| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  第14話 小話詰め

 
前書き
レンside or 琴葉side 

 
◆ オセロしよう ◆

904「オセロやろー!」
89「でも、オセロなんてなくない?」
904「だいじょーぶ! ちょっと待ってねー」

 ……何だ? "オセロ"とは。

琴葉「……おい、持ってきてやったんだ大人しくしろよ」
904「ありがとー!」
琴葉「…………翁が居なければ、全力で殴って終わりに出来たのに」

 …………おい、報告するぞ。

4「でも、いきなりオセロなんて、如何為たんだ?」
904「実は、要ちゃんが『琴葉ちゃんにゲームで勝ったことが無い』って聞いて、俺もゲームがしたくなったんだよね。で、思い付いたのがオセロだったと」
89「琴葉ちゃん、すっごくゲーム強いんだね」
琴葉「……一時期はギャンブルで稼いでたからなぁ」

 ………………今なんて?

89「ん? 琴葉ちゃん、何か言った?」
琴葉「いや、何でも無い……」
4「"一時期はギャンブルで稼いでた"って言ったな。如何言うことだ」

 よく言った。

琴葉「……………………いや、チョット金が足りなかったんだ」
904「思いっ切り依存してたのに、何言ってんだろーなー」

 看守がそれでいいのだろうか。

琴葉「うぐっ……まぁ、それは私の私物だから、壊さない限り好きに使え」
「「「「はーい」」」」

 ……まぁ、いいか。

 トーナメント戦の様なものをした結果、一位はグレース、二位はシン、三位はハクだった。俺はルールが分からないので、参加していない。



◆ 狂ったメイドと狂った看守 ◆

琴葉「さぁて、御前等賭け事するぞー」
響・仁「「は?」」
琴葉「ナニ? ゴ主人様ノ命令モ聞ケナイノ?」
響・仁「「……仕方ない」」

 ふふふ、流石。私の教育を思い出したっぽいな。
 断ったり失敗したり手を抜いたりしたら、それ相当の罰を与える私は、当時、組織で一番恐れられていた。まだ可愛い少女なのに、何でかな?

琴葉「昔はよく、任務でも、プライベートでも、裏カジノに出入りして、大儲けしまくったからなぁ! 御前等、まだ私に勝ったことないよね」
響「……イカサマ師が」
琴葉「その場で見破れないんだから仕方ない! それに、今時イカサマしないヤツの方が少ないさ」

 魔法が使えるこの世界では、カードの柄を変えることなど、寝るより簡単だ。なので、私がそれにハマってた頃は、それを見破る魔法を見付ける魔法を研究していたくらいだ。
 それを一番最初に見付けた私は、それを使ってイカサマを見破り、自分がした時の対処法を考え、それを相手にされた時の対処法を……と考えていった。結局、私の全ての策を出すことはなく、まだ数百程対処法が余っている状態である。それをどうにか消化しようと思って、こうしてメイド兄弟とまた賭け事をしようと思ったのだ。

仁「黒華さん。看守がこう言うことしても良いの?」
琴葉「昔のように、"命を賭ける"とかじゃないから大丈夫だろ。御前等無一文だから、金を賭ける事とかもしない。腕を掛けたりとかもしてやんないから、安心しろ」
響「じゃあ、何を賭けるんだよ」

 意味分かんね、とでも言いたげな顔をする響と、不思議そうな顔をする仁に、私は強く宣言した。


琴葉「私が負けたら、御前等を解放してやる!」


響・仁「「は……?」」

 こう言う事を勝手に決めても良いのかって? 勝てるから良いんだよ。

琴葉「私が勝ったら、探し物の情報を教えて貰うからな」
仁「……探し物? 何それ」

 "解放"という言葉に反応して、気分がハイになってきた二人が食いついてくる。これは、確実にイケる。

琴葉「私が勝ってからのお楽しみだ。ホラ、やるぞ」


 ―――結果。


琴葉「ほら、負けを認めろ」
響「クソッ……いつイカサマしやがった」
琴葉「イカサマなんてしてませんー」
仁「はぁ……」

 今日も勝ち。

仁「で、探し物って?」
響「答えられねぇモノだったら答えねぇからな」

 諦めきれず、不機嫌そうな響だが、仁はしっかりと区切りをつけたようで、落ち着いていた。
 まぁ、この兄弟だったら今後も殺し屋を続けるんだろうな。

 そして、私は言った。



 ―――私は、死んだ友達の死体を探しているんだ。何処にあるか、知ってる?



 
 

 
後書き
看守がこれで良いのか。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧