| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

キャラ設定
  島崎狩牙

 
前書き
こちらも観測者さんのオリキャラが元。 

 
島崎狩牙(しまざきりょうが)

旧姓は【神住(かみずみ)

────────────

性別:男

年令:18才

一人称:俺

────────

身長:188㎝

体重:82㎏

───────

《性格》

シスコン/面倒臭がり/仲間想い/一途

──────────────

《容姿モデル》

【あんさんぶるスターズ!】

影片(かげひら)みか》

───────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

学園都市が秘匿している防衛組織【fortress(フォートレス)】に創設された当時の黎明期から所属し続けている『初代』メンバーの一人。

今でも変わらず最強の一角を担っている。

fortressのヒーローとして持っているアルファベットは『irregular(イレギュラー)』の【I】

─────────────

このfortressという組織に入るためには

【能力測定上限突破能力者】

【能力測定法不明能力者】

【能力根源不明能力者】

(いず)れかであり、一定の水準で能力を制御出来ている必要があり、その上で試験がある。

────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

素性は不明。

普段は何時もパジャマを来ているだらしがない人物で、基本的に義妹以外への人間には感心が薄い。

義妹の光利(ひかり)やfortressのことになれば面倒臭がりながらも直ぐ駆け付けてくれる。

彼の能力についてキチンと知っているのは光利のみなのだが、それ以上に理解をしているのは【禁忌簿】を持つ【GROW】の誰かだという。

『幻未来具現化理論』では重要な役割を持つ『現実からの逃避者(リアリティーフライト)』という呼び方をされることもある。

─────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

かつての《一方通行》がそうだったように24時間ずっと能力を使うことも可能だが、それではたまに出逢う強敵に遅れを取りかねない。

なので素の肉体も鍛えてfortressのリーダーである《叶世重実(かなやじゅうじつ)》から『対殺人者用殺人格闘術(KILLER KILL COMBAT)』を習っている。

能力のお陰で武器を必要としない。

能力を発現してからの狩牙は能力だけで無敵になり、無双状態だったので殆ど鍛えたことが無かった。しかし殴り合いはfortressで自分より強い《夢絶叶(むぜつかの)》が御墨付きを与えるほど才能が有り、伸び代が大幅に余っている。

彼にとっては今が成長期であり、強くなる為には格好の日々を送れている状況。

────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《サンプルボイス》

『俺の前でその名を汚すな!』

『光利~。お兄ちゃんだぞー』

『妹に何か用?』

『SYSTEMの規格外でーす』

『お前は今日、物理(この世)から旅立つ』

『幻想をぶち殺す? 現実は殺せねえよ』

─────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

現実逃避(イレギュラー)

[レベル???]

『人工原石』と言われる能力。

物理法則を無視できる。

自分より強度が下の能力も受け付けない。

魔術も魔神のなり損ない《オッレルス》が攻撃してダメージを与えられるかどうか。

魔術で確実に影響を与えるレベルなら、《アウレオルス》の【黄金錬成(アルス=マグナ)】か《フィアンマ》の有している【第三の腕】、『聖なる右』を《神上》になった状態で使う必要がある。

ここまでが通常時。

────────────

だがそれだけの相手と拮抗できるにも係わらず、本来の力には程遠い段階にある。

能力が成長すれば、自分だけでなく、他のものも能力で干渉して物理法則から解き放ち、能力によって対象の法則、その機構を組み直す。

この能力は現存する世界や神の【SYSTEM】とは違う《島崎狩牙》のSYSTEMである。

─────────────

《アレイスター・クロウリー》
の提唱した【セレマ】の法

汝の意志する事を行え

それが法の全てとなろう

愛は法なり

意志の下の愛こそが

汝の意志する事を行えを越える法は無い

つまりは『ホルスの時代』に在る能力。

─────────────

全ての人間には人生における
欲望や願求とは異なる『目的』がある。

これをセレマでは『真の意志』と言い、それを発見し、それに従って生きることで人間は『神』と化すと考えられている。

また真の意志は個々人にとって唯一無二の存在である【聖守護天使】と同一だと考えられた。

《エイワス》は聖守護天使とされる。

現実逃避の成長次第では
エイワスを凌駕することも夢ではない。

───────────

この能力を発現したのは義理の妹である光利(ひかり)という最愛の人間の為であり、何としても彼女の為になろうとした結果。

例え自分が世界の枠から外れてしまう
規格外(イレギュラー)』になったとしても。

尚、この現実逃避という能力そのものが狩牙の聖守護天使であり、本体である狩牙とは個別に独立した意志を持つ。

この能力は狩牙が自由に操れる法則(ロウ)機構(システム)なので、本来ならば既存の能力を何でも再現できるし魔術と同じことも可能。

自分と同等の存在になると再現は難しい。 
 

 
後書き
私が知っている狩牙君より強化。

現実から逃避していると言うより現実の方が逃避しているという感じです。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧