| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

設定
  監獄の騎士

 
前書き
_φ(゚Д゚ ) 

 
監獄の騎士(シュプリンガー)



学園都市と第0学区の能力犯罪刑務所に収監されている能力犯罪者の中でも戦闘型、非戦闘型を問わず、強い力を持つ者を集めて創られた組織。


主に暗部のような裏の仕事を任務とし、腐敗区でよく見かけられる『処理者』と行動しながら死体(ゴミ)拾い等をすることが多い。

ただ、第0学区で戦闘をする場合、学園都市で開発された能力者の場合は肉体のレベルが足らず死亡することがよくある。


報酬は金銭ではなく刑務所に入っていなければならない期間である『刑期』の短縮となっている。


刑期がゼロになって釈放され出所した者の中で、冤罪とされる者の約半分は学園都市の上層部に対して反抗する勢力や抵抗組織に何らかの形で協力している。

名前を上げると『青い正義(バッドジャスティス)』や『SUBJECT』などが学園都市と敵対している組織である。


その中でも『OBJECT』はメンバーの人数こそ少ないものの、『SUBJECT』にとっての本体や司令塔とも言える強大な存在であり、その危険度は『国際的過激派武装組織(IVA(イヴァ))』に指定されている《Peace(ピース) Maker(メイカー)》と比べても引けは取らない。


無白の証明(イノセント・ゲイン)』は別に学園都市に対して恨みがあるわけでなく、冤罪を起こした者に復讐することが組織の目的の一つなだけ。

監獄の騎士と無白の証明は刑務所の内外で情報をやり取りしている。



監獄の騎士の起源は千年前の第0学区にまで遡る。

当時問題になっていた能力犯罪者を有効に活用する方法の解決策として提案されたのが今の組織のシステムである。

つまり刑期を減らす代わりに危険な汚れ仕事を任せるといった内容だった。

学園都市にこのやり方が導入されたのが40年ほど前であり、『監獄の騎士』の名はその頃に付けられた。


あまりいないが出所しても組織に在籍する者がいる。

 
 

 
後書き
偽悪の英雄の方で書いた地下魔術編のストーリーに出てきた『犬神爪牙』君が現在のリーダーです。

実は旧版の二次で夢絶さんにやられたザコ師匠も元メンバーですが、あの人は運で生き残っただけです。

彼はレベル4だったので学園都市の基準では強いんですが、腐敗区の任務ではモブ能力者すら地上のレベル4を超える者が幾らでもいるので他の強い仲間に任せていました。

まあそうしないと死んでましたけど。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧