| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

たとえそれが間違っていたとしても

辺境の長老「ボナパルト様による聖賢の政で、我らの百年の争いが終わりました。我ら皆、いかなるご命令でもお聞きいたします」
ボナパルト「勘違いするな、僕は私怨で動く独裁者だ。君たちの協力が欲しくて問題を解決しただけだ。君は僕が死ねと言えば死ぬのか?」
辺境の長老「はい、もはや数年の寿命が今日尽きた所で、大差ありません」

 野戦病院
倒れている辺境の戦士たち
ボナパルト「目覚めろ誇り高き戦士よ、これより長老が奇跡を起こす!」
ざわざわ
ボナパルト「神器に気と魔力を集めろ、そして皆の治癒を願うんだ。全力で」
長老の体が光の粒になり飛び散り消える
辺境の戦士「傷が消えた!」
ボナパルト「長老に感謝せよ」

士元「あれは…初代のお母様と同じ最期ではないか、ボナパルト…あいつは本当に初代の後継者かもしれん」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧