| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

最強最後の天才軍師

ボナパルト「シーザー、君が次の司令だ。ジョーカーたちを上手く動かせるのは君だけだ」
シーザー「僕には無理です!官兵衛兄さんやアクアもいるじゃないですか」
ボナパルト「官兵衛は統治ができてもノエルと戦う戦術がない。アクアは戦術に優れても統治が下手だ。両方できるのはシーザー…四代目リバイアだけだ」
かえで「司令!」
ボナパルト「もう、虚礼はやめよう、かえで姉さん。僕は三代目リバイア…」
恵「お姉様」
かえで「し…うん、ボンくん」
ボナパルト「リバイアさんから借りていたものを返す」
シーザー「司令…」
ボナパルト「兄さんだろ?」
シーザー「はい、兄さん」
ボナパルト「君に言うことは一つだけ、本気を出せ四代目リバイア」

かえで「いくら才能があっても経験が少なすぎるわ」
ボナパルト「経験はある、手を出せ」
シーザー「はい」
シーザーにボナパルトがジャンクション
シーザー「兄さん!」
ボナパルト「いつでも力になる、さあ行け」

ジョーカー「ボンは!」
シーザー「ここに」
左手の刻印を見せる
ジョーカー「そんな…」
ボナパルト「うろたえるな大魔王様、これからはシーザーが司令だ」
シーザー「聞こえましたか?」
ジョーカー「ああ、だがお前がボン以上と認めるまではボンの策しか聞かねぇ」
シーザー「はい!」

ノエル「ぼっボナパルトを倒したのに…体がガタガタゲロ…」
小梅「ノエル様、帝国が攻めてきま…そんな、魔王軍がこんな近くに!?」
ノエル「な…こんなことは先代しかできないはずゲロ」

ジョーカー「ジミー!なんでここに」
ジミー「ボナパルトの言った通りだな」
シーザー「ノエルを包囲、仲達は動きません」
ジョーカー「気付いたらノエルが詰んでやがる…ボンすげぇよ」
ボナパルト「僕じゃない、シーザーだ。僕はこんなに速く複雑な動きはできない」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧