| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

人形の残骸
  鷲峰涼風

 
前書き
φ(..) 

 
鷲峰涼風(わしみねすずか)

性別・男

年令・19才

一人称・私

─────────────────

身長185㎝

体重78㎏

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《性格》

身長/大胆/柔和/物静か

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【イケメンヴァンパイア】

[セバスチャン]

─────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□

神田裂守(かんださきもり)》が【第0学区】の【目的区】で行っていた能力者開発実験『63計画』に参加していた第二世代の【人形(ドール)

計画を無事に生き残った【人形の残骸(ドールディブリス)】の一人であり、当時の記憶は失われてしまっている。

計画の終了後は第0学区で生き延びる為に戦い続けていたところを《犬神爪牙(いぬがみそうが)》に捕まり彼が所属していた【災禍の凶軍(ユーベミリテア)】に入ることになった。

その後は【監禁区】の能力犯罪刑務所に入れられた爪牙が出所するのを待って【監獄の騎士(シュプリンガー)】に移る。

現在は爪牙と共に【鋭利学園高校】の三年生として通いながら監獄の騎士の一員としても活動している。

──────────────────
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

《能力》

理能崩解(コラスキレイ)

[レベル5.0]

対象が今まで蓄えた知識・修得した技術・(つちか)った経験・そして技や能力を使う時の感覚や演算を破壊してしまう能力。

学習能力や絶対記憶能力にも有効。

《鷲峰涼風》は第二世代の人形能力者でもあまり演算が得意ではない(《白良々木眩(しららぎくらむ)》のような例外は除く)ので[レベル5.0]に留まっている。

しかしそれは物理的な[脳]だけで
能力に必要な演算を行う場合のこと。

彼は63計画が終わって現在までの間に目的区や腐敗区よりも地下の階層に在る【最深学区】の特別な改造手術とナノマシン投与を施されたことで異常に強化された。

それにより体中の利用可能な有機分子、その全ての『量子スピン』を用いて脳のバックアップと補助演算を可能とする。

涼風の全身に有る細胞は事実上、量子コンピュータ化しており、ナノマシンの電気能力によって心臓や頭部の脳が機能停止しても細胞が活動を続行するので何も問題は無い。

本来のレベルは[6.0]を超えているだろうと犬神爪牙は目算しているが、実際は[6.5]から[6.6]の辺り。

───────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

《神仏魔性/ディバイン//DIVINE》

《ハールート》と《マールート》

イスラムの天使で二人とも真面目。

ユダヤとキリスト教では堕天使。

別の話だと二人一組で地獄の門番。

罪人に永遠の責め苦を与える。

二人の起源になったのはゾロアスター教の
《ハルワタート》と《アムルタート》

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ゾロアスター教のハルワタートは【水】を司る女神であり、アムルタートとは切っても切り離せない密接不可分な存在なのだという。

[規則正しい季節]も司っており、
悪神の《タルウィ(熱)》と敵対する。

《スプンタ・マンユ》が創造した世界において[七要素]の一つ、水の守護神であり、その名はアヴェスター語で『完全』を指す。

イスラムでハールートになった。

───────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

アムルタートは世界の七要素の一つである
【植物】を司っている女神。

アヴェスター語では『不滅』の意。

[食物]も司る。

悪神《ザリチュ(渇き)》の敵対者。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

涼風のハールートとマールートはハルワタートとアムルタートから、彼女達のものよりは弱いが力や性質を引き継いでいる。

──────────────────

ハールートは

【水】

【規則正しい季節(時間の循環)】

【完全(万能)】

─────────────────

マールートは

【植物】

【食物】

【豊穣】

【不滅(再生・輪廻)】
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧