| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

拳王

ジミー(全部捌かれた!?こいつ、単なる酔っ払いじゃない。ラグナ様に並ぶ達人だ)
ジョーカー「お前やるな、でかいだけじゃない。拳が速くて狙いも良い。しかもダイにケンカを売る根性まである」
ジミー「もしや、あなたは…」
ジョーカー「ただの酒飲みさ、ほら、もっと打ってこい」

ジョーカー「戦争は嫌なんだろ?ならお前は最後まで拳闘を貫け」

ジョーカー「お前は頭わりぃけど良い奴だ、特別に教えてやる。俺が覇王カエサリオンから受け継いだ最後の神器だ」

ジミー「こんな簡単にできるのですか!?」
ジョーカー「お前が達人だからだ」
ファンナ「ジョーカー様!ありがとうございます、兄貴はやっぱりゴッドハンド…しかも覇王カエサリオン様のように2つの神器を使えるなんて!」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧