| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

陽の目を見ないのでたまには虫干しです

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

その他
  チャクラ

 
前書き
インドのヨガが元です。
使うとナルト的な要素もあります。 

 
チャクラ

Chakra

サンスクリット語で
『円』『車輪』『轆轤(ろくろ)』『円盤』など

────────────
第一のチャクラ

ムーラーダーラ・チャクラ


脊柱(せきちゅう)の基底』に当たる『会陰(肛門と性器の間)』にある。尾てい骨周辺。

ムーラ・アーダーラとは『根を支えるもの』の意。


チャクラ図では『赤の四花弁』を持ち、『地の元素』を象徴する『黄色い四角形』と『女性器(ヨーニ)』を象徴する『逆三角形』が描かれている。


三角形の中には『蛇』の姿をした女神『クンダリニー』が眠っている。

────────────────

第二のチャクラ

スワーディシュターナ・チャクラ


陰部にある。

スヴァ・アディシュターナは『自らの住処』を意味する。


『朱の六花弁』を有し、『水の元素』のシンボルである『三日月』が描かれている。

─────────────

第三のチャクラ

マニプーラ・チャクラ


腹部の『臍』の辺りにある。


マニプーラとは『宝珠の都市』という意味。


『十葉の青い花弁』を持ち『火の元素』を表す『赤い三角形』がある。

─────────────
■第四チャクラ

アナーハタ・チャクラ


『胸』にある。


『十二の金色の花弁』を持つ『赤い蓮華』として描かれ中に『六芒星』がある。


『風の元素』に関係する。


アナーハタとは『二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音』を指す。

────────────

第五チャクラ

ヴィシュッダ・チャクラ


『清浄なる輪』の意。


『喉』にある。


くすんだ紫色をした『十六の花弁』を持つ。


虚空(アーカーシャ)の元素』と関係がある。

────────────────

第六のチャクラ

アージュニャー・チャクラ

『眉間』にある。

インド人はこの位置にビンディを付ける。


『二枚の花弁』の『白い蓮華』の形に描かれる。


アージュニャーは『教令、教勅』を意味する。


(マナス)』と関係がある。

─────────────

第七チャクラ


サハスラーラ

『頭頂』にある。


sahasraは『千』

araは『()


『千の花弁の蓮華』である『千葉蓮華』で表される。


一説に『千手観音』の『千手千眼』はこのチャクラのことだという。


他のチャクラと異なり身体次元を超越しているとも考えられ、チャクラの内に入らないこともある。

───────────────■


20世紀のヨーガ行者『ヨーゲシヴァラナンダ』は主な6のチャクラに加えて臍の上の『スーリヤ・チャクラ』と『チャンドラ・チャクラ』を挙げている。

7のサハスラーラは別格。


───────────────■

チャクラは『霊的肉体』にあり、通常の人間には見えないが『開花したチャクラ』は『霊視』により花弁状に見えるとされ、チャクラを開花させると『それぞれのチャクラの性質に応じた能力』が発揮出来るようになると言われることもある。


 
 

 
後書き
元ネタから考えると一つ目のチャクラを極めるだけでナルトに出るチャクラ全部に勝てます。

いきなりあの女神ならしょうがないけど。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧