| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

キャラ設定
  レイ・アズガルド

 
前書き
強化強化。 

 
【レイ・アズガルド】

性別・男

年令・19才

一人称・私

─────────────

身長187㎝

体重81㎏

─────────────

《性格》

穏やか/冷静沈着/一途/無口/勤勉

──────────────────

《容姿モデル》

【イケメン戦国◇時をかける恋】

[石田三成]

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

封絶葬殺界(ケーラウェルト)】の中心地【暗黒魔京(ディストピア)

その第二十一階層世界[ジュデッカ]の中央に在る、通称『第二十二層』と呼ばれる黒いクレーター【絶望侵蝕地(グラウンドゼロ)】に捨てられていた孤児。

10才の時にはジュデッカの住人で最強となり、《統括官(キング)》の居城【真零宙枢(セントラルゼロ)】の守備隊【羅刹の箱(ギフトケイス)】にスカウトされ、一年目で主力として活躍していた。

13才で隊長になり、15才で統括官の親衛隊【永劫(ヒンメル)】に入り、17才まで勤め上げる。

18才で学園都市最大の情報組織【GROW】支部の一つ【道化恐怖症(コルロフォビア)】のメンバーとなるが、一年ほどで正式に脱退し、現在は暗黒魔京の階層世界を治める【執行官(オフィサー)】になっている。

GROW時代のコードネームは
[悲鳴/スクリーム]

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

戦闘面は執行官の中でもトップクラス。

地下世界屈指の[糸使い]

戦闘のモデルは【TRIGUN】の【兇人】、作中人類最強《レガート・ブルーサマーズ》

レイの兵器糸は彼が使用することを前提として専用に調律された特別製であり、普通の人間には触れても気付かれない程の軽さと細さを持つ。

その上で地下の人間から見ても逸脱した身体能力で振り回しても耐えられる強度。

糸の特殊機能として、糸の先端を何かに接触させることで無数の対象を強制的に操ったり、エネルギーを拘束したり、因果に干渉することも可能。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

苦痛回帰(アールペイン)

レベル[???]

概念・事象系。

対象が今までに負った苦痛の感覚を再現する。

何度でも再現し、苦痛を重ねることも可能。

生物以外にも使える。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《神仏魔性/ディバイン/DIVINE》

【ズルワーン】

ズルワーン教の創造神で原初の存在。

名前は『時間』の意味。

彼からは全善神《オフルマズド》と全悪神《アフリマン》の双子が生まれた。

ギリシャやローマでは
《アイオーン》と呼ばれる神になった。

母は炎の女神《アン・ナール》

後期ゾロアスター教の一派がズルワーン教なので向こうの《アフラ・マズダー》に相当。

第一原理たる原初の創造者であり、光・闇・運命・空間・無限・唯一(アカ)の物質などを司る。
 
 

 
後書き
戦闘面と能力があまり強くなさそうなので神仏魔性のお陰で執行官を勤めているように感じられる方も居るかもしれませんが、ズルワーンの力が無くとも現役執行官の中で五本の指に入る戦闘力です。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧