| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Dance with Devils ~二つの魔導書~

作者:紫里
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

episode2

 
前書き
第三図書館に呼ばれて中に入るところから始まります 

 
(ガチャ・・・キィーッ・・・)

「うわぁ・・・!」

「天井が高くて広いわね・・・(キョロキョロ)」

見上げると、隅から隅まで本でいっぱい・・・。この量は一体何冊あるのかな?・・どこかのお城と勘違いしちゃいそうなくらいだわ・・・

「立華リツカと立華ユリナだね?」

(コツコツ)

「「っ・・・!」」

生徒会の人たちが全員揃ってる・・・。全然気づかなかった(汗)・・・だけど四人がいるところだけなんか別世界って感じがする・・・。

「生徒会長の鉤貫レムだ。・・・君たち二人を呼び出したのは私だ」

この人が生徒会長・・・・

「おい待てよ、レム。自分だけの手柄にするつもりか?」

「生徒会メンバーの総意で呼んだんじゃなかったっけ?」

「生徒会を代表して、私が呼んだ・・・。何か間違いはあるか?」

「大ありだ!ウマイとこだけ持っていくなんて許さねぇぞ」

「あっあの・・・」

急に揉め出したけど・・・大丈夫なのかな・・?

「けっ喧嘩はよくないですよ(オドオド)」

「ほらほら、言い争いはやめなよ。彼女たちが困ってるじゃないか。・・・ごめんね、蝶々たち?」

「えっ・・と」

(蝶々?・・・私たちのことなのかな?)

「ふふっ・・・蝶々だって。もう自分のもの気取り?」

「テメェも抜け駆けすんじゃねぇよ!そいつらはお前のモンじゃねぇだろ!」

「僕のものであろうとなかろうと、すべての女子はみんな美しい蝶々さ」

白制服を着てる人は女子を蝶々って呼ぶんだ・・・なんでかn(コツコツ)!?なっなんかこっちきてるぅ!?

「(スッ)このバラをどうぞ、愛しい蝶々たち・・・」

「あっありがとうございます・・?」

「僕は楚神ウリエ・・・よろしくね?」

「よろしくお願いします・・?」

楚神さん?っていう方から私たちはバラをもらった。・・・なんでバラを持ってるのかな?

「可愛らしい子たちだね。思わず抱きしめたくなっちゃうよ・・」

「えっ?・・」

抱きしめるって・・・それは困るんだけど・・

「はっ・・そんな花なんの役にも立ちやしねぇだろが・・・おいっ」

「はっはい(グイッ)きゃあ!」

「リツカっ!」

リツカが大柄な人に引っ張られてしかも顎クイされてるっ?!・・・リツカ困ってるし助けないと!

「リツカを離して下さいっ(グイッ)」

「おわっ?!」

「あっありがとう・・ユリナ(ホッ)」

「はっ・・。オレ様は南那城メィジ。よく覚えておけ、お前たちは絶対オレ様に惚れるからな?」

(ほっ・・・惚れるって・・・)

(南那城さん・・・自分で惚れるとか言ってるよ(苦笑))

「メィジ、そこまでだよ。・・・オレは棗坂シキ。よろしく。・・ちなみにメィジは書記でオレは会計、まぁ知らなくてもどうってことはないけど」

(コツコツ・・・グイッ)

「っ!?」

リツカの次は私が顎グイされてるよっ・・・なんなの?!この細身な人といい、南那城さんといい・・顎グイがはやってるの?!

「キミとオレは知り合いになったってこと。それだけ知っててくれればいいよ。・・・歪んだ顔たくさん見せて?・・・ふふっこれから楽しくなりそう・・・」

「ひゃっ・・・」

一つ一つの言葉が耳に・・・しかも笑ってるときに息がかかるからくすぐったいっ

「・・・あまりそそのかすな。・・・もういいだろう、本題に入る」

「はーい・・・(サッ)」

「あっ・・・」

やっと離れてくれた(汗)・・・本題に入るのはいいけど、もう少し早く本題に入ってよ(汗)

(ペラッ)

「君たち二人を呼んだのは他でもない。実は・・君たちが校則違反をしてるという投書があったんだ」

「「えっ!?」」

校則違反だなんて・・・一体どうして・・・

「そんなこと私とユリナはしていませんっ!・・何かの間違いじゃ・・・」

「リツカ・・・」

「しかし、投書があった以上は、調べる必要がある」

「そっそんな・・理由を教えて下さいっ!私とユリナが一体何を違反したって言うんですか?」

「私からもお願いしますっ理由を教えて下さいっ」

理由がわからないと私たちも何をしたのかわからないよっ・・・

「質問をするのは君たちではない・・・・この私だ」

「っ・・(それはそうかもしれないけど・・・でも、やっぱり腑に落ちないよ)」

「そんな・・」

理由を教えてくれないなんて・・・理由がわからないと答えようがないじゃないっ

「せめて、理由を教えて下さい。何を違反したのかわからないまま、答えても意味がないと思うんです・・・」

「ユリナ・・」

「それは君たちが、私の質問に答えてからの話だろう。本当に後めたいことがなければ、何を聞かれようが、問題はないはずだ」

「それは・・・そうかもしれませんが・・・」

・・・鉤貫さん、ちょっと勝手すぎな気がする・・・。理由くらい教えてくれたっていいじゃない(ムゥッ)

「こちらの質問を聞かずに、勝手に主張するのは言い訳でしかないだろう。・・・疑われても仕方ないと思わないか?」

「っ・・(会長さん・・静かな口調だけど、・・・どうしてか逆らえない・・・)・・・(きゅ)」

「・・リツカ?」

・・リツカ、震えてるっ。・・・鉤貫さんの言ってることに筋が通っているだけでなく、何か威圧感があるみたいなのがある感じがする・・。
・・・でも、理由を教えてくれないし、わけもわからないまま答えたくないっ(ぎゅ)

「・・?ユリナ?」

「投書が信頼できる内容ならきちんとお答えします。・・・けれど、私もリツカも、わけのわからないまま答えたくないんです。その口ぶりだと投書が正しいだけに聞こえるんです。・・・ちゃんと公正にお願いしますっ」

「ほう。―――公正か。なるほどな・・・」



































・・・これからどうなっちゃうの?私たち・・・

                                   END 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧