| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ボナパルト様の懐刀

ボナパルト「お前はリバイアのもとでは十傑に数えられた切れ者だろう、どうして僕の所に来てくれた?」
ベリィ「リバイア様が病に倒れ、私は絶望しました。仲達やノエルは知略に優れてはいますが違うのですよ」

士元「無理に私やシーザーに仕える必要はない、三代目リバイアの力になってくれ」
ベリィ「大公様…」
士元「今の私は大公ではない、初代から頂いた国を潰してしまった。ただの魔法剣士だ」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧