| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

設定
  坂本龍次

 
前書き
φ(-ω- ) 

 
坂本龍次(さかもとりゅうじ)

性別・男

一人称:俺/私

年齢:19才

──────────

身長:190㎝

体重:86㎏

──────────

《容姿モデル》


【イケメン王宮◇真夜中のシンデレラ】

[ゼノ=ジェラルド]

──────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《性格》

冷静沈着/堅実/慎重/謙虚

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

無白の証明(イノセントゲイン)】という組織に所属し、知り合いである《阿修羅王》の『神仏魔性(ディバイン)』を持った人物が巻き込まれた事件を調べている。

彼の素姓は全く判らず、組織の仲間にも
男だということしか把握されていない。

しかし仕事はキチンとこなすし他のメンバーとも良好の仲であり、戦力としても申し分ない強さなので周囲の人間からは信頼されている。

癖なのかは解らないが、常に気配を抑えて自分の意見を押し殺し、他の人より一歩後ろに退がって自分が目立とうとはしない。

気付くと其処に居ると言った感じ。

体術は現在の学園都市暗部で『最凶』の呼び声が高く、裏社会では都市伝説化している殺し屋の《下田暁》と渡り合えるほどのレベル。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

模倣偽装(カモフラージュ)

書庫(バンク)大能力者(レベル4)

本来はレベル6.6~???

普段の使用目的は、主に自分の外見を別人の姿へ見せることに利用することが多い。

どうやら生物、無生物の感覚や認識にも作用するようで、全く見抜くことが出来ないらしい。

本当の力は誰かの存在を(かたど)ってその力を扱うことと、世界のあらゆるものに対して象った存在と同じだと認識をさせること。

魔術の魔神でも見抜けない精度で対象を再現することが可能な神の贋作(がんさく)や偽装とも言える力。

観測者効果では観測者が『観測』を行うことで観測する対象が存在することを認識し把握させる。

そして観測者が現在の状態を思うことで、
観測した対象の『状態』が確定される。

これを利用して、ほぼ完璧なレベルでの
偽装・隠蔽・模倣が可能。

つまりは自分が『観測される側になる』能力ということであり、観測者の立場になるのは『自分以外の全て』ということである。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《神仏魔性/ディバイン/DIVINE》

【ハルファス】

『ゴエティア』ではソロモン72柱の悪魔。

序列は38番で26の軍団を率いる地獄の伯爵。

塔あるいは町を建設し、武器弾薬を満たしたり、命じられた場所に軍勢を送り込む力を持つ。

時には町を焼き尽くし、剣を携えて邪悪な者を訪ねるということも有るらしい。

《ハルパス》や《マルサス》とも呼ばれ、共通の権能を持つ《マルファス》と同一視されたりするそう。

オリジナル設定により【SDガンダムGジェネレーション】シリーズのオリジナル機体である『黒い不死鳥』の異名を持つ《ハルファスガンダム》と同じような力を有す。

ビームサーベル

クロス・メガビームキャノン

フェザーファンネル

バーニングフレア

と言った高火力に加えて自己修復能力付き。

《フェニックスガンダム》と対になる機体だが総合性能では大きく上回るらしい。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【マルファス】

ソロモン72柱の悪魔。

地獄の40の軍団を率いる。

序列39番の強大な大総裁。

優れた使い魔を与えてくれる。

建築術に優れ、家屋や塔を造る力を持ち、敵の願望や思惑、その実行度合いについての情報をもたらすことが可能だと言われている。

家屋や塔は『城塞都市』を指す。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【ハルパス】

【マルサス】

二人ともハルファスと同じ悪魔。

────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【アカ・マナフ】

ダエーワの七大魔王。

アヴェスター語で『悪しき思考』。

《ウォフ・マナフ》の敵対者。

取り憑かれた人間は善悪の判断が付かなくなり、その選択は常に誤ったものになる。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【マーラ・パーピーヤス】

仏教では第六天魔王《波旬》。

《釈迦》が悟りを開く時に妨げた魔神。

愛神の《カーマ》と結び付けられカーマの別名、または《カーマ・マーラ》という神として、合わせて一つの概念とされることがある。

煩悩(ぼんのう)の化身であるマーラにとって釈迦が悟りを開くことは自身の破滅に繋がる大事。

《釈迦》の邪魔する為に美しく性技に長けた娘達を送っても誘惑に屈せず、恐ろしい形相の怪物達に襲わせても近付けず、岩石や武器を降らせて周囲を暗闇に覆っても動じず、最後にはマーラ自身が向かっていくも、振りかざした円盤が花輪と化してしまう有り様。

遂にマーラは敗北を認め釈迦は悟りを開いた。

[マーラ]の語義は『殺すもの』とも
『死』の人称形とも言われている。

[パーピーヤス]は『より以上悪いもの』。 
 

 
後書き
ハルファスだけでなく、マルファス、ハルパス、マルサスもハルファスガンダムと同じような力を使える設定になっています。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧