| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

魔法が使える世界の刑務所で脱獄とか、防げる訳ないじゃん。

作者:エギナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

第一部
  第1話 第一魔法刑務所

 時は二〇九四年。
 世界は戦乱の時代を乗り越え、今日もまた動き出そうとしている。

 戦乱の時代に生み出された"魔法"。
 それは、争いのために発見され、日々研究された。

 だが、平和になった今では、その使い道は無くなった。

 そこで、一部の人間は魔法を悪用し始めたのだ。
 すぐに警察や政府が動き、魔法を取り締まり始めたのは言うまでもない。

 魔法を使う受刑者は、危険故に、世界に九つある"魔法刑務所"に収監された。

 その魔法刑務所の位置は、公にはされておらず、分かるのは"普通の刑務所とは段違いの警備のレベルを誇る事"と、"九つある事"。


 そして、"魔法犯罪が始まり魔法刑務所が建てられてから、一度も脱獄に成功した者がいない"と言う事。


 だが―――


「貴様等、何度注意したら分かる!!」

 この第一魔法刑務所の主任看守部長を務める、私"黒華琴葉"は、目の前で正座をして並ぶ、四人の囚人の鳩尾に、蹴りを一発喰らわせる。

「ぐっは……琴葉ちゃーん、それは無いって~」
「黙れこの"極悪脱獄囚"がっ!!」

 目の前で蹲りつつも、顔を上げて苦笑いを浮かべている囚人共。此奴等は先程、一人に言った様に、"極悪脱獄囚"として第一魔法刑務所に送られてきた囚人だ。

 そもそも、魔法刑務所と言うのは、第一魔法刑務所から第九魔法刑務所まで存在している。
 先ず魔法犯罪―――魔法を用いた犯罪の事だ―――を犯した受刑者は、魔法刑務所の中で一番下の、第九魔法刑務所へ送られる。が、其処で問題を起こすと第八魔法刑務所へ。また起こすと第七へと、段々と第一魔法刑務所へ近付いていく。
 魔法刑務所の看守は、皆魔法を使用する事が出来る。そうでなければ、魔法を使う囚人を大人しくさせておくことなど、出来やしない。魔法の知識も豊富だ。
 第一魔法刑務所は、魔法刑務所の中で"最強の刑務所"の称号を得ている。なので、勿論此処に収監される程の囚人は、"極悪"の称号に恥じない行い事を繰り返しているのである。

「うわっ! 琴葉ちゃん、ひっどー。そんなキツイ事言ってると、男達逃げちゃうよー? 折角可愛いんだしぃ、もーちょっと優しくしても良いんじゃないかなぁ?」
「さっきから煩い、九〇四番!」

 黒髪の蓬髪に、金色の猫目。黒い半袖シャツに、白いベスト、黒いスラックスと言う、刑務所に相応しくない恰好をしているのが、囚人番号九〇四番。周りからは"グレース"と呼ばれて居る様だ。が、呼ぶ気にはならない。

「ねーねー、グレースくんって変態だよね? あーゆーのが、変態ってヤツだよね~」
「ん? そうだけど?」
「ええええぇぇぇえ!? 琴葉ちゃん、何吹きこんでんの!?」

 白い肩まで伸ばした髪に、睫毛が長い女子の様な赤い瞳。服装は黒い、無地のツナギと言う囚人らしい服装。チャックを首を隠すまで閉めているため、一見女子なのだが、実際は男であるのが囚人番号八九番。通称"ハク"。此方も呼んだことは無いし、呼ぶ予定も無い。

「おい看守。さっさと僕を図書室に連れて行け」
「手前は如何してそんな偉そうなんだ……!!」

 後ろで細く束ねられた深い青の髪に、エメラルドの瞳。白いカッターシャツに、紺色のベスト、宝石が埋め込まれたループタイに、黒いスラックス。そして、極めつけの黒い眼鏡。何処かのお坊ちゃんを思わせる格好をしたのが、囚人番号四番。通称"シン"。呼んだ事も予定も無い。

 此処までは普通に、クソが付く程ウザイ極悪脱獄囚で、自分の中で整理を付ける事が出来なくもないのだが―――


「……"レン"」
「…………なんだよ」

 黒に赤いグラデーションが掛かった髪に、グレーの瞳。ボロボロの囚人服を着た彼は、囚人―――では無い。
 他の囚人や大半の看守には、"囚人番号一〇〇番"として通っている。が、実際はただ単に此の第一魔法刑務所で"保護"している少年なのだ。囚人では無いため、名前で呼んでいる。

「御前は医務室に行くから、着いてこい」
「……分かった」

 フラフラとした足取りで此方へ向かってくるレン。九〇四番、八九番、四番は、それを何時も通り眺めている。三人はもしかすると気付いているのかも知れない。レンが、囚人では無いこと。
 如何にか此方へ辿り着いたレンだが、着いた途端に私にもたれ掛かる。

「御前等、大人しくしてろよな」

 レンを背負いつつ、房の扉を閉める。

 静まった房内は、暫く沈黙に包まれていた。
 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧