| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

キャラ設定
  春日桜花

春日桜花(かすがおうか)

性別・男

一人称・僕

年令・18才

──────────────────
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

身長・154㎝

体重・41㎏

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《性格》

天然

負けず嫌い

のんびり

マイペース

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【バンドやろうぜ!】

《シェリー》

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

逝去の骸禍(ユーベミリテア)】という傭兵組織に所属しており、トップエースの称号である『死神将兵(トルダート)』を持っている。

元は【フェニックス】の一羽をその身に宿し、固有能力の【命廻天翔(フェネクス)】を扱う強大な『絶対能力者(レベル6)』の一人だった。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

フェニックスの能力者が持つ共鳴に導かれたことにより、【不死火鳥(フェニックス)】の能力を有していた《桐崎飛鳥(きりさきあすか)》と邂逅を果たし、一戦を交えてから仲間にして連れ帰る。

その後は共に逝去の骸禍で活動していたが、第四のフェニックス能力を生み出す為の計画によって引き起こされた人為的な能力暴走による大惨事、【裁きを下す断罪の不死鳥(ジャッジメントフェニックス)】に二人揃って巻き込まれてしまう。

その折に飛鳥を救うため、自分の宿していたフェニックスを彼に譲ったが行為の代償として能力を失った。

異能を喪失してしまったが、超常現象的な神秘の存在を宿していた影響が『能力』ではなく『体質』として現れている。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《フェニックスを失った後に得た体質》

超人的な身体能力

致命傷も素早く治す超速再生

火・熱・光の発生と操作

他者の『自分だけの現実(パーソナルリアリティ)』への干渉

AIM拡散力場や物理的な『火』・『熱』・『生命力』、物理的な意味以外の『火』や『熱』を吸収することによって活性・回復・強化が可能。

他にも有るかもしれない。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

彼神依(かみより)

たまに居る、霊が憑き易く寄ってくる特異体質の人と同じだが、こちらは精霊や神、悪魔、仏尊まで引き集める。

憑依されて宿主となり共存することも有るが、乗っ取られて思い通りに動く器(容れ物)にされることも。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

魔降神器(インクレシオ)

授型(うつわ)』とも言われ、神や仏などを完全な形で受け入れても全く影響が無い、極めて稀な、『肉体』・『精神』・『魂』の性質である。

三つが揃って神を受け入れられる性質でないと
完全な魔降神器にはならない。

恐ろしく条件は厳しく確率も低いが後天的に魔降神器の性質を得られる可能性が有る。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《ディバイン/DIVINE/神仏魔性》

【ガルダ】

インド神話の神鳥。

《ヴィシュヌ》に使える乗り物(ヴァーハナ)

フェニックスを飛鳥へと譲った直後に
何故か桜花の元へ降りてきた。

翼は紅く、全身は黄金の炎のように輝く。

彼の一族は蛇や竜のナーガ族を食べるので敵対しており聖鳥として崇拝されている。

母を奴隷の身から解放するため《カドゥルー》やナーガの条件を聞き入れ天界へ向かった。

ガルダの襲撃を予兆したのか天上では今までに無かったような様々な現象が起きたという。

天上に乗り込んだガルダは守備を固めて待ち受けていた神々や軍勢を打ち倒し、不死の聖水アムリタを奪って飛び去っていくとヴィシュヌに出逢った。

ヴィシュヌはガルダの力と勇気に感動したのでガルダの願いを叶える。それはアムリタを用いない不死。その代わりにヴィシュヌの乗り物(ヴァーハナ)として仕えることを約束した。

そこに天界を治める神々の王《インドラ》が最強の武器『ヴァジュラ』で襲ってきたがガルダは微動だにせず攻撃を受け切って見せる。

何故そんなことが出来たのかと言うと、元々ガルダは小人の種族ヴァーラキリヤのインドラより100倍強くなるようにという願いを込められ生まれてきたから。

インドラはヴァジュラが全く効かないのを見るとガルダに永遠の友情の誓いを申し込む。

そうしてガルダは不死の体を与えられ、ナーガ達、蛇族を食料にする約束を交わした。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【アルナ】

ガルダの実兄であり、『暁』を司る神。

名前は『紅いもの』『金星』の意。

闇を破って昇る太陽の神格。

《スーリヤ》の御者。

ヴェーダの暁紅の女神《ウシャス》に相当。

創造神ブラフマーのひ孫に当たる。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【スーリヤ】

アルナの主である太陽神。

【アーディティヤ神群】の一柱。

《インドラ》と並ぶ実力を持つ。

七頭の馬が引く戦車で天を翔ける。

遍く空を照らす[日光]の要素が反映され、司法神の《ヴァルナ》や《ミトラ》の『眼』として下界を観察し、地上の人間全ての行いを監視しているという。

太陽の『熱』も象徴しているのか
《アグニ》の別名である
[ジャータ・ヴェーダス]とも呼ばれる。

アグニも[裁く神]の性質を持つ。

地平線から太陽が姿を現す時に
夜の闇を追い払い、
生き物たちに力を与える。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【アグニ】

インドの火神。

ゾロアスター教の《アータル》と同起源。

天上では太陽。

中空では稲妻。

地上では祭火。

火のあらゆる属性を持つ神格。

聖仙ブリグに『浄化』の力を与えられた。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【カルナ】

スーリヤの息子。

マハーバーラタに登場する。

黄金の鎧と一体化した不死身の英雄。

死後はスーリヤと一つになった。

輝かんばかりの武勇を誇る偉大な戦士。

義理の親は御者であり戦車を操縦する家職をしていたからか彼も戦車を乗り回すのは得意。

弓は宿敵《アルジュナ》にも劣らない。

天帝の《インドラ》から詫びとして一度しか使えない必殺の槍を渡されているところからすると弓ほどではないが槍捌きも凄まじいのかも。

現在のインドでも怪力で知られる《ビーマ》が三日も戦い三度引き裂いてようやく倒した《ジャラサンダー》を一度引き裂かれかけただけで負けを認めさせている。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ラヴィ】

アーディティヤ神群の一柱。

スーリヤの別名ともされるが『シャタパタ・ブラーフマナ』では別の神として描かれている。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ヴィヴァスヴァット】

インドの太陽神。

遍照者。

《ヴィシュヴァカルマン》は彼から放たれる光を八分の一削り取って神々の武器を造った。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【プーシャン】

アーディティヤ神群の一柱。

インドの太陽神。

道祖神という路傍の神。

家畜や動物の守護神。

一切を見渡し監視する力、万物を生育する力を持ち、あらゆる道に精通している。

失われた財産や家畜を回復してくれる。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

迦楼羅天(かるらてん)

インドの《ガルダ》が仏教に取り込まれ
護法善神の天部になった。

《千手観音》の眷属【二十八部衆】

釈迦牟尼仏陀(しゃかむにぶっだ)》の眷属【天龍八部衆】

迦楼羅王とも呼ぶ。

口から金色の火を吐く。

ガルダが蛇や竜のナーガ族を食べるように迦楼羅も毒蛇を食べる霊鳥として信仰されている。

仏教で毒蛇は雨風を起こす悪龍。

《不動明王》の背後に有る炎は『迦楼羅炎』という名前で言われており、これは彼の吐く炎または彼の姿そのものだとされている。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【金翅鳥/こんじちょう】

ガルダの別名《スパルナ》が持つ意味[美しい翼を持つ者]を漢訳したもの。

迦楼羅の別名でもある。

別の霊鳥としても扱われたりする。

『妙翅鳥/みょうじちょう』とも。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【バガ】

アーディティヤ神群の一柱。

分配・幸運・太陽の神。

ローマ神話では《テルミヌス》という境界の標、神聖不可侵を司る神に相当する。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【アパーム・ナパート】

古代インドの水神。

純粋な水の神というよりも、
水中における火神アグニを象徴する。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【グルル】

スリランカ伝承に登場する。

グルル・ヤクシャとも呼ばれる『凶鳥』

人々に恐れられるラークシャサ(羅刹)

インド神話におけるガルダ。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【アディティ】

インド神話の女神。

無拘束、自由、無垢、無限などの意。

無限の天地、空間をも超えたものを
意味していたと考えられる。

アーディティヤ神群の母。

天の秩序を司るだけでなく、
昼と夜の神の母でもある。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【イグナイト】

《春日桜花》の力と自らに宿る【神仏魔性(ディバイン)】の力が混ざり高め合って競い合ったものが一つの存在となった。

桜花が生んだ今までに存在していない全く新しい《独神(どくしん)》であり、【神群体】という分類に入る。

名前の意味は

『火を着けるもの』

『火を付けるもの』

『火を点けるもの』

火を発生させ、着火し、火を付与し、火を点灯して世界のあらゆる場所に広げていく。

火そのものであり、ありとあらゆる場所に遍く遍在し、森羅万象に行き渡っている全と一。

世界を火と熱と光で満たし、不浄なるものや敵対者を呑み込んで、自分と同じ火でありながら悪しき者も燃え盛る炎で一片も残らず焼き尽くし浄化する。

桜花と一つになった全ての神格の力を持つ。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ヴィシュヌは【アーディティヤ神群】の一柱となり、太陽神になっている場合がある。

アーディティヤ神群は古来より
【太陽】との関連が深い神々とされる。 
 

 
後書き
完全体になったフェニックスとも戦える桜花君を自分なりに考えてみました。

あまり強くは見えないかもしれませんが、上記している独神の《イグナイト》が桜花君の完全体になります。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧