単発の威力と規模は今までのアームパーツと比べれば見劣りするが、チャージショットを4発連続で放てるようになるため、総合威力に置いては最大出力のダブルチャージをも上回る。』

「チャージショットを4発連続で…?」

エックスの最大火力のチャージショットを4発連続で放てるようになるアームパーツの凄まじい性能に目を見開くが、ライト博士の説明は更に続く。

『そしてもう1つがプラズマチャージショット。こちらはストックチャージと違い単発じゃが、その威力と規模は極めて大きく、過去のリミッターを解除したファーストアーマーのスパイラルクラッシュバスターに匹敵する。そしてダメージ効率を上げるために敵に着弾するのと同時にプラズマを発生させ敵に追加ダメージを与える事が可能じゃ。こちらはチャージ時間がノーマルの状態時と変わらないため、通常のバスターと同じ運用法で使えるぞ』

かつて最初のシグマの反乱に置いて驚異的な破壊力を発揮したスパイラルクラッシュバスター級の破壊力を誇り、更にプラズマによる追加ダメージを与えるという射撃型故に追撃を苦手とするエックスにはプラズマチャージの性能は頼りになる。

『命中率重視のストックチャージと威力重視のプラズマチャージの2種類のアームパーツを用途に合わせて使い分けて戦うのじゃ』

チャージショットを4発を連続で放てるストックチャージショット。

スパイラルクラッシュバスター級の威力を誇り、プラズマによる追加ダメージを与えるプラズマチャージショット。

どちらもバスターを主軸にして戦うエックスには心強い物であり、これならどのような敵が現れても対等に渡り合えるだろう。

『それからこれはあの子に渡して欲しい。ルインの強化チップじゃ』

オーバードライブの使用時間を延長させるチップ。

エックスは会釈するとカプセルに入り、アームパーツを入手するとアームパーツに意識を向けることでストックとプラズマの切り替えが出来るようだ。

ルインのチップも入手したエックス。

『ところでエックス、そのアーマーも…エイリアと言ったかな?彼女が復元したのかね?』

「はい、そうです。彼女が用意してくれたこのアーマーには助けられています。自分もオペレートや研究で忙しいのに…」

『ふむ…良い仲間と巡り会えたのうエックス、この戦いはあってはならないものじゃ、同じ平和を目指す者同士が争うなどあってはならない。頼んだぞ、わしの…世界の希望』

「…はい」

正直に言うと被害が拡大する前にレプリフォースを止められるかどうかは自信がない。

イレギュラーハンターとレプリフォースでは地力に差があるのだ。

自分達が基地を叩くことで何とかなっているが、世界各地に散らばっているレプリフォース軍にはイレギュラーハンターは惨敗している。

しかし泣き言は言ってられない。

自分は誇りあるイレギュラーハンターなのだ。

「ありがとうございますライト博士。私は最後まで諦めたりはしません。あなたと仲間達との誓いがある限り。」

『エックス…』

「ライト博士、私はこの力を正しきことのために使います…希望のために」

ライト博士の前にバスターを掲げ、かつての誓いを告げるエックス。

『私も信じているよエックス。お前がその力を正しく使ってくれると言うことを…』

ライト博士は微笑みながら去っていくエックスを見送る。

『どうか…あの子に明るい未来を…』

彼の祈りはエックスには聞こえなかったが、きっと届くだろう。

そしてエックスは新たに得たアームパーツを使って一気に駆け出した。

流石にかなりの時間が経過したから迎撃用のメカニロイドが出てくると思ったが…。

「妙だな、ディザイアが倒したにしてはあまりにも少なすぎる」

迎撃用のメカニロイドは確かに出てきたが、その数はかなり少ない。

あまりにも簡単に行きすぎて何かの罠ではないかと疑ってしまうくらいに手薄だった。

「まさか何かの罠…」

「よーし、大量大量!!これくらいジャンクパーツがあれば充分だろ!!」

「…………」

この場に不似合いな女の子の明るい声が響き渡った。

エックスは声が聞こえた方に向かうと、そこにいる二丁拳銃を持った銀髪のポニーテールが特徴の少女型レプリロイドにバスターを向けた。

「動くな!レプリフォースの者じゃないな!?ここで何をしている!?」

「いっ!?」

少女型レプリロイドは即座に拳銃を捨て、ホールドアップする。

「待て待てお兄さん!!落ち着け!!俺はイレギュラーじゃないんだぜ!!だから落ち着いてくれ!!」

「じゃあ何でこんな危険な所にいるんだ…?」

「材料の回収。俺はジャンク屋を営んでいてね、聞いたことはないか?時々ハンターベースにジャンクパーツとかを売りに来る…」

「噂で聞いたことくらいなら…まさか君が?」

時々、ハンターベースにジャンクパーツや武器類を売りに来る少女型レプリロイドがいると聞いたことはあるが、まさか目の前にいる少女がそうだと言うのか?

「そういうこと。今、大量のジャンクパーツの依頼が来ていてね。そのお客さんに売るためのジャンクパーツ入手のためにこの戦艦に乗り込んだのさ。因みにメカニロイド限定な」

「とにかくここは危険だ。いつレプリフォースに気付かれるか…」

エックスが少女の身を心配して言うが、少女は苦笑しながら言う。

「今、パーツ集めがいいとこなんだよ。見逃してくれ、頼むよ。依頼してくれたお客さん、元レプリフォースらしいんだ。傷付いた人達を救うために修理に使えるパーツが欲しいんだと…こんなこと聞かされたら揃えてやるしかねえじゃんか」

手を合わせて拝み倒しながら説明する少女にエックスは疑問符を浮かべた。

「元レプリフォース?そのレプリロイドの名前は?」

「名前?言い辛そうだったから聞かなかったけど、赤と青の配色のアーマーと栗色の長い髪が特徴の女の子レプリロイドだ。依頼とあらば誰であろうと何処にでもってのが俺のモットーだからな」

「まさか…アイリス!?」

「お兄さん、俺のお客さんのことを知ってるのかい?」

「知り合いなんだ…元レプリフォースと言うことは…そうか、彼女は敵じゃないのか」

共に事件を解決した仲間が敵とならなかったことに安堵するエックス。

「貴重な情報をありがとう。でも早くパーツ集めを切り上げてここから去った方が良い。」

「勿論、危なくなったらすぐに逃げるよ。見逃してくれる代わりにとっておきのパワーアップパーツをやるからさ」

半ばエックスに押し付けるようにパーツを渡す少女にエックスは思わず苦笑した。

「んじゃあ、そういうことで、そいつは“ハイパーチャージ”って言ってバスターのエネルギーチャージの効率を飛躍的に高めて、チャージ時間を半分に出来るんだ。本当なら1000ゼニー払って欲しいけど見逃してくれる今回は特別だよ」

背中を向けて去ろうとする少女型レプリロイドをエックスは呼び止めた。

「待ってくれ、君の名前は?」

「俺の?俺の名前はルナってんだ。俺はそう名乗ってる」

「?」

「俺、誰に造られたのかさっぱり分からないんだ。気づけば何もない荒野で倒れてて、世界を放浪していた時、たまたまジャンク屋を営んでいたじいさんに拾われて、この名前もじいさんがつけてくれたんだ。俺が拾われたのが月夜だったって単純な理由でさ、まあ気に入ってるからいいんだけどさ。だから俺の本当の名前を知る奴はどこにもいない」

「…すまない、悪いことを聞いた」

「別に気にしてない。じゃあな!!今度会ったらご贔屓に!!お兄さん!!」

ルナは明るく言いながらジャンクパーツの回収に向かう。

「変わっているけど悪い奴じゃなさそうだな…しかし、彼女のアーマーの形状はルインのアーマーと似ているような…」

押し付けられたパーツをバスターに装備しながらエックスは奥へと向かう。

急いで通路を駆け、梯を登り、戦艦の甲板に辿り着いた。

そこには無傷のフクロウルと、瀕死となって横たわっているディザイアの姿があった。

エックスはフクロウルにバスターを放ち、ディザイアから離すと即座にダッシュで移動し、ディザイアの前に立つ。

「レプリフォース参謀長、ストーム・フクロウルだな?」

「……いかにも、貴様があの噂に名高いエックスか…。カーネル殿から話は聞いている。その小僧を助けに来たのか?助けたところでそれは貴様に感謝などせんぞ。それどころか貴様に対しては怨みを持つかもしれんぞ?」

ディザイアと戦ったフクロウルはディザイアがエックスに対して強烈な嫉妬心を抱いているのを見抜いているのだ。

エックスに助けられたと知れば、感謝よりも屈辱に唇を噛み締めるのは目に見えている。

「そうかもしれない。でも俺は彼を助ける。そして仲間を部下をこれ以上死なせはしない」

守ってみせる。

そして死なせはしない。

これ以上大事な仲間を誰1人として。

ディザイアが自分をよく思っていないのはエックスも当然気づいている。

しかし彼には剣を教えてもらった恩があるので、その借りは返さなければならない。

「欲張りな男よ…。私は誇りあるレプリフォースの軍人。イレギュラーハンター共に負けるわけにはいかん!!我々をイレギュラー扱いし、敵に回した報いを受けるがいい!!」

「どんな理想があろうとお前達のしようとしているのは間違っている!!イレギュラーハンターとしてお前達を止めてみせる!!喰らえ、ダブルチャージショット!!」

ディザイアが転送されたのを見届けるとエックスがダブルチャージショットを放った。

強化パーツの恩恵で通常よりも半分の時間で放てるようになった2発のチャージショットがフクロウルに迫る。

しかしフクロウルは飛翔することで回避した。

「ダブルチャージ……確かに噂通りの素晴らしい威力だ。まともに受ければ誰であろうとただでは済まんだろう。だが…」

飛行速度を上げ、強烈なタックルをエックスに喰らわせるフクロウル。

「ぐっ!?」

「いくら強力な攻撃であろうと当たらなければどうということはない!ダブルサイクロン!!」

真空の刃を纏ったエネルギー弾を放ち、エックスに直撃させる。

「ぐっ…おおおお!!」

バスターをチャージし、フクロウルは先程のダブルチャージが来ると予想し、距離を取る。

「ソウルボディ!!」

両腕を広げ、フクロウルに目掛けて複数のエネルギー体の分身が襲い掛かる。

「何だと!?」

エックスが放ったチャージソウルボディの分身に目を見開くが、フクロウルはそれを回避すると羽型のエネルギー弾を放つ。

「ライトニングウェブ!!」

しかしエックスも避けられることは想定済み。

ライトニングウェブを放ち、それを壁代わりにして大きく跳躍する。

「!?」

「行け、バグホール!!」

そしてフクロウルに接近すると念のために用意していたビートブードの特殊武器を使ってフクロウルをこちらに引き寄せる。

「なっ!?」

「ダブルチャージショット!!」

ダブルチャージショットをバグホールの引力で引き寄せられているフクロウルに向けて放つ。

フクロウルは咄嗟に体を捻ることで直撃は避けたが、左肩を吹き飛ばされる。

「くっ、私は誇りあるレプリフォース。そしてこの艦隊を預かる者として…負けるわけにはいかん!!」

「フクロウル…」

「エックスよ。貴様の強さは見事と言う他はない。模擬戦とは言え流石はあのカーネル殿と互角に渡り合ったことはある。貴様の実力に敬意を表し、我が最大の奥義を貴様にくれてやろう!!」

自身の周囲からサイクロンを放ち、それをエックスに喰らわせる。

「ぐああああああ!!」

まともにサイクロンを受けて吹き飛ばされるエックス。
しかし体勢を立て直し、バグホールを放とうとするが、フクロウルもそれを読んでいたらしく、距離を取る。

「それはある程度距離が近くなければ対象を引き寄せられんのだろう?ダブルチャージもこれだけ離れていれば時間差で放とうが容易にかわせる。この勝負、私の勝ちだ!!くたばるがいいエックス!!」

「くそ…」

バグホールは届かない。

ライトニングウェブを使おうが同じことだ。

ダブルチャージショットもかわされてしまうとならば。

「(これしかないか)」

エックスはサードアーマーを解除し、一旦ノーマル状態となると新しいアーマーのフットパーツと白のアームパーツのストックを装着する。

チャージ完了。

「当たれーーーっ!!」

ストックチャージの1発目が放たれる。

フクロウルは先程よりも出力も大きさも小さい一撃に訝しむが回避。

「もう1発!!」

もう1発放ち、フクロウルに回避行動を取らせると静止した瞬間に残り2発のチャージショットをフクロウルに命中させた。

「がはっ!?馬鹿な…チャージショットを4発まで連発するだと…!?」

「ライトニングウェブ!!」

チャージしたライトニングウェブで落下するフクロウルを拘束するとアームパーツを黒のプラズマに切り替え、バスターのチャージする。

「プラズマチャージショット!!」

「ぐはああああ!!?ば、馬鹿な…こんな…!!」

至近距離でのプラズマチャージショットを受け、フクロウルは爆散した。

「ふう…」

どうやらエアフォースは指揮官であるフクロウルが倒されたことで撤退するようだ。

フクロウルのDNAデータを回収し、簡易転送装置でハンターベースを帰還しようとするが、フクロウルとの戦闘で壊れてしまい、エアフォースの小型戦闘機を奪って脱出したのである。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧