| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

その他
  封殺世界

 
前書き
不夜明界から続いてます。

特に説明が要らない場合はしません。 

 
封殺世界(ケーラウェルト)

不夜明界(ノクタルシア)とは別の次元、空間にある世界。

不夜明界の【第0学区】とは元々この世界に居る人間がゼロから造り上げたものだった。

因果や事象、法則などが歪曲したり調律されており、一定以下の水準しか力が無いものは封殺世界へ来訪した瞬間に衰弱が始まる。

酷いと消滅してしまう。

幾つもの層が重なった世界になっており、深く潜るほど住人も強くなっていく。

封殺世界(ケーラウェルト)では全ての因果が収束し、事象が狂い、法則の矛盾が発生し、あらゆる概念が歪曲してしまっている。

それを元に戻そうと世界の修正力や抑止力が対抗しているのだが、それに巻き込まれてしまい、大半の生物は悉く死んでいく。

そんなこの世界で無事に生まれることが出来ただけでも運命を乗り越えた存在である証拠。

なので最低でも生命体として間違いなく『超人』であることが確定しており、普通に成長して生き残ることが出来れば必ず強くなれる。

暗黒魔京では更にそれが顕著。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

暗黒魔京(ディストピア)

封殺世界(ケーラウェルト)】の第一層中央に存在する街で超絶なオーバーテクノロジーの塊。

何段階にも層が重なった構造になっており、地下へ行くほど住人が強いが法則も強くなっていく。

執行官(オフィサー)】という第0学区の管理者(ボス)と同じような者達がおり、最下層には最高の地位と最大の権限を持つ《統括官(キング)》が居る。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

堕落門(ギャバン)

暗黒魔京を取り囲む壁に八つ存在しており、一番大きな出入り口になっている。

8人の【応門番(キーパー)】が配置されており、執行官クラスの強さでないと力づくで入ることは困難。

────────────────────
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

夜影障壁(ヴァノワール)

暗黒魔京を覆う黒い壁。

あらゆるものに対する防御力を持つ。

────────────────────
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

景衛地(ガーダー)

夜影障壁から見える辺りに敷設された
防衛の設備、施設、陣地。

──────────────────
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆

万魔宮殿(パンデモニウム)

暗黒魔京(ディストピア)の中に幾つかある
軍の基地、砦、要塞などが密集した地域。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

許可証(シニラ)

暗黒魔京を自由に出入り出来る証。

────────────────
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆

無垢なる純獣(カインベスティア)

暗黒魔京の軍隊。

何人か居る【討伐官(スレイヤー)】が司令官。

───────────────────
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

深遠路(エリパス)

暗黒魔京の第一層から最下層まで、
層の外側を螺旋状に延々と続く長い道。

エレベーターで下層へ行くことも出来るが層が変わると本当に別世界になって負荷が増すため自身が有る者以外は深遠路で徐々に体を慣らしながら行く方が良い。

──────────────────
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆

羅刹の箱(ギフトケイス)

真零宙枢(セントラル)の守備隊。

───────────────────
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◆◆◆◆◆◆◆

永劫(ヒンメル)

統括官(キング)の親衛隊。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

暗黒魔京(ディストピア)に入るまで》

(1)

封殺世界(ケーラウェルト)の第一層が織り成す摂理、法則に対応して死なないようにする。

────────────

(2)

景衛地(ガーダー)を抜けてくる。

────────────

(3)

堕洛門(ギャバン)を通る。

───────────

(4)

暗黒魔京に入る。

此処に入る時も存在的な資格が居る。

───────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《暗黒魔京に入ってから》

第一層・コキュートス

─────────

第二層・万魔宮殿(パンデモニウム)強欲(グリード)

─────────

第三層・カイーナ

─────────

第四層・万魔宮殿・色欲(ラスト)

─────────

第五層・アンテノーラ

──────────

第六層・万魔宮殿・怠惰(スロウ)

──────────

第七層・恐怖(フィアー)

──────────

第八層・怪力(パワー)

──────────

第九層・審判(ジャッジ)

───────────

第十層・正義(ライト)

───────────

第十一層・理論(セオリー)

───────────

第十二層・万魔宮殿・嫉妬(エンヴィー)

───────────

第十三層・トロメア

───────────

第十四層・万魔宮殿・憤怒(ラース)

───────────

第十五層・禁忌(タブー)

───────────

第十六層・万魔宮殿・暴食(グラ)

───────────

第十七層・規律(ルール)

───────────

第十八層・万魔宮殿・傲慢(プライド)

───────────

第十九層・運命(フェイト)

層がバリアや結界などで
縦横無尽に区切られている。

基本的に人が居ない。

その代わりに今までの層とは比べものにならない程の抑止力、修正力、運命力などが働いており、先へ進もうとする者を阻む。

─────────────

第二十層・裏切り(ベトレイア)

関所の街。

先へ行く者を審査する。

─────────────

第二十一層・ジュデッカ

暗黒魔京において最後の街であり、真零宙枢(セントラル)の城下街に当たる。

────────────

絶望侵蝕地(グラウンドゼロ)

通称『第二十二層』。

ジュデッカの直ぐ傍に存在しており、
残酷訃毒(ギフタール)】が配置されている。

黒いクレーター。

──────────────

真零宙枢(セントラル)

別名『第二十三層』。

統括官(キング)》が住む洋風の城。

絶望侵蝕地の中心に在る。

統括官直属親衛隊の【討誅貴構(ヴォルディア)】が配置されている暗黒魔京の階層世界最下層にして最重要拠点。

────────────────

第零層・深淵(アビス)

真零宙枢の地下に在る。

統括官を含めた一部の者しか入らない。

一番奥まで行くと何かあるらしい。

────────────

第真層・終天喪神(フィナーレ)

不明
 
 

 
後書き
一通り書くこと書いたかな。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧