| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

キャラ設定
  矢田狂次

 
前書き
φ(・д・。) 

 
矢田狂次(やだきょうじ)

性別・男

一人称・俺

年令・18才

──────

身長187㎝

体重78㎏

─────────────────

《性格》

お人好し/優しい/愛情深い/激情家

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【100日間のプリンセス◆
もう一つのイケメン王宮】

[ルイ・ハワード]

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地下世界の中でも特殊な家系の【島崎】と並ぶ特別な家系の【矢田】に属している。

【学園都市】の地下に在り、時空次元を異にした【不夜明業界(ノクタルシア)】に造られた【第0学区】。

その上部に当たる四大区画の一つ、【腐敗区】を統治する四人の《管理者(ボス)》の1人。

最高として与えられている称号は
『人間性』

四人の管理者はそれぞれが独自に
最高の称号を持っている。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

誰とでも仲良くなれるほど人が好きで、気も使える優しさが有るが、時として性格が豹変する。

《島崎更生》に家の門柱へ倒した人間を置かれたり、ゴミを散らかすようにして死体を放置されたりするとキレる。

定期的に《処理者》と死体(ごみ)拾いしたり、意味も無く能力で暴れる奴や集団で喧嘩している連中を締めたりと忙しい。

姉のことを『姉さん』と呼んでおり、
彼女には頭が上がらない。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『腐敗区』を取り仕切っている管理者なだけはあって能力無しでも戦闘はかなり強い。

地上の《第三位》が使う全力の『超電磁砲(レールガン)』を受けても無傷というのは人間の生身としてどうかと思うが。

AIM拡散力場を使えば原爆クラスの威力でも影響を受けることは無いという。

これでもかなり手を抜いているらしい。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

蛇堂遍則(ラインジャック)

[レベル???]

軌道の操作。

動きの『始点』と『終点』を把握して
変更することが出来る。

物理的なものに限らず操れる。

因果なら、原因・過程・結果の内、『過程』を変化できるし、呼吸ならば、吐く・吸い込むの中にある、酸素を取り込むことが出来ない。

時間の流れをも変えてしまう。

《一方通行》と違い対象に触れる必要も無い。

移動の際に関しても途中を飛ばすことが出来るので、仙術の地脈を縮める『縮地』や空間を歪める程の超スピードによる高速移動、空間跳躍(テレポート)などと変わらない。

負担も少なく常に使うことが可能。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『蛇』は『蛇の道は蛇』から。

────────────

『堂』は『堂に入る』からで、
学問・技芸が深奥を究めている。

また、物事に習熟していること。

能力を使いこなしているという意味で。

─────────────

『遍』は『(あまね)く』から。

広く全体に隅隅(すみずみ)まで及ぶ様。

─────────────

『則』は『(のっと)る』

規準・規範としてそれに従う。

そして『法則』

一定の条件下で常に成立する
相互事物の関係。

守らなければいけない決まり。 
 

 
後書き
四大区画は三人が矢田で違うのが
殴獣さんだけなんですよね。

四人目の矢田が何処かに居るかもしれない。

四人の管理者は一人を除いて拮抗した強さのバランスだと思うんですけど実際はどうかな。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧