| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

脅し

ボナパルト(植民地の治安も衛生も酷いが、王都は立派なものだ)「魔王アバンの使者、第三軍団副将ボナパルトだ。宰相サクシュ殿に取り次ぎ願う」
門番「あぁ?ふざ…」
ジョーカー「通せよ」
門番(何こいつ、とんでもなく)
ひゅん
がきっ
アポカリプスを盾で止めるジョーカー
門番「ひぃぃ!ハイシン様」
ハイシン「貴様、十二魔将か?」
ジョーカー「そうだ」
ボナパルト「そちらは使者を害した前科があるゆえ、非礼ながら突然の訪問とさせてもらったよ」



サクシュ「なるほど、しかるにその魔将は危険ですね、城に入れてはなりません」



ボナパルト「わかった、僕一人で行こう」
とかげ先生「危険だ!」
ジョーカー「お前、この前の使者みてぇになるぞ」
文官「十名までならお供を連れてもかまいません」
ボナパルト「ならば…とかげ先生、同行お願いします」
とかげ先生「え、こわ…いや行こう」
ボナパルト「ベリィ、美童、供をしろ」
ベリィ・美童「はっ」
恵を見るボナパルト(作戦通りだ、合図があるか僕が連絡なく日没までに戻らない時はジョーカー達を突撃させて頭を討ち取れ)
ジョーカー「おい、俺達は外で立ちっぱなしか?酒の一つも出せよ!」
ボナパルト「サクシュ殿が用意してくれるだろう」
文官「…少しなら」
サクシュ「良いでしょう、ささやかながら宴を用意しましょう(ボナパルトとベリィがいなければ、奴等は烏合の衆、あの魔将は酔わせて毒を盛れば戦うまでもない)」
ジョーカー「よーし、飲むぞ!鎌のたんなもどうだ?」
ハイシン「…」
ジョーカー「俺達のつまみは草や虫だが、酒は悪くねぇぞ」
文官「ハイシン様、任務中に酒は」
ハイシン「少しもらおう」
文官「アッー!(しかし、ハイシン様は酒も強い、魔将を先に潰してしまえばいいか)」
ジョーカー「向こうの大将と飲み比べだ!」

ボナパルト「外は盛り上がっているな」
文官「ボナパルト、サクシュ様がお呼びだ」
ベリィ「きさ…」
ボナパルト「分かった、行くぞ」

サクシュ「よくいらっしゃいました、魔王軍の新鋭と名高いボナパルト殿」
とかげ先生(怖いよー、衛兵多すぎだろ!)
美童(たしかに怖いですが…)
とかげ先生(私は役者でも論客でもないんだ、帰りたいよー)
モーホー「うほっイイオトコ」
衛兵「おま…しかし、確かに綺麗な野郎だ」
衛兵「俺ノンケだけど、あれならいけるかも」
衛兵「俺の推しメンきた!」
ベリィ「大した人気だな」
美童「…」

ボナパルト「あまりに勝ちすぎて、統治が難しくなっているのでは?我々から見れば贅沢な悩みですが」
サクシュ「いえ、困ってはおりませんよ。植民地の資源を吸い尽くし、さらに拡大するのみです。統治するのはこの王都のみ」
女官「お控えください、女王様のおなりです」
女王「サクシュよ、余は難しい話はわからぬ」
ボナパルト「女王様、拝謁至極光栄にございます」
サクシュ「こちらは魔王軍の副将ボナパルト殿です」
女王「ふーん(なんだこの貧相な連中は)あっ、美童だ!近うよれ!」
サクシュ(愚かな餓鬼が)
美童「あの…」
ボナパルト「女王様のお気に召すように」
女王「うわぁ、サクシュが外に出してくれないから、ライブに行けなくて辛かったのじゃ、何か歌って!」
衛兵「ちょwwwゲリラライブwww」
衛兵「女王様ありがとうございます!」
モーホー「美童様脱いでー!」

ボナパルト「いかがですか?」
サクシュ「私に男色趣味はありませんよ。が、彼には性別を超越した美しさがありますね」
モーホー「やらせてください美童様!」
女王「サクシュよ決めたぞ、余は美童と共に旅立つ」
サクシュ「ファッ!?」

 外の宴
兵士「ハイシンさまー!」
ハイシン「うごぉー!」
ジョーカー「やべぇ、こいつ酒強すぎ、ばたっ」
恵(まずいまずい)

将校「サクシュ様、外で魔将が酔い潰れました。討ち取りますか?」
サクシュ「それどころじゃねぇ!姪の女王が出て行ったら私の地位がぁ!つか私の一族丸ごとオワタ!」
将校「え?」
女王「美童よ、余を連れてはいけないのか?」
美童「女王様は国を統治しなければなりません」
女王「うーん…なら美童よ、余と結婚し、一緒にこの国を治めるのじゃ!」
美童「それは無理です、私に王など」
女王「ならば、そこの頭の薄い奴!」
ボナパルト「私ですか?」
女王「お前は頭が切れそうじゃ、口うるさいサクシュを追放して、お前を宰相にする」
サクシュ「うわぁ!もうメチャクチャ」
ボナパルト「何と(受けるべきか…とかげ先生?)」
とかげ先生「ダメだぉ、ボンちゃんは一国の宰相なんかじゃ終わらない。リバイアさん亡きあと唯一、乱世を終わらせることができる偉大な兵法家なんだぉ!」
ボナパルト「それは…では女王様、美童と共に植民地の視察に行きませんか?」
女王「美童がいるならどこでもいくぞ、明日出発じゃ!」
サクシュ「性欲だけで動きを決めやがって(T-T)」

ハイシン「ふー飲んだ飲んだ」
サクシュ「ハイシン将軍、起きろ」
ハイシン「え、なに?」
サクシュ「明日より女王様が植民地の視察に行かれる、護衛しろ」
ハイシン「急だな」
地面に大の字で寝ているジョーカー
サクシュ(この場で始末するか)
ジョーカー「ん?」
サクシュ(無理だ、勘が鋭すぎる)

 植民地
女王「うっ、何じゃこの酷い臭いは…うわ、虫!寄るな汚い」
美童「女王様、外をご覧ください」
女王「うわっ!ここは…地獄か!誰がこんな…」
(嘔吐)
美童「ここは女王様の植民地、放置された遺体が腐り、異臭と害虫と病魔の巣となっています」
女王「余の?余は人殺しなど命じてはいない!サクシュはここを植民地にしたら、もっと国が豊かになると…余はただ名前を書いて印を押しただけじゃ」
ハイシン「黙れ」
女王「ハイシン、嘘じゃろう、余の兵が人殺しなど…うぐっ、苦しい…」
美童「女王様!ハイシンどの何を」
ハイシン「そのガキは用済みだ、植民地視察で病気にかかり、帰国を待たずに病死、サクシュがもう次の王を用意している、御歳85歳の長寿王をな!」
ジョーカー「待て」
ハイシン「魔将!」
ボナパルト「お前たちは包囲されている、死にたくなければ離脱しろ」
兵士「ひえーっ!」
将校「女王様を裏切りたくない、投降する」
モーホー「美童様の尻は俺が守る!」
ジョーカー「あんたはどうする?」
ハイシン「おのれ…貴様ら全員アポカリプスに血を吸わせてやる!」
ジョーカー「そうこなくっちゃ、俺にまかせろ!」
美童「さあ、女王様はこちらへ」
ハイシン「ディフェンダーだと?お前は魔法剣士か」
ジョーカー「さあね、同類じゃねぇの」
ボナパルト(お互い暗黒剣の手練れ、ジョーカーは初めてレリック相手ときたか) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧