| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第一部
  第5話 小ネタ詰め2

◆ 楽しみなのはやっぱりプレゼント ◆

904「御前等、クリスマスプレゼントって何頼むんだ?」
89「日本の"OCTAZUKE"が食べられるセット」
4「日本の"NINZYA"についての本」
904「俺はパソコンかなー」
89・4「「空気読めなさすぎじゃん」」
904「ヒドイ……って、レンは? 何頼むの?」
100「………………………………………………………………」

89「決まってないんだ! じゃあ、レンくんのプレゼント、みんなで考えよー」
4「そうだね。どう言う物が欲しいとかあるのか?」
100「……あー」

 巡回が終了し、気分で房を覗きに来る。
 すると、まーた何かで盛り上がっているようだ。

「また何かくっだらない話してんの?」
「あ、丁度良い所に! 琴葉ちゃんも相談に乗ってやってよー!」

 また九〇四番。…………まぁ、暇だから相手をしてやろう。書類等は、全て仕上げてきたからな。

「良いけど、何があったの?」

 それがねー? と話し始める九〇四番が話し始める。レンのクリスマスプレゼントを皆で悩んでいるようだな。

「うーん……私の話になるけど、最近コップが割れてね。本土に戻るのも面倒臭くて、買いに行く暇が無くて困ってる。アマ○ンでポチってするか、頑張って買いに行くか悩んでる」
「………………………………」

 レンがじーっと此方を見ているのだが……流石通称(?)ミステリアスイケメン、レンの考えは読めないなぁ。

「ん? あ。琴葉ちゃん、ありがとー」
「は……? まぁ、役に立ったのなら良いけど…………相談に乗ってやったんだから、脱獄はしないでね。監禁の話、まだ生きてるから」
「「「はーい」」」

 よく分からないまま、私はまた暇になっ―――


「よーし脱獄だぁっ!!」
「九〇四番、貴様ぁぁぁぁあああああ!!!!」


 る事は無いらしい。

 その後、四人は監禁できる設備が全て整えられた房へ放り込まれたとか。



◆ 勝負 ◆

 脱獄した四人を捕まえて並べてシバいた後、監禁用の房内はすぐに賑わっていた。

904「ねー、レンー」
100「……何だ?」
904「じゃんけんぽん!!(パー)」
100「(グー)……俺の負けか」
904「もう一回! じゃんけんぽん!(グー)」
100「(チョキ)…………何故勝てない」
904「ははははっ! もう一回! じゃんけんぽん!(グー)」
100「(チョキ)……………………」
904「ありがとねー!」
100「待て……勝ち逃げさせて堪るか。次は俺が勝つから」

89「あれ、レンくんが珍しくやる気出してる」
4「何か、プレゼントを決めたことで吹っ切れたんだろう」

100「じゃんけんぽん!(パー)」
904「(グー)なっ……!! 勝ち逃げしないでね!? じゃんけんぽん!!(チョキ)」
100「(パー)ぐっ……」

 これが続いた。そろそろ三十戦はしたのではないだろうか。見ている私、八九番、四番は完全に飽きて、三人で話を始める事になってしまった。

89「これさー、横から『エクスプロージョン』!! って行けば終わるかなぁ?」
4「終わらないだろうな」
「だろうな」
89「えー? じゃあ、『ハハッ! ぼく、ミッ○」
「アウトォォォオオオオ!!!!」
89「『ぼく、ド○エ」
4「止めろ止めろ止めろ止めろ止めろ止めろ」
89「『○ムロ」
「だぁぁぁぁぁああああああ!!」
89「『ぼく、アン○」
4「ストップストップストップストップストップ」

 が、じゃんけんよりこっちの方が疲れるらしい。
 と言うか、何で囚人と喋っているんだ……主任看守部長としての恥…………


 だけど伏せ字と消音は常備しておこう。房に立ち寄る気満々と言う訳ではないけど。


 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧