| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

敗北の果てに

リバイア死亡→士元たち加入後に敗れた場合

ボナパルト「おのれノエル…僕が倒れても…リバイア流ようへ…」
ノエル「勝った…憎き先代の敵を討ち取ったぞ!勝どきを上げろーっ!」
士元「ファランクスを組め!ベリィ、お前が指揮をとれ、絶対にしのぐぞ」
ベリィ「はっ!僭越ながら…シーザー様は左翼、官兵衛様は右翼の指揮をとってください。アクア、中央はお前だ」
アクア「うん!」
ノエル「ゲロ?今さらボナパルトの物真似しても無駄ゲロ、俺様の勝ちだ」
李牧「もう立て直された!すぐに攻めれば壊滅させられたものを…愚かなりノエル」
ノエル「聞こえたゲロ、ボナパルトがいたから気に入らんお前を使っていたゲロ、只今をもってお前は追放ゲロ」
李牧「ノエル、お前は兵法に優れるが、やはりリバイア様の足元にもおよばん」
ノエル「早く消えろ!今すぐ処刑されたいか」
子分頭「うわぁ!やっぱこいつバカすぎる!」
ノエル「さて、今までよくも俺様をバカにしてくれたな、一匹たりとも逃がさんぞ、痛め付けて始末してやる!」

ノエル「粘りやがる、あのカッパハゲがボナパルトのポジションか、お前ら、奴を始末しろ」
恵「ベリィさんを守って、ボンくんの作戦通りよ!」
ジョーカー「ボン!やりやがったなノエル…」
ノエル「うわぁ!退け!」
恵「追っちゃダメ!ノエルの罠があります」

巨星墜つ
しかるにリバイア流用兵術は次世代へ受け継がれ、成長し四代目リバイアとなったシーザーがノエルを討ち取る。史上最高の兵法家と言われたシーザーだが、初代・リバイア・ボナパルトには敵わないと生涯言い続けた。

ボナパルトの再来・官兵衛
シーザーと五分の才があると言われたが、四代目リバイアの座を争うことなく、父の後を継ぎリバイア大公となった。ボナパルトの統治を徹底的に研究し、名手としてなを馳せる。

文武両道の名将・士元
官兵衛の成人と同時に大公の地位を譲る。かつてボンクラ公子と呼ばれていたが生まれ変わった。

ボナパルトの愛妻・恵
かつてボナパルトと暮らした故郷に戻る。

暗黒の大魔王・ジョーカー
ボナパルトを失い、荒れた日々を送る。ノエルを倒したあとは何も言わず姿を消した。

ボナパルトの懐刀・ベリィ
ボナパルトの遺言通り、四代目リバイアの補佐を務める。戦後はボナパルトの兵法や経営術を研究に尽力。

気まぐれな天才・アクア
戦後は細々と暮らした。死後に見つかった著作は優れた兵法書として生き続ける。

狂気の覇王・ノエル
ボナパルト亡き後は魔王軍を一度は追い込むが、四代目リバイアの知略に劣勢となる。仲達・李牧による第三勢力と魔王軍の挟撃にあい、討ち取られる。リバイアと同等の機転に加え、美貌に家柄や高い武力を持ちながら、彼はあまりに心が弱すぎた。

リバイアの好敵手・仲達
ノエルのもとを離れ、廃墟と化した王都を再建する。しかし病に侵され、ボナパルトの後を追うようにこの世を去る。若き天才、李牧に後を託して…
「リバイア…もうすぐ私もそちらに行くぞ、覚悟しろ、納得するまで逃がさんぞ…リバイア…」

李牧
ノエルに追放されてから、仲達と共謀し占領地の解放戦争を始める。仲達病没後はノエルの攻撃を捌きながら魔王軍と手を組みノエルを討ち取る 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧