| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ノエルの恐怖

車椅子のノエル「ゲロロロロwwwボナパルトおわた!世界は俺様のものゲロ!なんと華麗な勝利ゲホッゲホッ…もはや俺様自ら戦うまでもない」

仲達「勝ったのはノエルか」

子分頭「仲達さんから同盟の申し出ですよっと」
ノエル「同盟?負け犬の分際で俺様と対等に話せると思うな、攻め落としてやる。もはや大魔王も半死、魔王軍に怯える日々は終わりゲロ、このリバイア神聖帝国が全世界を支配するゲロ!」
子分頭「助けてリバイアさん、ボナパルト様!ノエルのバカが加速してます!」

ジョーカー「ノエルの首を取る、全員俺に続け、ボンの敵を取る!」
士元「待て、武力も向こうに劣る上、誰がノエルの知略に対抗する?」
ジョーカー「うるさい、嫌なら来るな」
バオーン「バオ」
兵士「ノエルの首をボナパルト様の墓前に捧げろ!」
ジョーカー「いいぞお前ら、ノエルの小細工なんざねじ伏せる!プリン、お前の体をよこせ」
プリン「本気なの?」
ジョーカー「口答えするな!」
アクア(あーあ、大魔王様の悪いとこばかり出てる、司令がいないとダメ組織だね)
士元「仮に大魔王様が万全でも無理だ。ボナパルトがいたからノエルの知略が小細工扱いだったが、奴の戦術は恐ろしく高度だ」
ジョーカー「うるせぇよ、ならノエルに降伏か?」
士元「ノエルを倒すなら、シーザーと官兵衛を司令にするんだ。ボナパルトは負けたときのために、後継者を育てていた」
ジョーカー「いいぜ。だができなきゃすぐ降ろす」
アクア(即決?なにこのワンマン)
士元「シーザー」
シーザー「はい、ノエルを討ち取る、一軍と神竜兵は大魔王様に続け」
ジョーカー「いいぜ小僧、ならすぐ俺を動けるようにしろ!」
先代魔王「良かろう、孫の体をやるわけにはいかん、ワシで我慢せぇ」
ジョーカー「あんたか、誰でもいい」
同化
アクア(新旧魔王が!?)「これ君の案?」
シーザー「うん、さっき考えた」

シーザー「ノエルに気付かれるまでは散開して隠密前進、見つかったら信号を上げる、そこからは全速力でノエルを討ち取る」
ジョーカー「おいおい、下手したらボンより手際良いぞ」
士元「ボナパルトが仕組みを作っていたし訓練も積ませていたが、ノエルに隠していた」
シーザー「陽動はすでに動いている」

諸葛勤「合図があったら、黄金皇女の救出だ」
神竜兵「はっ」
どごぉん!
ジミー「出てこいノエル!」
使徒「城門が破られました!」
ノエル「シスコン野郎が!李牧、処刑してこい」
李牧「はい」

諸葛勤「合図だ、いけ」
Sバーサーカー「ぐるるるる」
諸葛勤「ファランクスだ、奴に牢を破らせる」

シーザー「動きがあった、全速力で進め!」
士元(内外から同時に…あり得ない速度と精度と威力、これがリバイアの戦術だ。ボナパルトには悪いがやはり別物だな)「神竜兵、続け!」
ジョーカー「俺が一番乗りだ!」

小梅「ノエル様!魔王軍です!先頭はジョーカーと士元」
ノエル「うろたえるな、魔王軍などバカの集まりゲロ、せいぜい貧乏人くらいしか指揮官はいないゲロ…おかしいゲロ、シスコン野郎どもの動きが良すぎる」
小梅「アクアです!」
ノエル「そんな…ボナパルトの野郎、隠していたな!まずい、李牧でも手こずってしまう」

李牧「大魔王!?まずい、退け!」
使徒「敵前逃亡は許されません」
シーザー「大魔王様、李牧は使徒ではありません」
ジョーカー「殺すなってか?」
シーザー「はい」
使徒や信者の一部は李牧を無視して突撃、返り討ちにあう。
李牧「まさか、リバイア様?いや、あなたはシーザー様なのですか?」
シーザー「そうだ、三大天李牧、四代目リバイアに従え」
李牧「私はボナパルトもあなたもリバイア様の後継者とは認めていません、ノエルとシーザー様の勝った方にお仕えします」
ベリィ「小僧が調子に乗」
シーザー「分かった」
ベリィ(…)
シーザー「大魔王様は仲達の介入を防いでください、指揮はアクアにさせます」
アクア「はいはい」
シーザー「ジミーどの、諸葛将軍と合流して黄金様たちの救出に向かってください」
ジミー「分かった、さすがはリバイア、感謝する」

ノエル「やってくれたな小僧!」

シーザー「大公様」
士元「お前は四代目リバイア、なら私はお前の駒であり…兄弟だ」
シーザー「はい、兄さん」

ノエル「落ち着け、いかにあの小僧に才能があっても、まさかボナパルトほどではないはず。ファランクス!やはりボナパルトの猿真似ゲロ!」

李牧(勝負あった、あれはファランクスじゃない、八卦の陣)

ノエル「バカな、こんなにあっさり…ボナパルトに勝った俺様を…」
士元「お前の目は節穴だ。ボナパルトの戦術指揮はリバイアさんに三枚も四枚も劣る。お前は格下に連敗していたんだ。そしてボナパルトの戦略統治の果実を受け継いだシーザーは、リバイアさんと大差ない戦術を使える。シーザーの実力を見誤った時点で勝負はついていたんだ」

シーザー「勝った…のか?」
士元「最初からノエルが全力なら劣勢だった。だがボナパルトが必勝の策を遺してくれた。初代やリバイアさんとは違うが、奴もまたリバイア流用兵術の達人だよ」

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧