| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

兄弟

士元「司令…いや、ボナパルト。我ら皆、三代目リバイアの駒となろう」
ボナパルト「では、もう大公と呼びませんよ兄さん」
士元「お前が望むならそうしよう」
ボナパルト「では、兄さんを第三魔将に任命します。副将はシーザーと官兵衛。無理に僕をリバイアとして扱わなくていい、兄さん達のもとならよく働いてくれるでしょう。それに、乱世が終わればリバイアの名もお返しします。リバイアの血を引くシーザーか官兵衛が四代目リバイアになれば良いでしょう。この乱世に終止符を討てるなら鬼でも神でもリバイアでもやるだけです」
士元「きみは…初代に似ているな」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧