| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

非日常なスクールライフ〜ようこそ魔術部へ〜

作者:波羅月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第71話『昏き雷鳴』

 
前書き
PV1万突破ありがとうございます! 

 
「"夜雷"──解放」ピリッ


その瞬間、終夜の身体から大量の黒雷が(ほとばし)る。それらは縦横無尽に宙を駆け、周囲の草も木も全てあっという間に焦がし尽くした。緑豊かだった草原は更地へと変わり、残されたのはウィズと烏天狗、そして黒々とした"何か"を、使えなくなっていた左腕に纏った終夜だ。


「そ、それが貴方の真の力かしら?」

「あぁ…そうだな。久しぶりに使ってみたが、やっぱり慣れねぇな…。気抜いたら暴走しちまいそうだ…」


焦りを垣間見せるウィズの問いに、全身を震わせながら終夜は答えた。

そう、これが"夜雷"の真骨頂、『夜間に強化される』というものだ。昼間と比べ、夜間の"夜雷"の威力は何倍にも高まる。しかしそれ故に代償も大きく、夜間に使い続ければ、次第に身体が雷に侵食され、焼かれていってしまうのだ。


「……やりなさい!」

『キエーッ!』ビュオオオ


僅かな躊躇いの後、ウィズは烏天狗に攻撃を指示する。直後、空を旋回していた烏天狗は手に持った団扇を大きく振るい、竜巻を起こした。それは大地を抉る程の威力で、終夜の元へ真っ直ぐに向かってくる。


「…悪いな」バリッ

『キ、エ……!』ブシャア

「嘘…!?」


巻き込まれたら一溜りもないだろう竜巻を、なんと終夜は雷によって一瞬で霧散させ、加えて烏天狗の団扇を持つ右腕をも破裂させた。烏天狗は情けなく喘ぎながら、切断面から血をまき散らして堕ちていく。
余りの威力に、ウィズは開いた口が塞がらなかった。


「なんて威力…!?」

「お陰で制御はあんまり効かねぇぞ。死にたくなけりゃ、大人しく尻尾巻いて帰りな」

「ま、まだ召喚はいくらでもできますわ。"絶氷を支配する悪魔に告ぐ。我が呼びかけに答え、現界せよ"」ヴォン


ウィズは更なる召喚を試みた。悪魔クラスの召喚を何度も行えるなど、まさに魔女の所業ではある。が、


『グオ──』

「うるせぇよ!」バリッ

「そんな…!」


もはや瞬殺。悪魔の姿を確認する間もなかった。終夜の黒雷は今や、触れるもの全てを焦がし尽くす天変地異そのものなのだ。


「次は・・・お前の番だぜ」

「ひっ…!」

「跡形も残らねぇよう消して・・・がはっ」

「な、何ですか…?」


突然の終夜の吐血に、ウィズは動揺を隠しきれない。
しかし見ると、先程まで左腕にしか無かった黒い何かが、終夜の顔半分にまで侵食していたのだ。終夜は荒い呼吸を繰り返し、見るからに疲労を露わにしている。


「それが、"暴走"なんですね…?」

「あぁ…。完全に侵食される前に…てめぇだけはぶっ倒しとかねぇと…」


途切れ途切れに言葉を紡ぐ終夜。それを聞いて何を思ったのか、ウィズは不敵な笑みを浮かべる。


「"遍く悪魔たちに告ぐ。我が呼びかけに答え、現界せよ"」 ヴォヴォヴォン


今回の詠唱は今までと訳が違った。終夜はそれに気づき、微かに眉をひそめる。魔法陣の数が余りに多いのだ。
さっきまでは一つだけだったが、今回の召喚では十を超えている。魔女の本気、と言ったところか。


「まるで…動物園だな。いくら数が増えようが…俺には関係ないぜ…?」

「いいえ、倒すのが目的ではありません。私はただ時間稼ぎをしたいだけです。──貴方が雷に呑まれるまでの」

「ちっ、そういうことか…!」バリッ


ウィズの意図に気づき、終夜はすぐさま左腕を振るって黒雷を放つ。そのスピードはもはや光の如し。だから一瞬でウィズの元まで届く・・・はずだったが、それは魔法陣から出てきた動く岩に防がれてしまった。


「ゴーレム…それもお前の悪魔だったのか」

「おや、貴方たちだったんですか。私が放ったゴーレムが悉く倒されてしまったので驚いてたんですよ」

「ご愁傷様なことで。・・・そろそろマジでやべぇから覚悟しろよ」


終夜はそう吐き捨て、左腕に力を込める。すると黒いモノが生きているかのように蠢き、黒雷を迸らせると共に終夜の顔の残り半分を侵食していった。しかし終夜はそれに構うことなく、光の如き速さで突撃する。


「おらァァァ!!!」バリバリバリィ

「そんな…!?」


終夜の叫びに呼応するように黒雷は苛烈を極め、まるで嵐の様に悪魔らを蹂躙する。踊るように舞う電撃は、全ての悪魔を瞬く間に焼き払った。

灰だけが宙を漂う惨状に戦慄するウィズを、終夜は最後に視界に捉え、


「オワリダ」バリッ


無情にも落とされた雷は、断末魔をあげる暇も与えずにウィズをも燃やし尽くした。


辺りが焼ける臭いと虚しい静寂に包まれる。そんな呆気ない終末に満足いかなかったのか、『闇』に呑まれた終夜は進行方向に向き直ると、そのまま森の中へ跳び去ったのだった。






場所は変わって、さらに森の奥。そこでは化物と小さな戦士との戦闘が繰り広げられていた。


「死ねぇぇ!!!」ブォン

「死んで…たまるかっての!」ヒュ


ただの血と侮るなかれ。血液だって液体であり、量にはそれなりの重さが伴う。故に多量の血によって造られた尻尾の一撃は、正面から刀で受けたとしても恐らく胴体を持っていかれるだろう。
だから緋翼は正面から立ち向かうのではなく、刀を用いて受け流すように尻尾を躱していた。


「ふっ!」ブシャア

「効かねぇよんなもん!」

「しぶといわね…!」


避ける間も攻撃は欠かしていない。暇さえあれば尻尾を切断し、血液を飛び散らせている。ただ厄介なことに、尻尾は飛び散った血を吸収して何度も再生してしまうのだ。


「勝つには一撃で沈めるしかないか…」


予測だが、流血させればさせるほど彼は強くなる。だから緋翼は、一撃で息の根を止める必要があると考えた。
しかし緋翼はそこまでパワー型ではなく、どちらかといえばスピード型だ。よって今しがたの発言を実行しようにも、力が足りない。せめて終夜でも居れば話が別なのだが・・・


「ううん、私だけでもやらなきゃいけない。アイツだって一人なんだから」ジャキ


果敢に奮闘する終夜を脳裏に浮かべながら、緋翼は刀を構え直す。神経を研ぎ澄ませ、次なる一撃に力を込めた。


「あぁ? 何だよそりゃ──」

「"居合い・焔の大太刀"!」ザシュッ

「おぉ!?」


先程よりも更に火力も勢いも増した一撃。膨大な熱量がブラッド目掛けて襲いかかる。焔は彼の身体を燃やし、尻尾を形成していた血液を一瞬で沸騰させ、そして気化させた。


「…がはっ。おま…やりやがったな…!」


一撃・・・とまではいかなかったが、血液を蒸発させ、かつ大火傷を負わせることができたのは大きなアドバンテージだ。怒りを露わにしながらもふらふらとするブラッドを見て、緋翼は乱れる呼吸を整えながらほくそ笑む。


「そら、もう一発行くわよ!」ゴォッ

「させ…るか!!」ガリッ


焔の太刀がトドメと差さんと振り上げられた、その時だった。ブラッドはなんと、自身の親指のつけ根の所を自ら噛みちぎったのだ。血がとくとくと流れたかと思いきや、途端にそれらは強固な血の盾へと変貌し、緋翼の一撃を防ぐ。


「…さすがにそう来るとは思わなかったわ」

「俺だってできれば使いたくねぇ手だ…よ!」ジャキ


血は瞬時に盾から矛へと変化し、その槍先が緋翼の心臓を貫かんと繰り出される。間一髪で、緋翼は身をよじることで急所は免れたものの、槍先は横腹を掠め鋭い痛みが走った。


「いった・・・汎用性高すぎでしょアレ」

「それだけじゃないぜ。今の傷から・・・へへ、ごちそうさま」ペロリ

「っ…!?」ガクッ


その瞬間、倦怠感が襲い緋翼の膝が刀と共に崩れ落ちた。頭がクラクラとし、視界がぼやけていく。間違いない、"貧血"だ。
思い起こせば、始めに負った怪我がいつの間にか止血していたが、あの大怪我が まして戦闘中に止血するはずもない。つまり、


「ようやく気づいたか。俺は血を操れるが、お前の血だって例外じゃねぇ。殴る度にちょこちょこ吸わせて貰ったぜ」

「くっ…!」

「俺は吸血鬼なんだ、血を吸って当たり前だろ? 刺激的な味だが、お前の血は悪かねぇ。だから──もっと寄越せ」

「…ひゃっ!?」


座り込む緋翼に尻尾が襲いかかる。為す術もない緋翼はそのまま尻尾に拘束され、ブラッドの元へと引き寄せられた。彼は身動きの取れない緋翼の首に手を回し、にたりと不気味な笑みを浮かべ、


「それじゃ、いただきまーす・・・」


ブラッドは緋翼の肩を目掛け、鋭い牙の生えた口を大きく開く。身体に力が入らない緋翼に抵抗の術はない。


──ここで終わりなのか。

血を吸われて干からび、凄惨な死を遂げることを緋翼は予期した。もうダメだと、そう諦めた瞬間──



「…ぐあぁぁっ!?」

「へ!?」


刹那、眩い光と轟音が目の前を走り、ブラッドが断末魔を上げた。その時に尻尾の拘束は外れ、困惑したまま緋翼は地面に座り込む。


「今のって・・・」


一瞬だけ視界に映ったのは『黒い雷』。それを放ったであろう張本人を緋翼は首を動かして探す。

──居た。全身が禍々しい闇に包まれた人型の何かが。


「黒木……?」


草原にポツンと立っていたのは、緋翼がいつも目にしていた人物の姿とはかけ離れた存在だった。言葉を続けるのを躊躇うほどに。

そんな緋翼の逡巡をよそに、『闇』は軽く地面を蹴ると姿を消した。


「え、どこに──」


「あぁぁぁぁ!!!!」


背後から再び響いた叫び声。その苛烈さにさすがの緋翼も恐怖を感じ、背筋を凍らせた。

そしてピタリと静寂が訪れる。嫌な予感を感じながら恐る恐る振り向くと、そこには血も何もかもが焦げ果てたブラッドの姿があった。


「ひっ…!?」


その残酷な様子に、思わず悲鳴が零れる。炭だらけになったブラッドの身体は、もはや輪郭を留めていなかった。ピクリとも動かず、絶命しているのだとわかる。


「──っ」


怯える緋翼の眼前、『闇』へと変わり果てた終夜が佇んでいた。全身が黒に覆われ、目や口も判別できない。彼の身体から漏れ出す黒雷はパチパチと、緋翼の恐怖を煽っていく。


「どうして、また・・・」


しかし実は緋翼は、終夜のこの姿を過去に一度だけ見たことがある。それは彼が魔術を会得したばかりの頃まで遡り、練度が足りない故に制御し切れず、今と同じように暴走してしまったのだ。結局、その後は──


「ブ……」

「え、な、何…?」


不意に放たれた黒木の一言に、緋翼の回想が途絶える。その闇から湧き出るようなくぐもった声で何を言うのか、冷や汗が垂れた。

彼は一歩、また一歩と座り込んだままの緋翼に近づく。そして彼我の距離は、ついに手が届く距離まで至った。暴走している以上、仲間だからと油断できない。終夜はいつでも、その黒雷を緋翼に浴びせることができるのだ。


「ブ……デ……ッタ…」


何かを呟きながら、終夜の黒い手がついに緋翼の頬に触れる。不思議とその手から痛みを感じることはなく、むしろ仄かな温もりを感じた。それが彼に残されている、人間である証。『闇』に完全に呑み込まれてしまえば、それも直に無くなるだろう。


──だから、



「無事で…良かった」


「…バカ、全然無事じゃないわよ」



──彼がまだ"終夜"であったことが、とても嬉しかった。


終夜を覆っていた『闇』は瞬く間に霧散し、彼はしゃがみ込んで静かに緋翼を抱き締めた。緋翼も目を細めて、涙を零しながらそれに応じる。終夜はそんな彼女の頭を、そっと撫でた。


「…悪かったな。助けるのが遅れちまって」

「べ、別に頼んでないし!」

「意地張んなって。ビビりまくってたじゃねぇか」

「何コイツ、無性に腹立つ」


緋翼の言葉に終夜は堪え切れないように噴き出す。つられて緋翼も笑みを浮かべた。
そしてお互いに生きていることに安堵し、再び彼らは抱き合った。


・・・と、そんな時間も束の間、





「え、先輩たち…?」

「「……!!」」バッ


その瞬間、二人は抱き合っていた身体を跳ね除けるように離し、声のした方を焦りながら振り向く。そこには二年生が四人、そしてその内一人に担がれた伸太郎の姿があった。


「お、おぉお前らか! 無事で何よりだぜ!」

「ホントホント! 暁もアンタらも凄いわ!」


「……」


誤魔化そうにも、二年生らの沈黙が心苦しい。というか気のせいだろうか、彼らの目が笑っているのは。気のせいだと信じたい。


「……ご馳走様です」

「「…っ、死ねぇぇぇ!!!!」」


終夜と緋翼の叫びが森中に木霊したのであった。






「もうすぐ祭壇じゃ。気を引き締めな!」

「はい!」


緋翼とも別れた晴登、カズマ、婆やの三人は、結月救出に向けて山を駆け上がっていた。ノンストップで走り続けているため足腰が悲鳴を上げているが、結月のためならそれも厭わない。


かくして三人は山の頂上、すなわち『竜の祭壇』に到着した。そこは今までの様に開けた場所であったが、違う点を挙げるとするならば、先にもう道が無いことだろう。
紅い月が照り、夜でも視界は良好だ。そのため、囚われの結月はもちろん、その傍に立つ一人の男の姿まで良く見えた。


「…おっと、もう到着かい? 随分と早かったじゃないか」

「ハルト!」


カズマに近い年齢と思われる青年が、そう語りかけてきた。黒髪を撫でつけ、黒スーツに身を包む美青年だ。カズマや婆やの服装を見た後だと、何とも違和感がある。

一方、結月は両手を塞がれて状態で地面に横たわっていた。砂やらで汚れはしているが、怪我をしている様子はない。ひとまず、自分の名を一番に呼んでくれたことも含めて安心した。


「さて、お前は何者だ?」

「さて、誰でしょうか。まぁ彼女は知ってるけどね」

「婆や?」


青年が指差したのは婆やだった。幾度も魔王軍と戦争を繰り広げた婆やなら、確かに知っていてもおかしくない。
しかしどうしたことだろう。婆やの表情がいつにも増して不機嫌だ。何か因縁でも有るのだろうか。


「…どうしてここに居るんだい?」

「これが最後の戦争だからだよ。この場には僕が居なきゃならない」


「え? どういうこと…?」


晴登とカズマは話が見えずに、疑問符を頭に浮かべる。それを見かねた婆やは、極めつけの補足を足した。



「奴こそが魔王、そして儂の夫じゃ」
 
 

 
後書き
遅い、遅いぞ! 更新が遅い! 許して下さい!←
もう後書き書くくらいなら次の話書きます!
てことで、次回もよろしくお願いします! では!(急) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧