| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

設定など
設定
  刻印とは

 
前書き
右手に万人が持つ刻印
刻印が現れた拳は、風の神器【砕拳】となる。
完全な神器は五人のゴッドハンド(のうち一人)しか使えない。

瞬間的に全能力を高められる。
ある条件を満たせば、万人が使用可能、但し消耗が激しい。 

 
リバイア「ゴッドハンドは五人だけど、神器は六つだ
ぉ」
風神セリオス(?)
ジョーカー「へぇ」
リバイア「最終決戦は六つの神器を使えば勝てる。覇王カエサリオンのように一人で二つの神器を使うか(自重)しかないぉ」
風神セリオス「だから軍師がいるんだね」
リバイア「うへへ」
ジョーカー「焼酎」 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧