| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ソードアート・オンライン~遊戯黙示録~

作者:マローン
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

FILE122 オリジナルキャラクター紹介(フェアリィ・ダンス編)

オズマ(Ozuma)/小田桐弭間(おだぎりはずま)
声:石〇界人
年齢:16歳
身長:173㎝
体重:56㎏

二年間にも及んだデスゲーム、ソードアート・オンラインから帰還後は以前と変わらぬ怠惰で自堕落な生活に浸り、SAOの最前線に立ち続けていたとは思えぬほどの為体(ていたらく)ぶりだった。相変わらずゲーム以外の趣味と言えば博奕、飲酒、喫煙、女遊び。
SAOのリアルマネーゲームで得た1000万円と言う大金で車を購入する事を目論んでいたが、それも自身の甘い性分が原因で殆どを手放す羽目になった。
人気のVRMMORPGのアルヴヘイム・オンラインを始める事になったが、どう言うわけかSAO時代の各種ステータスの多くが引き継がれており、アイテム類では唯一引き継がれた『ふしぎな飴』によって得られるスキル獲得のため、デレックと共に央都アルンを目指す事になった。
戦闘スタイルはSAO時代と変わらず、ALO独自の魔法は不得手だが、剣技の腕前はALOが魔法中心である事も有り、新規プレイヤーでありながらALOの強豪プレイヤーの上を行く。

ALOでの武器は右手に片手直剣、左手にソードブレイカー、防具は革製品の防具、種族はインプ。


デレック(Derek)/坂倉愛人(さかくらあいと)
声:斉藤壮〇
年齢:15歳
身長161㎝
体重50㎏

ALOでオズマが初めて出会ったインプの少年プレイヤー。古参のプレイヤーでインプ領ではそれなりに主要な立場にあるのでゲームには詳しいが、掴みどころのない性格で常に笑ってふざけてるようにも見える。
領主のディオの命令でオズマを央都のアルンへと道案内する事になった。
リアルでは桐ケ谷直葉の同級生で県内で最も偏差値の低い高校を受験予定でリアルでもSAOと同様の性格。
容姿は童顔で少々小柄だがそれ故に前述の性格とのギャップが激しく感じる……

ALOでの武器は槍、防具は軽金属で種族はインプ


ディオ(Dio)
声:諏訪部〇一
年齢:21歳
身長179㎝
体重69㎏

ALOでインプ領の領主を勤める青年プレイヤー。ALOの運営と多少のコネがあるらしくゲームの内容だけでなく、システムやプログラムにも詳しい知識があるが、領主としての威厳は皆無で一人で領主の間でブリッジオナニーに浸るのは日常茶飯事な男。シルフ族のシグルドとは犬猿の仲でシグルドが悔しがる顔が大好物。
容姿は男前の美形で長身のツリ目。

ALOでの武器は曲刀、左手に盾、防具は軽金属で種族はインプ



以下追記


エルダ(Eruda)/沢井恵梨香(さわいえりか)
声 :井〇裕香
年齢:17歳
身長:164㎝
体重:49㎏

SAO時代はオズマと同じギルドの一員であり、同時にレイナの姉でもあったSAO生還者。SAO以前には茅場晶彦からVR技術に関する師事を受けており、茅場を先生と呼んでいたがSAOのデスゲーム化については一切知らされておらず、それによって妹の玲奈(レイナ)共々デスゲームに囚われの身となってしまっていた。
第75層で自身の素性と茅場晶彦ことヒースクリフと一定の協力関係にあった事を明かしてオズマと死闘を繰り広げたが敗北した。
SAOからの生還後は未だに昏睡状態で眠り続ける妹の玲奈の目覚めを待つ一方で、玲奈をSAOの世界で抱いたオズマに対しては辛辣でキツめの態度を取るようになった。


小田切時生(おだぎりときお)
 声:小〇大輔
年齢:44歳

オズマの父親で麻雀で生計を立てる雀ゴロもどき。バツイチで妻とは若い頃は良好な夫婦関係であったが、子供が生まれたのを機に、教育方針の違いや、自身の仕事に対する不満から妻から愛想を尽かされて離婚している。
放任主義で未成年の息子の喫煙を一日に3本まで飲酒は一日一本(350ml)までは認めたり、学校に行っていないことに対しても一切干渉しない上に無免許にも拘らず自分の原付を貸し与えるなど、親としての自覚や責任感は皆無で常識の通用しない親父である。


小田切恭史郎(おだぎりきょうしろう)
 声:高〇渉
年齢:72歳

オズマの祖父で時生の父親でバツイチ、40代の頃から生活保護を受給しており、生活保護費で毎月一度、デリヘル嬢を自宅に呼び、更に酒、煙草、賭け事に興じる日々を送っている。過去には野球賭博で埼玉県警の桐ケ谷という警察官に逮捕された経験を持つ。
オズマがSAOに捕らわれていた2年間の間にまたしても逮捕されており、前科三犯となった。
いい歳してふてぶてしい性格で喧嘩早い老人で基本的には誰が相手でも騒々しく喚き散らす。隣人の倉崎とは犬猿の仲でお互いに『寄生虫』、『ナマポ』と罵り合う関係。



倉崎正司(くらさきしょうじ)
 声:岩田光〇

オズマと同じアパートで暮らしている隣人で無職。生活保護受給者で認知症気味で一人暮らしの老人の神田川(かんだがわ)の部屋に言葉巧みに言い包めて上がり込み、周囲には世話係を自称しながら、神田川の受給している生活保護費を搾取し無職の居候生活を謳歌し続けている。
粗野で口が悪く、傲慢な振る舞いが多く、山谷のホームレス達の事も見下し切っている。ロリコン趣味を公言しており、度々露天商から幼女が出演している非合法なアダルトDVDを購入している。
東都工業大学出身で在学中は重村徹大の教え子で茅場とは同級生であった。後輩の須郷が神代に想いを寄せており、その神代が茅場と交際している事を知りながら、須郷を執拗に扱き下ろし、強姦を唆したり、神代に対しても情けで須郷と肉体関係を持つ事を勧める等し、その振る舞いから周囲からは総じて嫌われていた模様。
4年生時に替え玉受験で入学した事が発覚し、大学を追われ、実家からも手切れ金を渡され勘当されたのを機に山谷に流れ着いた。


ガチャモン
声 - 雨宮〇二子

モックの相棒で体色は右半分が緑色、左半分が灰色で丸い頭、半開きで眠そうな垂れ眼。口元からは前歯が2本飛び出している。自己紹介の決まり文句は「ガチャガチャモンモン、ガチャモンで~す」。
SAO時代はマスコットキャラクターを自称し陽気で人懐っこい振る舞いをしつつも、自らに攻撃をしたプレイヤーに私刑を下したり、現実世界での大金の掛かったリアルマネーゲームを開催し、結果的に多くのプレイヤーを死に追いやった忌むべき存在となった。
その正体は倉崎正司が東都工業大学時代に開発していたステルスウィルスを10万円で買い取った須郷が、ウィルスに適合する高度なAIを組み込んだことによって生まれた存在であり、SAO時代はカーディナルの検知を欺き続けつつ、SAOの内部データの解析・収集を水面下で続けることによってALO誕生に貢献していた。
現在はALOで鳥籠に囚われるアスナの監視に携わり、ボスである須郷のサポートに回っている。

身長は165cm、体重は80kgらしく、年齢は自称永遠の五歳の男の子。


モック
声 - 松〇重治

ガチャモンの相棒で体は毛むくじゃらで体色は右半分が赤色、左半分が灰色で球状の目が飛び出ている。黒目部分は眼球の中に黒い玉が入っている。
ガチャモン共々SAO時代はマスコットキャラクターを自称しガチャモンのバーター的な役割で、時に人使いの荒いガチャモンに対しては不平不満を漏らす事も有った。
その正体は倉崎正司が東都工業大学時代に開発していたステルスウィルスを10万円で買い取った須郷が、ウィルスに適合する高度なAIを組み込んだことによって生まれた存在であり、SAO時代はカーディナルの検知を欺き続けつつ、SAOの内部データの解析・収集を水面下で続けることによってALO誕生に貢献していた。
現在はALOで鳥籠に囚われるアスナの監視に携わり、ボスである須郷のサポートに回っている。

身長は185cm、体重は110kgらしく、年齢は自称永遠の五歳の男の子。

 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧