| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

設定
  住吉 友治

 
前書き
;´Д`)φ 

 
住吉友治(すみよしゆうじ)

性別・男

年齢・19才

一人称・俺

─────────────

身長188㎝

体重86㎏

──────────────

《性格》

世話焼き/親切/純情/一途

────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【あんさんぶるスターズ!】

[鬼龍紅郎/きりゅうくろう]

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

親友の《天津光矢(あまつこうや)》が冤罪(えんざい)で捕まり死亡したという話を聞き、事件の真相を追っていた。

その途中で【無白の証明(イノセントゲイン)】の《坂本龍次》に誘われ同じ組織に入る。

一年ほど活動をして生きていた光矢を見付け出すが、彼は実験の結果、『絶対能力者(レベル6)』となり洗脳されてしまっていた。

光矢と戦って何とか正気に戻すことに成功し、無事学校にも復帰を果たしたが二人とも留年している。

成績はもっと上を狙えるのだが、常に6~9番目をキープして微妙に注目されないよう気を配っているらしい。

親友を助けて暫く経った現在でも『無白の証明』に残ってメンバーとして活動中。

【鋭利学園高校】の三年生であり、現在は【監獄の騎士(シュプリンガー)】のリーダーを勤めている《犬神爪牙》とは留年仲間。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

とびっきり優秀な剣の有段者だったのだが、日本では真剣勝負をすることが出来ないので、世界中を回って色々な所で戦いを行ってきた。

その際に【異国の法螺吹き(エクスチックジョーカー)】の最上級幹部で組織の象徴となっている神を守護する三神官の一人《ガレス・クロム》と一戦を交えて引き分けている。

しかし友治は、もしもガレスに本気を出されていたのなら、自分は死んでいたと(こぼ)す。

その後の友治は日本に帰ってきてからというもの更に鍛えるようになり、能力も剣技も一段と引き上げられ、まるで別人のように強くなった。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《友治の武器》

雷切(らいきり)

《立花道雪》の刀で柄に『鳥の飾り』を付けていたので初めは【千鳥(ちどり)】と呼ばれていた。

ある日、道雪は夕立(ゆうだち)で落ちかけた
雷の中に居た[雷神]を斬ったのだという。

この出来事で刀の名を《雷切丸》に改めた。

道雪の死後は養子だった
《立花宗茂》の所有物となる。

宗茂は《加藤清正》から「日本軍第一の勇将」と絶賛され、《豊臣秀吉》からは「東の《本多忠勝》、西の《立花宗茂》、東西無双」と評されており、武将としての器量を高く褒め称えられた。

「西国一の猛将で、比類無き武芸の達人」だという評価も受けているほど『将』としても、一人の『兵』としても優れた人物だったそう。

《徳川家康》は宗茂を畏敬し賞賛していたと言われ、【大坂冬の陣】では彼が豊臣方へ(くみ)するのを恐れ、懸命に説得したらしい。

他にも家康が《本多正信》と話して宗茂を絶賛した記録もあり、次のようなもの。

正信が《武田信玄》、《上杉謙信》、《織田信長》など名だたる武将と比肩(匹敵する、並ぶ者と)して、「殿(家康)がそのように褒める方は誰に」と問うた。

正信によると家康から返ってきた答えは「(おっしゃ)るに、『天下に隠れ無き立花宗茂が事よ』と(のたま)った」のだという。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

荒破征嵐(トルスペリエ)

[レベル6.7~6.9]

主に風・雨・雷・雲を生み出して操る。

天候操作、自然干渉、超常現象の発生といった系統に分類される力だと考えられる。

例え地球上の風雨や雷雲が発生することなど有り得ない場所でも嵐を引き起こす。

またそれ等の性質や形状を変化させ、
物理以外のものにも影響を与えられる。

星を動かし、空間を割り、時間を乱して、次元を(きし)ませ、運命の糸をも引き千切るだけの強大な力を発することが可能だという。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《神性/DIVINE/ディバイン》

【ペルクナス】

バルト(リトアニア)神話の神。

スラヴの《ペルーン》やギリシアの《ゼウス》に相当する高位の雷神として知られる。

斧を武器として、山羊に引かれた二輪の戦車で天を駆け、移動を行うという。

ギリシア神話の《ヘファイストス》のように【鍛冶】の神としての特徴も備えているらしい。

神話では《ディエヴァス》に次ぐ地位と力を持ち、他の神々より上位に在る高尚で恐ろしい神。

月の神《メヌオ》を『黄金の樫の木』も真っ二つにする稲妻で切り裂いたことが有る。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ピクラス】

《パトリムナス》や《ペルクナス》と共に
リトアニア神話の主要な三神の一柱。

地獄を根城にして『不幸』、『悪』、『憎悪』などを象徴するという戦いと死の神。

北欧神話で主神を勤め、戦争と死と魔術を司るという《オーディン》と類似が認められている。

────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【パトリムパス】

雷神ペルクナス、死神ピクラスと共に主要な神であり、『三位一体』を構成していたという。

穀物の神。

後に色々な神と統合されており、

流水







大地

幸福

豊饒などの様々な性質も得た。

『人間の最も基本的な欲求を満足させる為に必要な、あらゆるものを授与してくれる』という『水』の神でもあり、生物の『成長』を促すという。

《ピクラス》と《パトリムパス》は友治が【異国の法螺吹き(エクスチックジョーカー)】の魔術師《ガレス・クロム》と戦った後で友治に宿った。 
 

 
後書き
「暇だから別で誰かの話でも書こうかな」
(´・ω・`)

「名無、遂に俺の出番か?」
( ゚д゚)

「まだ書くかは解らないよ友治君。もし書いたらこうなるんだろうなという内容はぼんやりと考えているけど」
(´-ω-`) 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧