| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

設定
  フェニックスの能力について

 
前書き
二次設定のフェニックス完全体が女神アマテラスオオミカミだったのは意外でした。

三次設定で考えていたものをベースにアマテラスの要素を抜いたものがこちらになります。

本編はアマテラスで書きますよ。
 

 
不死火鳥(フェニックス)

三位一体の『精神』

攻撃に秀でた特性を持つ。

『矛』の役割を担う。

色は『赤』

──────────

原典(オリジン)

永遠の時を生き、涙は癒しを(もたら)し、血を口にすると不老不死の命を授かり、火の中に飛び込んで新生すると言われる伝説の鳥。

一番有名で正統派の
自然精霊的なフェニックス。

────────────

神性(ディバイン)


『太陽の目(ラーの目)』

神罰の光を出して敵を焼き尽くす。

──────────────

セクメト(破壊)の性質

─────────────

ゼウス(天候)

────────────
■■■■■■■■■■■■

命廻天翔(フェネクス)

三位一体の『魂』

治癒に秀でた特性を持つ。

『鎧』の役割を担う。

色は『黄』

──────────

原典(オリジン)

アレイスター・クロウリー版の『ソロモン七十二柱』である悪魔《フェネクス》

───────────

神性(ディバイン)


『月の目(ウジャトの目)』

千里眼、再生、癒し、魔除け、守護、光、完全などの力を持っているという。

────────────

アメン(天候)

───────────

オシリス(冥界、生産)

─────────
■■■■■■■■■■

理論不死(フェネシス)

三位一体の『肉体』

防御に秀でた特性を持つ。

『盾』の役割を担う。

色は『青』

─────────

原典(オリジン)

古代フェニキアの
『護国の鳥』《フェニキアクス》

聖書の『創世記(ジェネシス)

───────────────

神性(ディバイン)


フェニキア(守護)

───────────

ユピテル(天候)

───────────

ソロモン七十二柱の悪魔《アモン》

悪魔の君主の中でも最も強靭という。

召喚した者に過去と未来の知識を教えたり、人同士の不和を招いたり、逆に和解させたりできる。

神性としては
『強い体』
『時間視』
『調和』
『不和』

─────────────
■■■■■■■■■■■■■

赤・青・黄を混ぜると原理的に黒くなる。

─────────────
■■■■■■■■■■■■■

《三次設定版のフェニックス完全体》

【ベンヌ】

エジプトに伝わる不死の霊鳥。

黄金に輝く青鷺(あおさぎ)

『朝日』という意味もあるそう。

フェニックスやホルスのモデル、起源ともされ、アトゥム、ラー、オシリスの魂とも考えられている。

この世に最初に誕生した鳥であることからベンヌの鳴き声によって、この世の時間が始まったという。

『時の循環』や『死後の復活』も
象徴するとされる。

神性は
『時間創造』
『時間循環』
『誕生』
『輪廻転生』

─────────
■■■■■■■■■

三羽のフェニックスは同一・習合・関連がある存在の神性(ディバイン)も使えるという設定があります。

ここからはそれを書きます。

────────────

フェネクス(声・音)

───────────

ラーとウジャトの目は『ホルスの目』とも言われるのでエジプトの《ホルス》

───────────

ホルスとラーが習合した
《ラー・ホルアクティ》

ホルアクティ(地平線のホルス)の名ではケプリ(太陽)、アトゥム(エジプト神話で天地創造の神)の性質を持つ。

───────────

《アメン》

元は大気の守護神で豊饒神。

アメンはラーと一体化して《ラー=アメン》になったことでエジプトの神々の王にして太陽神ともなる。

アメンは《ゼウス》と同一視された。

《ユピテル》はローマ神話の主神で
ゼウスと同一視される。

───────────

《セクメト》はラーの目から生まれた破壊の女神であり、ラーが自分を崇めない人間に復讐するため最強に造ったのでラーにも止められない。

人間を砂漠が赤く染まるほど殺戮した。

────────────

ソロモン七十二柱の《アモン》は
アメンが源流という説がある。

───────────────

ヘル=ラ=ハ(ギリシア語のホルス)

アレイスター・クロウリーの考えた
『セレマ』の神で、
《ホール=パアル=クラアト》と
《ラー=ホール=クイト》の面を持つ二重神。

物質的宇宙の形を取った
《ハディート》の反射(投射)。

ハディートは幻想殺しの中の人候補として昔から言われてきたセレマの第二神。

───────────

上に書いた神性と全部足した力を全て使えるのが三次設定にある『神群体』になります。

全てを纏める本体の候補として《ヘル=ラ=ハ》か《ラー=ホール=クイト》を考えていました。

イタリア語で不死鳥の【フェニーチェ】も某有名漫画のゲームに出てくるオリキャラの名前で見かけて、良いなと思ったので、それを神群体の名前にしようかなとも考えています。

この神群体は禁書の設定上だと、
ほぼ無敵に近い存在になりますね。

ハディートの上に位置するセレマの第一神、女神《ヌイト》は『ホルスの時代』で最高の神格です。

その配偶神である第二神ハディートが神群体の一柱になっている時点でエイワスではどうにもなりません。
 
 

 
後書き
夢絶さんの方の神群体も、ここまでではなくとも相当厄介な存在ですよ。

あ、アマテラスの炎が何で黒いのか理由と解説を書くの忘れてた。何時か書けるかな。追記するかもしれません。

シリウスさんと箱部宗次郎さんの関係も書く機会があれば良いな。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧