| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

指示する重みゆえに

ボナパルト「うわぁ、もう無理だ!とかげ先生、助けてください!」
とかげ先生「ファッ!?」(お前にわからんことが、私にわかるわけないだろ!)
ボナパルト「神眼で何とか」
とかげ先生「だめだ、本来の神眼は断片的なことしか見切れない。私がたまたま得意で詳しく見えているが、頼りすぎだ。自分で決断し指示するんだ。指示する重みがあるから人は動く。愚鈍な私でもこれくらいは分かる。もしもお前がまたリバイア様とやり合うなら惜しみ無く神眼を使おう。だがノエル相手に私の神眼…初代のお力を使う気か?」
ボナパルト「いえ、目が覚めました」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧