| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

初代の性欲

着替えている澄
初代「澄たん〈⚪〉〈⚪〉」
リバイア「初代」
初代「うわぁ人生オワタ!リバイアさん相手には天才で大富豪の僕でもごまかせないぉ!」
リバイア「ボナパルトが家族風呂を手配しました」
初代「なんだと」

ボナパルト「二時間貸し切りです」
澄「うわぁ、広いお風呂(脱衣)」
初代「うわぁ、澄たんの下着がぁ!B地区が、臀部が、筋が(体液噴出)」
澄「お兄ちゃん入ろうよー」
初代「澄たんスベスベ肌…しかも胸を押し付けたららめぇ!(どくどくどく)」
かえで「大丈夫ですか?」
初代「うわぁ、×さないでー!」
かえで「澄は初代様のことが大好きですよ(*´▽`*)」
初代「ぐへへ」

げっそり初代「ボンちゃんボンちゃん」
ボナパルト「はい」
初代「リバイアさんは分かるけど、なんで非モテ小太りハゲのボンちゃんが、美少女の裸を見て平気だぉ?」
ボナパルト「前は反応していましたが、芸能プロデューサーをしていたら慣れてきました」
恵(*´▽`*)
初代「すげぇ」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧