| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

ハイスクールD×D イッセーと小猫のグルメサバイバル

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第14話 レーティングゲーム開始!!決めろ一発逆転!!後編

 
side:小猫


「やあぁッ!!」


 私の拳が相手の僧侶に決まり吹き飛ばした。


「終わりですわ」


 朱乃先輩の放った雷の魔力が騎士の足に当たった、そして動けなくなった相手の騎士に魔力で作った槍を突き刺した。


『ライザー・フェニックス様の「僧侶」一名、「騎士」一名、戦闘不能!』


 アナウンスが流れちょっとだけ一息つく。


「大分相手眷属の数も減らせてきましたわね」
「はい、あと少しです」


 これまでに倒したライザーの眷属は合わせて13人、残るは僧侶一人と戦車一人、そして王であるライザー・フェニックスを合わせて3人です。ここまで誰一人かけることなくライザー眷属と戦えたのはやっぱりイッセー先輩のお陰です。これが終わったら何かお礼をしたいです。


(わ、私がお礼です……何てどうでしょうか?)


 ゲーム中だというのに私はイッセー先輩にお礼をする光景を考えました。



ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


「小猫ちゃん、勝ったんだってな!俺は信じてたぜ」


 ライザー眷属とのレーティングゲームに勝利した私は先輩の家に来ていました。先輩は私の報告を聞いてまるで自分の事のように喜んでくれました。


「私たちが勝てたのも先輩が特訓してくださってくれたお陰です。本当にありがとうございました」
「よせって。俺は切っ掛けを与えただけだ。小猫ちゃんたちが勝てたのは自身の力があったからさ」
「それでも先輩のお蔭には変わりありません。だからお礼を受け取ってほしいんです」
 

 私はそう言うと着ていた制服を脱ぎだした。


「こ、小猫ちゃん!?一体何を!?」


 先輩が驚いてますが私は構わず制服を脱ぎ続ける、そして下着一枚になった所で先輩に抱き着いた。


「これがお礼です……私自身を先輩にあげます。だから……私を食べて?」


 私は上目遣いで先輩に甘えました。すると先輩は真剣な表情を浮かべて私をお姫様抱っこしてくれました。


「全く、女の子にここまでさせておいて何もしなかったら男が廃るもんだ」


 先輩は私をベットまで運んで自身も来ていた制服を脱ぎだしました。そして私と同じく下着だけになると私の上に覆いかぶさりました。


「俺だって男だ、もう止まらねえぞ?」
「はい、覚悟はできてます……来てください、先輩……」
「小猫ちゃん……」


 そして先輩は目を閉じて徐々に顔を近づけてくる。私もそれに答えるように目を閉じてそして……








「……えへへ♡」
「こ、小猫ちゃん?急に黙ってどうしたのかしら?」


 隣で朱乃先輩が心配そうに見ている、私は妄想を消してキリッとした表情になる。


「何でもありません、心配かけてごめんなさい」
「そ、そう?それならいいのですけど……」


 朱乃先輩は若干怪しむかのように目を細めたが直に笑顔を浮かべた。ふう、危ない危ない。ゲーム中にこんなことを考えてしまうなんて……これは先輩に責任を取ってもらわないといけませんね。


「小猫ちゃん、そろそろリアス達との合流場所に着くから急ぎましょう」
「はい、行きましょう」


 思考を切り替えて朱乃先輩と共に合流場所まで走りました。合流場所には部長と祐斗先輩がいました。


「朱乃、小猫、お疲れ様。そっちも無事で良かったわ」
「リアスこそ無事で何よりですわ」


 私たちはお互いの無事を喜び合い今の状況を話し合いました。


「なるほど、相手の女王を倒したのは小猫だったのね。本当に凄いわ、やっぱり恋する女の子は強いのね」
「あ、ありがとうございます……」


 改めてそう言われると恥ずかしいですね……まあその通りなんですけど。


「小猫ちゃんも強くなってるし僕もウカウカしてられないな」
「私ももっと精進しないといけませんわね、じゃないと女王の座を小猫ちゃんに取られちゃいますわ」
「そ、そんなに褒めないでください……」


 私は顔を真っ赤にして手で隠しました。


「うふふ、でも事実よ。貴方たちのお蔭でここまでこれたんですもの。朱乃、祐斗、そして小猫。これだけは言わせて頂戴、私の眷属になってくれてありがとう」
「部長、そう言ってくださるのは光栄ですがそれはライザー眷属に勝ってからにしましょう」
「そうですわ、貴方を本当に自由にしてからまた言ってほしいですわ」
「そうね、ちょっと早かったわね。なら早くライザーを倒して改めて言うわね、さあ行くわよ!」
「あらあら、勇ましい事ですわね」


 私たちが先を行こうとすると何者かが話しかけてきた。声がした方を見るとドレスを着こんだ金髪の少女と顔を半分隠すような仮面を付けた女性が立っていた。あれはライザー眷属の僧侶と戦車でしたね。


「ご機嫌ようリアス・グレモリー様、そして眷属の方々は初めてお会いいたしますわね。私はレイヴェル・フェニックス、兄であるライザー・フェニックスの僧侶をしています。以後お見知りおきを」
「同じく私は戦車のイザベラ。レイヴェル様の護衛をしている」


 えっ?妹……?どういう事ですか?ライザーはどうして実の妹を僧侶にして……もしかしてそういう趣味なんでしょうか?だとしたらドン引きなんですが……


「そこの白髪の貴方、今不快な想像をいたしましたわね?」
「い、いえそんな……」
「言っておきますが私にそんな趣味はございません。兄が「ハーレムものに妹はつきものだろう」などと訳の分からない事を言うので渋々特別な方法で眷属になっているにすぎませんわ」
「そ、そうなんですか……」


 見た目より苦労されているのかもしれませんね……


「久しぶりねレイヴェル、貴方が戦車を引き連れてきたのは私たちと戦う為かしら?」
「いいえ、さっきも言いましたけど私は無理やり兄の眷属に入ったので正直この婚約もどうなろうと興味はありませんわ。私は兄の伝言を貴方方に伝えに来ただけですわ」


 伝言ですか?一体何でしょうか?


「『俺は新校舎の屋上で待っている』……伝える事はそれだけですわ」
「屋上に……ライザーが直接出てきたというの?」
「貴方方は兄が出る間もなく終わる、それが最初の考えでした。でも貴方方は一人も欠けることなく女王すら倒した。これにはお兄様も、そして私も驚いていますのよ?」
「……」
「それでも貴方方は兄には勝てないでしょう。フェニックスの不死身の力はどんな攻撃でも崩せない。最初から貴方方が勝てる要素何てなかった、いわば出来レースという事ですわ」


 レイヴェル・フェニックスはクスクスと笑いながら話す。でも部長は毅然とした態度で話し出した。


「……だから何だというの?」
「はい?」
「不死身の力?出来レース?そんな事分かっているわよ。相手は何度もレーティングゲームを続けてきた経験者、それに比べて私は初のレーティングゲームで眷属の数も経験も負けている。これで勝てると本気で思うならバカだと思うわ」
「ならどうしてそこまでして戦うのですか?」
「この子たちは私の我儘に文句も言わず従ってくれた。何の得もないのに私たちの為に動いてくれた人たちがいた。もうこれは私だけのゲームじゃない。私の為に戦ってくれた、協力してくれた人たちの為にも勝てないなんて諦める訳にはいかないのよ」
「……唯の感情論ではありませんか、誇りある貴族とは思えない発言ですわね」
「私もそう思うわ。それに貴方のお兄さんは私の眷属を気にいちゃってね、無理やり自分の物にしようとしてるのよ」
「ああ、そこの白髪の子ですわね。兄は大層気に入ったようですわよ?リアス様の話よりその子の事ばかり話すんですもの」


 レイヴェル・フェニックスの話を聞いて寒気がした、まさかそこまで気に入られているなんて思っていなかったからだ。


「でも残念、この子にはもう既に想い人がいるの。私も相手の男の子を気に入ってる、だからこそ二人には結ばれてほしいの。その為にも絶対にこのゲームを勝って見せるわ」
「部長……」


 部長にそこまで思って頂けるなんて……本当に嬉しいです。


「……なら私に見せてくださいまし。貴方方の思いの強さを……」
「ええ、そこで見ていて頂戴、私たちが勝つ姿をね。いくわよ皆!」
「「「はいっ!」」」


 私たちは悪魔の翼を広げて新校舎に向かった。






side:レイヴェル


 飛び去っていくリアス様たちを見ながら私はどうして先ほどあんな事を言ったのか考えていた。フェニックスの不死身の力には勝てないと言っておきながら最後には応援するかのような発言……一体私はどうしたのでしょうか?


「良かったのですか?レイヴェル様は戦わないと知っていましたが私まで戦わないというのは……」
「なら貴方一人でリアス様方に勝てたのかしら?」
「……いえ、10日前のグレモリー眷属なら兎も角今のリアス様方に一人で勝てるとは思えません」


 10日前ですか……あの時のリアス様達は正直に言って大したことがなく見えましたわ、レーティングゲームもこちらが楽に勝てる者ばかりと思っていました。でも蓋を開けてみればこちらが押される展開になっています。
 もしかしたら本当に兄であるライザー・フェニックスにすら勝ってしまうかもしれない……そんな考えが浮かんでしまいました。


(何を思ってるのかしらね、私は……)


 まあいいですわ。勝つも負けるもリアス様たち次第ですし兄をギャフンと言わせられるなら是非そうして欲しいですし。
 無理やり眷属にされた事を私怒っていますのよ、意外と根に持つタイプですので。


 私はそう思いリアス様たちが飛んでいった白い空を眺めました。






side:小猫


 レイヴェル・フェニックスと別れた後私たちは新校舎の屋上に向かいました。新校舎が見えてくると屋上に人影がありました。あれがライザー・フェニックスですね。


「皆、降りるわよ」


 部長の合図で私たちは屋上に降り立ちました。ライザーは私たちに背を向けていましたがはぁ~ッと大きなため息を吐きながら此方に振り返りました。


「正直ここまでやるとは思ってなかったぞ。俺の女王であるユーベルーナすら序盤にやられるとはな……どうやらお前たちを見くびりすぎていたようだ」
「あら、もしかして降参かしら?」


 部長がそう言うとライザーはハハハッと大きな声で笑いだしました。


「冗談を言うな、リアス。例え俺の眷属が全滅しようと王である俺がいる限り俺の勝ちは揺るがない。この不死身の力の前にお前たちなど無力なのだからな」


 ライザーはそう言って身体から炎を吹き出しました。


「リアス、お前たちを倒す前に一つ提案をしよう。お前たちが俺に勝てる可能性は0%……妻になる女性を傷つけるのは辛いんだ、だから潔く負けを認めろ」


 部長はライザーの話を聞いて先ほどのお返しと言わんばかりにはぁ~ッと大きなため息をつきました。


「お断りよ、貴方が私一人だけを愛してくれる人だったら受け入れたかもしれない。でも貴方は女を自身の欲を満たす物にしか見ていないじゃない。じゃなきゃサクリファイスを好んで使ったりしないでしょ?それに私は好きな人がいるの。だから貴方とは結婚できないわ」
「な、何だと!?」


 部長の発言にライザーだけでなく私達全員が驚きました。部長、好きな人がいたんですか!?


「だ、誰だそいつは!一体何処の貴族だ!?」
「貴族じゃないわ、私15歳の時に誘拐されたんだけどその時に助けてくれた男の人がいたのよ」
「そ、そんな奴に……名前を言え、誰だソイツは!?」
「名前は聞けなかったけどね。でも私はその時その男の人に惚れてしまった……もう一度会いたくてずっと探してるけど見つからない。でも私は諦めない、その男性を必ず探し出して見せるわ。だから貴方とは結婚できないの、ごめんなさいライザー」


 そういえば部長は15歳の誕生日に何者かに誘拐されたことがあります。
 私たちは謎の襲撃者に負けてしまいその後魔王様が直に助けに向かったけど、着いた頃には犯人はボロボロで部長は怪我一つなかった……という出来事があったんです。
 それにしても部長にも好きな男性がいたなんて知りませんでした。


「ぐぬぬ……ならば小猫、お前はどうだ?さっきのレイヴェルとリアスの話を通信機器で聞いてたが想い人がいるようだな。だがどうせ大した事もない一般人だろう?そんな奴の事は忘れて俺の女になれ。贅沢な暮らしも豪華な食事も用意してやる、どうだ?」


 ライザーは矛先を私に変えてそう言ってきました。でも私の答えはもう決まっています。


「嫌です。私は贅沢な暮らしも豪華な食事もいりません。あの人の笑顔を見ながら食べる御飯が一番美味しいですから」


 私はライザーの提案をキッパリと断る、ライザーは怒りに身を震わせて更に大きな炎を体から吹き出す。


「もういい……なら力づくでお前らを俺のものにするだけだ。リアス、そして小猫。この学園の風景をよく見ておくんだな。作り物とはいえこれがお前たちが見る最後の…ガァッ!?」


 ライザーはそれ以上話すことが出来ませんでした。祐斗先輩がライザーの首を斬り飛ばしたからです。


「き、貴様……!?」
「ベラベラと長ったるい話はもういい、朱乃さん!」


 祐斗先輩はライザーから離れる、するとライザーの傍に朱乃先輩が手に電撃を走らせながら接近する。


「うふふ、隙だらけですわ。『放電(ヴァーリー)』!!」


 朱乃先輩の手から雷のエネルギーが放たれてライザーを感電させる。よく漫画で骨が見えるような演出がありますが感電するライザーは今まさにそんな状態です。


「っと見ている場合じゃないですね」


 私もライザーに接近して飛び上がり首目掛けて蹴りを喰らわせた。


「やぁぁッ!『フライング・レッグ・ラリアート』!!」


 私の蹴りを首に受けたライザーは大きく吹き飛んでいき屋上のフェンスに背中から激突しました。暫くぐったりとしていましたがクククッ、と笑いながら立ち上がりました。ですが直に怒りの表情を露わにしてこちらを睨んできます。


「不意打ちとはやってくれたな!もう容赦はせんぞ!!」


 怒りを露わにしながらライザーは私たちに激しい炎を飛ばしてくる。


「水よ!壁となり私たちを守りなさい!」


 朱乃先輩は魔力で水を操りライザーの炎を打ち消していく。


「何!?」
「よそ見はいけないよ!」


 驚くライザーの死角から祐斗先輩が魔剣を構えて向かっていく。ライザーも炎を剣のような形にして迎え撃つ。空中で激しく切り合いながらライザーは祐斗先輩に炎が纏った蹴りを繰り出した。


「ぐあッ!?」


 祐斗先輩はお腹を蹴られて苦痛の表情を浮かべたがそれに耐えてライザーに向かっていく。


「俺の攻撃を戦車でもないのに耐えただと!?」
「はあぁぁッ!!『牙突』!!」
「ぐあぁッッ!」


 祐斗先輩は閃光のような速さでライザーのお腹に魔剣を突き刺しました。


「雷よ、万の槍となり相手を射抜け、『万雷(ママラガン)』!!」


 朱乃先輩は上空から沢山の雷を落としてライザーに放ちます。


「喰らって溜まるか!」


 ライザーは空中を動き回り雷をかわします、ですが雷はライザーを追尾していきます。


「雷が追ってくるだと!?」


 ライザーのお腹にはさっき祐斗先輩が刺した魔剣が刺さっていた。確かあれは電気を吸い寄せる力を持った魔剣だったはずです。それが雷を引き寄せているんだ。


「か、かわしきれ……グアアァァァアアッッ!!?」


 そして追尾する雷を受けてしまったライザーは苦しそうに声を上げる。でもまだライザーを倒すには足りません。私は大きく跳躍してライザーの首めがけて左腕でラリアットをします。


「『喧嘩ボンバー』です!!」
 

 そして体勢を崩したライザーの足を掴んで逆さまにしてそこに自分の両足をライザーの足に合わせて落下する。


「『メガトン・小猫落とし』!!」
「ゲホォォッ!?」


 ライザーは頭から屋上に落下して膝まで埋もれてしまいました。ですが直に背中に炎の翼を出して飛び上がってきました。


「火の鳥と鳳凰!そして不死鳥フェニックスと称えられた我が一族の業火!その身で受けて消えろ!!」


 そして先ほどよりも遥かに大きな炎の球を生み出して此方に投げつけてきました。


「水よ!!」


 朱乃先輩は水の壁で防ごうとしましたが今度は水の壁が蒸発して消えてしまいました。


「魔剣創造!!」


 祐斗先輩は魔剣を壁のように出して防御する体制に入りました。


「私が部長を守ります。二人は防御を!」


 私は部長の前に立ち腕を組んで待ちかまえます。そして炎の球が私たちに向かってきました。


「ぐッ……凄い熱さ……」


 必死で耐えますが凄まじい熱量です、でも負けません。私は必死でガードを続けました。暫くしてようやく炎が消えてきましたが私は大きなダメージを受けてしまいました。祐斗先輩も朱乃先輩も耐えれたようですが二人も大きなダメージを受けていました。


「どうだ、お前達がどれだけ攻撃を重ねても俺は倒せない……俺は不死身のフェニックス!お前らじゃ俺には勝てないんだよッッ!!」


 ライザーは受けた傷を再生させながらそう吠える。確かにあれだけ攻撃しても倒れないとは……これがフェニックスの力ですか……


「なら倒れるまで攻撃し続けるまでです!!」


 私たちは再びライザーに攻撃を仕掛けました。



ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


side:イッセー


「イッセーさん、この食材はここに置いておけばよろしいでしょうか?」
「ああ、そこに置いといてくれ」
「師匠~!師匠が頼んでいた食材を持ってきましたよ~」
「お、ありがとうな。魔法ってのは本当に便利だな」


 俺とアーシア、そしてルフェイは俺の家で祝勝会の準備をしていた。えっ、気が早いって?こういうのは早めに用意しとくもんだろ。


「でもイッセーさん、小猫ちゃんたちは大丈夫でしょうか?」


 隣で作業をしていたアーシアが心配そうな表情で俺を見ていた。今レーティングゲームで戦っている小猫ちゃんたちが心配なんだろう。


「それは俺にも分からないよ。勝てるかどうかは小猫ちゃんたち次第だ」
「それはそうですが……」
「俺たちは皆の勝利を祈るしかないんだ。だから信じて待っていようぜ」
「……そうですね、私も一生懸命祈ります!」
「ああ、その域だ」


 あれはアーシアの頭を撫でながらそう話す。アーシアはえへへっと可愛らしく笑いながら俺に撫でられている。


「師匠、アーシアさんとイチャついてないでこっちを手伝ってくださいよ」
「ああ、今行くよ」


 頑張れよ、リアスさん、朱乃さん、祐斗、そして小猫ちゃん!



ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


side:小猫


「はぁ……はぁ……」
「ぐッ、何てしぶとい奴らだ……」


 あれから何分、いや何十分戦っているのでしょうか?それが分からないくらいの時間が流れていました。何度も何度もライザーに攻撃を繰り返してきましたが流石にこちらも消耗が激しいです。祐斗先輩も朱乃先輩も身体中に火傷を負ってボロボロの状態です……


「皆……」


 部長も後ろで心配そうに私たちを見ています。


「リアス、あれだけ大口を叩いたくせに自分は安全な後方で見学か!グレモリー家は慈愛に満ちた一族と聞いていたがとんだ白状者だな!」
「ッッ!」


 部長はライザーの挑発を聞いて前に出ようとしましたが踏みとどまりました。


「何だ!臆病風に吹かれたのか?これだけ言われても言い返しもしないのか?つまらない女だな!!」


 ライザーは尚も部長を挑発しますが部長は歯を食いしばって耐えています。


「さっきから煩いですわ、焼き鳥はよく泣きますのね」
「な、何だと!?」
「同感だね、貴方ごときの相手に部長が出てくる必要はないよ」
「はい、焼き鳥の相手は私たちだけで十分です」
「き、貴様ら……ッッ!!?」


 私たちは逆にライザーを挑発します。相手も強気でいますが先程から再生する速度が落ちてきています。
 部長の話によればフェニックスを倒す方法としては再生できないほどの一撃を与えるか精神的に追い詰める方法があるそうです。回復する速度が落ちた、つまり今ライザーは精神的に追い詰められている状況だということです。


「もうお遊びは終わりだ!そろそろケリをつけてやる!」


 ライザーは炎を纏った拳を振り上げて私に向かってきました。回避しようとしますが火傷のせいで体が上手く動きませんでした。私は腕を組んで防御の体制を取ります。


「ぐうう……ッ!」


 両手が焼かれ激しい痛みが走りますが何とか防御できました。でもライザーは追撃で私に攻撃しようとしました。


「させませんわ!」


 でも朱乃先輩が雷を放ってライザーを引き離してくれました。


「小賢しいッ!!」


 でも朱乃先輩はライザーに殴られて吹き飛んでしまいます。


「そこだ!」


 祐斗先輩が一瞬の隙をついてライザーの右腕を斬り飛ばしました。でも左の腕で首を掴まれてしまいました。


「燃えろ!!」


 ライザーは左手から炎を出して祐斗先輩を吹き飛ばしました。


「このぉッ!!」


 私は背後から殴りかかりますがライザーは攻撃をかわして私の首を再生した右腕で掴んで宙づりにしました。


「ぐうぅ……」


 徐々に力を込められていき私の意識が薄れていきます。


「もう諦めろ、そうすれば助けてやるぞ?」
「……お断りです。私は最後まで諦めません!」


 私は足でライザーの右目を蹴りました。


「ぐああぁぁぁッッ!?」


 そして怯んだ隙に右腕を外して足払いをしてライザーを倒しました。そして倒れているライザーの背中に回り込み首から顎を掴み海老反り状にします。


「『キャメルクラッチ』です……!!」


 ライザーを海老反り状にしたままどんどん力を込めていく。ですがライザーも無抵抗ではなく背中から炎を出して私の体を焼いていきます。でもこの手は絶対に離しません!!


「は、離せぇぇぇッッ!!」
「やあああぁぁぁぁッッ!!」


 暫くは耐えていましたが等々ライザーから手を離してしまいました。両手は焼けてしまいもう打撃も寝技も出来そうにありません。


「耐えたぞ、俺の勝ちだ……!!フハハハハハッッ!!!」


 ライザーは笑いながら私にトドメを刺そうと炎を出しました。もう動けません、ここまで何でしょうか……


「皆、ありがとう。皆のお蔭で魔力が溜まったわ」


 その時だった。背後から凄まじい魔力を感じてライザーが攻撃を中断しました。私は部長の方を見ると部長の両手には巨大な滅びの魔力が集まっていた。


「な、何だ……この凄まじい魔力は……ッ!?」
「ライザー、これが私の切り札よ。溜めて溜めて溜めぬいた滅びの魔力を圧縮して一気に相手に放つ……名付けて『紅き滅殺の魔閃光(クリムゾン・ルイン・フラッシュ)』よ!!」
「先程から攻撃してこなかったのはその技を放つ為か……ッ!」
「そう、小猫たちが身体をはって時間を稼いでくれたおかげでこうして完成させることが出来た……お望みどおりに今から私が相手になるわ」
「グゥッ!?(ま、不味い……今の俺はこいつらとの戦いで疲労している……そんな状態であれを喰らったら……)ここは一度引かせてもら……ッ!?」


 ライザーは飛んで逃げようとしましたが足がガクンと引っ張られるように体制を崩しました。ライザーの足を見るとそこには魔剣が刺さっていました。


「逃がしはしないよ……」
「こ、こいつッ!?」


 祐斗先輩はボロボロになりながらもライザーを足止めしていました。


「こんなもの直に抜いて……」


 ライザーは足に刺さっていた魔剣を抜こうとしましたがそれよりも早くライザーの周りに鎖が現れてライザーを捕らえました。


「う、動けん……ッッ!?」
「北欧の魔法で作った鎖はどうかしら?強度はあまりないですが一瞬動きを止める位なら十分ですわ」


 部長は両手に圧縮された滅びの魔力をライザーに向けました。


「これで終わりよ、ライザー!!『紅き滅殺の魔閃光』!!」
「ク、クソオオオォォォォォォォォッッッ!!!」


 ライザーは最後の叫びを上げて部長の放った紅き滅殺の魔閃光に飲み込まれていきました。そして部長の攻撃が終わるとライザーはもうそこにはいませんでした。


『ライザー・フェニックス様、戦闘不能!よってこのゲーム、リアス・グレモリー様の勝利です!』


 私たちはそのアナウンスを聞いて暫く固まっていましたが次第に私たちが勝ったんだと理解することができました。


「やった……私たちが勝ったんだ……ッッ!」
「「「「やったーーーッツッ!!!」


 私たちは腕を振り上げながら叫びました、私たちあのライザー・フェニックスに勝ったんです!!


「皆ッ!」


 部長は涙を流しながら私たちを抱きしめました。


「本当にありがとう!貴方たちは最高の眷属よ!」
「部長、これであなたは自由になれましたね。僕も嬉しいです」
「ふふっ、良かったわね、リアス。そういってもらえると親友として頑張った甲斐がありますわ」
「私も頑張りましたよ、部長、褒めてください」
「ええ、小猫の仙術も凄かったわ。流石恋する女の子は強いわね」
「勿論です」


 エッヘンと胸を張る私を見て部長達は笑っていました。そうだ、このことを早くイッセー先輩にも報告しなくちゃ!
 そう思って早く帰ろうとしましたが部長に首根っこを掴まれてしまいました。


「こら、貴方が会いに行きたい人がいるのは分かるけどまずは怪我を治さないと。服もボロボロだしそんな状態じゃ女の子として恥ずかしいでしょ?」


 確かに私たちの着ている制服は激しい戦いでボロボロになっています。


「うぅ~、速くイッセー先輩に会いたいです……」
「本当に吹っ切れたわね、貴方……」


 部長がちょっと呆れたようにジト目で見てきますが仕方ないんです、先輩に会いたいって体が欲してるんですもん。そう言うと部長達はアハハと笑いだしました。もう笑わないでください!!



ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


side??


 レーティングゲームを観戦するために用意されたVIPルーム、そこにリアスによく似た赤い髪の男性がモニター越しにリアス達を見ていた。


「まさかリアスがライザー・フェニックス君に勝つとは……」


 彼の名はサーゼクス・ルシファー。リアスの実の兄であり冥界に四人いる魔王の称号『ルシファー』を持つ男である。


「サーゼクス様」


 そこに銀髪の女性、グレイフィアが現れた。彼女は魔王サーゼクス・ルシファーの女王であり今回のレーティングゲームで審判役を務めた。


「やあグレイフィア、今は二人っきりなんだからいつもの口調でもいいんだよ?」
「そうはいきません、今は仕事中ですので」
「相変わらず真面目だね、ところで父上とフェニックス卿は何だって?」
「お二人は今回の縁談は破棄でいいとの事です。特にフェニックス卿は息子に敗北を与えてくれたことに感謝したいと……」
「そうか、まあ遺恨が残らなくてよかったよ」
「……サーゼクス様はこうなると予想していたのですか?」
「いや、僕もリアスが勝つとは思ってなかったよ。リアスが勝ったのは個人的には嬉しいんだけどね」


 サーゼクスは妹を溺愛していた。今回の縁談も出来れば断りたかった。しかし自分は魔王であり私情を挟む訳にはいかなかった。だから心を鬼にして縁談を仕組んだ。そしてリアスを納得させる為に今回のレーティングゲームを持ち掛けたのだ。 
 今回のレーティングゲームは出来レースだとサーゼクスは思っていた。レーティングゲーム経験者にて不死身の力を持つライザー・フェニックスとまだ若く眷属も経験も少ないリアス・グレモリー……どちらが勝つかなど一目瞭然……そういわれていた。
 だが結果を見ればリアスは勝ってしまった。


「たった10日間であれだけの成長……君はどう思う?」
「間違いなく何者かの介入があったかと」
「だよね……」


 サーゼクスはリアスたちの成長に疑問を持っていた。別に妹を弱いなんて思っていない、寧ろ才能もあるしこれから実力をあげていくとサーゼクスは思っていた。だがそれは長い目で見た場合だ。たった10日間であそこまで強くなるのは難しい、少なくともリアスたちだけでは到底不可能だ。間違いなく何者かが介入したとしか思えない。


「リアスたちが修行中の光景を僕たちは知らない、その時に何かあったのか……グレイフィア、リアスが修行中に誰かが接触したって事はないよね?」
「はい、公平を守るために我々が接触するのは控えてました、ですので我々以外の人物しか接触は出来ないかと……」
「そうか……グレイフィア、念のために調査をしておいてくれ」
「了解しました」


 魔王サーゼクスはリアスたちを強くした何者かに対し強い興味をもったようだ。それがイッセーにどのような影響をもたらすのかは今は分からない……




ーーーーーーーーー

ーーーーーー

ーーー


side:小猫


「早く、早く行きましょう!」
「わ、分かったからそんなに慌てないで頂戴!」


 レーティングゲームを終えて三日が過ぎました。怪我は『フェニックスの涙』というアイテムを使ったらあっという間に治ってしまいました。流石は不死鳥と謡われたフェニックス家が作ったものですね。ですが体力までは回復しなかったので三日も過ぎてしまいました。
 三日もイッセー先輩に会えなくて寂しかったけどようやく会えますね。


「小猫ちゃん、嬉しそうですね」
「昨日イッセー君からLINEが来てからあんなにニコニコして……羨ましいですわ」


 そうなんです!昨日イッセー先輩からLINEが来て祝勝会を開くから家に来てくれって書いてあったんです!先輩ったら私たちの勝ちを当り前のように思ってくれるなんて……もうますます好きになっちゃいますよ……♡


「あ、見えてきましたよ!」


 住宅街を歩いているとイッセー先輩の家が見えてきました。


「へえ、あれがイッセー君の住んでいる家なんだ」
「けっこう大きな家に住んでますのね」


 私たちは先輩の家の前に立ちインターホンを押す。すると玄関の扉が開いてアーシアさんが出てきた。


「皆さん、お待ちしていました」
「アーシアさん、態々出迎えて頂いてありがとうございます」
「私いてもたってもいられなくて……皆さんがご無事で良かったです」


 アーシアさんは本当に優しい人ですね。恋のライバルとして見習いたいです。


「さあ皆さん入ってください、イッセーさんとルフェイさんもお待ちです!」
「先輩が!?こうしちゃいられません!」


 私は素早く靴を抜いてそろえる、そして急ぎ足で先輩の元に向かいます。リビングに入ると中にはエプロンを着た先輩がいて私を見つけるとおっ、と言いながら手を振ってくれました。


「小猫ちゃん、よく来てくれ……」
「先輩!」
「おわあッッ!?」


 私は先輩が話しているのも構わずに先輩に抱き着きました。


「先輩、会いたかったです……ふふっ、三日ぶりの先輩の温もりを感じます……」
「こ、小猫ちゃん……?」
『様子がおかしくないか?何と言うか吹っ切れたように見えるが……』


 先輩とドライグが何か話してますが私は抱きしめる力を強めて先輩の胸板に頭を擦り付けます。ああ、想いを自覚するとこんなにも違うんですね、この人が愛しいっていう気持ちがどんどんあふれる位出てきます。


「あらあら、小猫ったら早速お熱いわね」
「お邪魔するね、イッセー君」
「あら、綺麗に整頓されてますね。男の子の家に入ったのは初めてですがイッセー君はしっかりされていますのね」


 先輩の温もりを堪能していましたがそこに部長達もリビングに入ってきました。


「イッセー、お邪魔するわね。お蔭さまでレーティングゲームに勝つことが出来たわ。本当にありがとう。それに態々祝勝会を開いてくれるなんて……貴方には世話になってばかりね」
「気にしないでください、俺が馬鹿騒ぎしたいだけですから」
「そんな、それじゃ悪いわ。もし貴方が何か困ったら私に相談して頂戴、力になるわ」
「ならその時にお願いしますね。ささっ、それよりも今は祝勝会です、そこの席に座ってください。今料理を持ってきますから」


 先輩は私から離れてキッチンに入っていきます。先ほどから美味しそうな匂いがしていたので楽しみです。


「うわあぁ……ッ!」


 先輩が大きなお皿を持ってきてテーブルの上に置きました。お皿には空揚げや串カツ、チャーシューやエビフライ、色んなおかずが乗ったオードブルを前菜にカルボナーラやピザ、何とお寿司まで出てきました。


「凄いご馳走ね。もしかしてイッセーが作ったの?」
「ええ、これでも料理研究部の部長ですからね、アーシアやルフェイも手伝ってくれました」
「あらあら、女として複雑な気分ですわ」


 流石イッセー先輩です。まさかお寿司まで握れちゃうなんて凄すぎます。一通り料理が運ばれてきたので私たちはジュースの入ったグラスを持って乾杯します。


「じゃあ乾杯する前にリアスさんに一言お願いします」
「ええっ、私ッ!?それじゃあゴホンッ!……今回は私の為に色々してくれてありがとう。皆には迷惑かけちゃったけど本当に感謝しています。私の眷属は勿論の事イッセーやアーシア、ルフェイといった多くの人が助けてくれたから今回の勝ちを拾う事が出来ました。では今回のレーティングゲームを勝った記念として……乾杯ッ!!」
「「「「「かんぱーーーいッッッ!!」」」」」


 カーンとグラスを合わせてグイッとジュースを飲んでいきます。ぷはぁ、美味しいです。そこからは無礼講になって普段はあまり食べない祐斗先輩もかなりの量を食べていたし部長と朱乃さんが歌を歌ったりルフェイさんが魔術で手品をしたりしていました。
 私はイッセー先輩にあーんしたり逆にしてもらったりといっぱいイチャイチャできました。でもアーシアさんも負け時と先輩にくっついていました。


「けぷっ……お腹いっぱいです……」


 出された料理も殆ど食べてしまい皆満足そうです。


「ねえ皆、折角だしこれからカラオケにでもいかない?もうちょっとはしゃいでいたい気分なの」
「おお、いいですね。祐斗、二人でアニソンでも歌おうぜ」
「うん、いいね」
「なら私はアーシアちゃんとラブソングを歌ってみたいですわ」
「ラ、ラブソングですか!私、いっぱい想いを込めて歌います!」
「なら私は今流行りの魔法少女の歌でも歌おうかなー」


 どうやら二次会はカラオケで決まったようですね。あ、そうだ……


「あの、イッセー先輩……ちょっといいですか?」
「うん、どうしたんだ小猫ちゃん?」
「その……二人っきりで話したいことがあるんです……」





ーーーーーーーー

ーーーーー

ーーー


 私は部長にお願いして皆を連れて先にカラオケ店に向かってもらいました。ですので今先輩の家にいるのは私とイッセー先輩だけです。


「それで小猫ちゃん、話って何だ?」
「先輩は覚えてますか?修行していた10日目の夜に話したことを……」
「ああ、レーティングゲームを終えたら話したいことがあるって言ってたよな」


 先輩、ちゃんと覚えていてくれたんですね……


「もしかして今から話したいことってそのことか?」
「はい、先輩には知っていてほしいんです、私の正体を……」


 私は頭に耳を、お尻に尻尾をだしてイッセー先輩に見せます。


「それは猫又の尻尾と耳……小猫ちゃんは猫又だったのか」
「知っているんですか?……はい、私は猫又という妖怪です。それも稀な存在である猫魈の末裔です」
「猫魈……」


 それから私は幼少の頃から各地を姉と共に彷徨っていた事、その姉と離れ離れになってしまった事、そしてリアス様の眷属になったことを全部話しました。


「……苦労していたんだな、小猫ちゃん」
「……先輩は私を怖いって思わないですか?」
「思わないよ。俺だって神器を持ってるから迫害される者の気持ちも分からなくはない。それに……」


 先輩はそっと私を包み込むように抱きしめてくれました。


「言っただろう?俺にとって重要なのは『塔城小猫』という一人の少女と出会えたことが一番嬉しいんだ。だから小猫ちゃんが妖怪でも関係ない、寧ろその耳と尻尾は可愛らしいと思う。小猫ちゃんによく似合ってるよ」
「先輩……はい」


 嬉しい……私はイッセー先輩と会えて本当に幸せです……でも今の私はちょっと欲張りになっちゃいました。このまま先輩と後輩の関係は嫌です。今ならチャンスですし……うん、今こそ先輩に想いを伝えます!


「あの先輩……私、もう一つ先輩に言いたいことがあるんです」
「ん、何だ?」
「あの……私、私……先輩の事が……す、す……好……ッッ!」


 ガシャンッ!


 ふわっ、何でしょうか!?何か扉から音がしたのでそちらを見てみると……


「…………」
「…………」


 扉からこっそりとこちらを見ている部長たちと目が合いました。


「……どうしてここにいるんですか?」
「……その、気になっちゃったからつい……」
「……」
「……えへ、ごめんね」


 ……ふふふっ、そうですか、気になっちゃっいましたか……


「もーーーッッッ!!!何やってるんですかーーーッッッ!!!」
「ご、ごめんなさい!でもね小猫、私は止めようって言ったんだけど朱乃がどうしても見たいって……」
「ちょっと、確かに言い出したのは私ですけどリアスだってノリノリじゃなかったかしら?」
「そ、そんなことないわよ!」
「ううっ、部長に言われたからって親友と妹のように思ってた女の子との逢引きをのぞき見しちゃうなんて騎士失格だよ……」
「はわわ、小猫ちゃん積極的です。私も負けていられません!」
「いやー、師匠も隅に置けないですね♪」


 うう、もう滅茶苦茶です。折角いい雰囲気だったのに……


「なあ、さっき言いかけていた事って何だったんだ?」
「あ、その……やっぱり今はいいです。また次の機会に話します」
「そうか。分かったよ」


 ……でもこのままお終いっていうのも嫌ですね。あ、そうだ。


「先輩、ちょっと屈んでもらえますか?私の目線と合うくらいに」
「こうか?」


 先輩は私の言う通りに目線が合うくらいに屈んでくれました。


「はい、それで大丈夫です」
「そうか。んで、これでどう……むぐっ!?」
「ん……」


 チュッ……


 私は先輩の頬に手を添えて先輩の唇に私の唇を重ねました。先輩は驚いたように固まってしまい他の人たちもポカーンとした表情を浮かべていましたが私は構わず先輩との口づけを続けました。そして数秒が過ぎた所で唇を離しました。


「こ、小猫ちゃん!?何を……!?」
「お礼です。私を助けてくれた白馬の王子様にファーストキスをあげました」
「いやお礼って……女の子が簡単に唇をだな……」
「先輩、行きましょう!」
「え、あ、ちょ……!?」


 顔を真っ赤にする先輩の手を取って外に向かいました。後ろで何か騒いでるような声が聞こえてきましたが今はどうだっていいです。


(先輩、私、もっともっと素敵な女の子になります。そして必ず貴方の最愛を勝ち取って見せます!)


 だから今はこれでいい。いつだって先輩が傍にいてくれますから。



「これからもよろしくお願いしますね、イッセー先輩♪」




 
 

 
後書き
 こんにちは、小猫です。遂に先輩と初キッスが出来ました!この調子でもっと深い仲に……おや、部長どうしたんですか?……ええっ!?私がイッセー先輩の家に住むことになったですって!?次回15話『先輩と同居ですか!?お引っ越しと狙えフグ鯨!?』でお会いしましょう。にゃん。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧