| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

李牧

シーザー「戦術指揮ならほ李牧が上です」
士元「そうだな、司令のお手並み拝見といこう」
シーザー「李牧は経験こそ少ないですが、ノエルと同等の知略をもっています。まともに戦うなら司令の勝ち目はほぼありません」
士元「え?大魔王は戻ってこられないのだぞ」

飲酒ボナパルト「ふわぁ」
恵「凄いねボンくん、李牧は若いけど凄い軍略家なのに」
ボナパルト「うん」
とかげ先生「おい、いくら格下とはいえ」
ボナパルト「戦術指揮なら李牧は僕より上ですよ、神眼をお願いします」
とかげ先生「なっ!?今までノエルとリバイア様以外には使わなかっただろう」
ボナパルト「李牧はリバイア三大天、使徒と別格です」

ボナパルト「おい小僧、リバイアどころかノエルにも劣るお前にはファランクス無しで相手してやる」
李牧(散開した!?穴だらけか…いや、これは八卦の陣をすぐ組める形だ!)
とかげ先生(おいボナパルト、ばれてないか?)
ボナパルト「そうですね、ここで突っ込んで来たら楽勝だったのですが。遊撃は僕に続け!」
神竜兵「李牧様、これは?」
李牧「引き付けろ!」
使徒「ボナパルトの首を取れ!」
李牧「待て」
ボナパルト(やはり統制が取れていない、李牧の言うことを聞くのはリバイア軍だけだ)「うわぁ、怖いよー!」
使徒「ノエ…ぐはっ!」
射たれる使徒



 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧