| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

兵法伝説リヴァイアサン

作者:かつみ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
< 前ページ 目次
 

本編
初代本編
  パンチラは見逃さない

 
前書き
傭兵団の夜営に少女が迷い混んだぉ!
助けてあげたらメロメロに(´Д`)

ジョーカー→23歳、酒好きな魔法剣の達人、ケンカは強いが頭が悪い。傭兵団長だが指揮や運営は副長任せ。中肉中背、戦闘センスに優れ、気功や魔力のコントロールが異常に上手い技巧派。力や速さや魔力はそうでもない。亡国武将の三男だが武才は兄弟ナンバーワン、無神経で家族に嫌われる。

リバイア(初代)→22歳、ジョーカー傭兵団副長。メガネの童顔ロリコン天才軍師。ものすごく采配が上手いのに性的に問題児。甘党。ジョーカーの妹は婚約者だったが…小柄で身体能力は低い、這うのだけは速い。ニョロニョロ。

イーサン→13歳、学者の養女。不器用な元気少女。下手ながら神聖魔法を使う。たまに別人のように凄い魔法を使う。実は(自重)。ジョーカー推し。

ヒルデ→25歳、亡国の公女様、本名ブリュンヒルデ=テイトー=フロゲリオン。勇者テイトーの子孫。魔法剣はあまり使わないが、とても強く勇ましいお姫様。だが超人ジョーカーには敵わない。ツンデレでヤンデレなジョーカー推し。

エダ→20歳、亡国の公女様、本名ヘンリエッタ=テイトー=フロゲリオン。病弱だが強気で暗黒魔法が得意。本気を出せば素手のジョーカーより強い。闇の神器を使いこなすゴッドハンド
「姉様とジョーくんと一緒にいられたら良いな」
姉のヤンデレスイッチを入れてしまう…ジョーカー推し

ラグナ→28歳、巨漢の剣豪、草原の部族に身を寄せる。ジョーカーが初めて引き分けた相手。どうもロリコンらしい。



リバイア(二代目)→初代と血縁無し、地方官吏の息子。
桁外れの頭脳と美貌を持つが、虚弱体質。

かえで→二代目リバイアの愛妻、力士体型で頑丈。頭は悪く、常時リバイアに従うヤンデレ。力押しと火を吐くのが得意技。

ダイ→闘神ジョーカーの血を引く巨漢、超人的な筋力と頑丈さと戦闘センスを持つ。魔法剣無しではジョーカーも敵わない。極めて頭が悪く、魔法攻撃にとても弱い。

優(ゆう)→

ジミー→拳闘士、鈍足で魔力はとても低いがダイ以上の頑丈さと光速の拳を持つ。シスコン。生真面目で鍛練が人生。主君ラグナよりジョーカーと仲良し(笑)
ジョーカー「ジミー、お前は真面目で良い奴だ。鍛え続けりゃ、お前の拳に神器が宿る」
 

 
リバイア「司令…」
ボナパルト「うむ」
リバイア「司令にさえ勝てば僕は常勝無敗だったぉ…誇るがいいぉ」
ボナパルト「経験だけは私が上だ、負けるわけにはいかなかった」
リバイア「ぐへへ…僕の長男は師匠から名前をもらったけど、次男が生まれたら司令の名前をもらうぉ」



リバイア「ふわぁ」
弓兵「副長、もう昼ですよ」
歩兵「怠惰ですね」
リバイア「休めるときに休むぉ、アル中は?」
弓兵「団長は川に…あっ!」
バサバサバサバサ
歩兵「飛竜だ!」
リバイア「落ち着いて固まるぉ、盾で炎を防いでい落とせ!」
弓兵「はいっ!」
飛竜「ぎゃおー!」
リバイア「アル中どこ?」
ジョーカー「ん?」
リバイア「早く始末するぉ!」
元軍曹「団長、我らは弓で援護します」
ジョーカー「まかせろ」
ジョーカーをスルーする飛竜
その先に少女が座り込んでいる、白いローブにふわっとした髪の金髪。
金髪少女「た、助けて!」
リバイア「白の綿パン…しかも染み付き!」
回り込み、飛竜を斬りつけるジョーカー
飛竜(!?)
ジョーカー「浅いか」
リバイア「喉に雷撃!」
ジョーカー「おう」
地上に降りてリバイアたちに突撃する飛竜
リバイア「受け流す!」
盾を持った歩兵たちが飛竜をいなす。
ジョーカー「食らえ!」
ジョーカーの魔法剣サンダー、的確に急所に当てる!
飛竜「ぎゃおー!」
リバイア「解体」

肉や鱗や骨を商人に流すリバイア
ジョーカー(ぐびぐび)
イーサン「あの…」
ジョーカー「おう」
イーサン「強いんですね、魔法剣なんて勇者テイトー様みたい」 
< 前ページ 目次
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧