| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

STUDENT
  神薙悠持

 
前書き
_φ(゚Д゚ ) 

 
神薙悠持(かんなぎゆうじ)

性別・男

年令・18才

一人称・俺

───────

身長188㎝

体重86㎏

──────

《性格》

好戦的

荒っぽい

面倒臭がり

───────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【誰ガ為のアルケミスト】

[カダノバ]

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

幼い頃は平凡な家庭で育ち、
両親と弟と共に暮らしていた。

だがある日、学園都市の都合で【第0学区】に連れていかれ、能力開発を受けることになる。

昔のことはあまり覚えていない。

森宮(もりのみや)高等学校】に籍を置いてはいるが、あまり出席率は良くないとのこと。

面倒臭がりながらもやることはキッチリやってくれる性格らしいので周囲からの信頼は厚い。

強大な力を持っている為に学園都市から居ないことにされている『絶対能力者(LEVEL6)』が集まった組織【STUDENT】ではNo.2とされる実力を持つ。

メンバーの純粋な身体能力・運動神経・肉体強度を比べた中では《池野操作》を超えてNo.1。

別のところで書いた【制御解除(リベライル)】の一種である【能力改造】という特殊な力を実験で身に付けており、能力の強度を上げることが可能だと言う。

────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《好きなコーヒー》
【カフェ・フレッド・シェカラート】

シェイカーを使って作られた
アイスコーヒーなのだそう。

イタリアでは
エスプレッソなどを使って作るらしい。

───────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

能力を使わない場合の武器は
『ヌンチャク』や『槍』を使う。

腰にストラップのようなキューブがあり、
それが武器の待機状態と思われる。

格闘の技術は兎も角として、格闘センスは超人揃いのSTUDENT内でも特にズバ抜けており、相手の動きを見ていれば大体理解して、何となくで真似したりすることが出来る『瞬間把握』と行動実行力が備わっている。

勘や危機察知能力が優れており、天性の反射神経を持つせいか相手の行動を見てから自分の行動を決定する後出しのような反則気味の反応になることも少なくない。

上記の理由から悠持を知っている人間は出来るだけ接近戦を避ける傾向にあるとのこと。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

横流能力(スライドパワー)

[レベル6.8~???]

主に【倍率】を変更して操る。

──────────

普段は使わないし、『能力改造』を発動させた時にしか力や効果を発揮させないものもあるが、能力名に有る『スライド』には含まれる概念や種類が有る。

───────────

【スライドショー】

一般的に画像を順番に表示するものとして知られるが、この能力では『位相』という別世界を現実に流し込む。

──────────────

滑る、滑らせるというスライドも可能。

──────────────

映写機を用いてポジフィルムを拡大し映し出すことはスライド、【幻灯】とも言う。

この能力では【NARUTO】の《うちはイタチ》が使う《万華鏡写輪眼》が持つ固有の幻術である『月読』に似ている。

─────────────

【スライドグラス】

顕微鏡で検査物を乗せるガラス板。

この能力では『解析』や『分析』を行う。

─────────

ある数量に従ってある数量を増減させることも『スライド』と言い、この中には主に使っている倍率の力も含まれていると思われる。

─────────────

【スカラー】

スライドとは関係無いが生成、操作できる。

原作の《一方通行》が使う『大きさ』と『向き』を持つ【ベクトル】に対比する概念。

『大きさ』のみを持つ『量』。

──────────

例えば物体が空間内を運動する時の『速度』がベクトルなのに対し『絶対値』の『速さ』はスカラー。

他にも

温度

質量

電荷

加速度の大きさ

面積

体積

質量

長さ

エネルギー

波長

時間

などがスカラー

───────

速度

加速度



電界

運動量

磁力の力と向き

重力の力と向き

流体の速さと向き

などはベクトル

───────

スカラーは狭義には『座標系』に依存しない。

『四元数』という『高次複素数』を発見した《ウィリアム・ローワン・ハミルトン》はスカラーのことを【一つのスケール上に含まれるマイナス無限大からプラス無限大までの全ての数値】と表している。 
 

 
後書き
能力の汎用性が高くて効果範囲も広いわで勝哉君と出逢うまでは孤高で孤独になってしまったのも解る。

STUDENTでも屈指のチート。

今はまだ、STUDENTメンバー全員の設定を書くのは難しいです。まだ二次でも明かされていない過去のことを書かないで良いなら何とかと言ったところ。

それでも時間は掛かりますけどね。

旧版ではリーダーの勝哉君と戦う番外編が有りましたが途中で終わることになってしまったので、あの後はどうなったのか時々想像していました。

流石に彼処(あそこ)で『ストッパー』や『能力改造』が出ることは無かったでしょうね。

本編のラストでは二人が本気の決闘に入るところを終わりに持ってくるのも有りかもしれません。展開は自分で考えてねと言った感じに。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧