| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

Liber incendio Vulgate

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

設定
  群雲咎目

 
前書き
変更します。 

 
群雲咎目(むらくもとがめ)

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

性別・男

一人称・俺

年令・40才

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

身長186㎝

体重80㎏

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

[瞳・アイカラー]

チャクラの中でも基本になっている七つのチャクラと同じ色である【虹】の七色。

─────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《性格》

熱血/大胆/冷静沈着/思慮深い

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《容姿モデル》

【あんさんぶるスターズ!】

佐賀美(さがみ) (じん)

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

元は地上の【学園都市】に居た科学者で、
[木原一族]の一人だった。

彼等の中で伝わっている、人体を知り尽くした者だけが使いこなす木原流体術を操る。

彼の行動理念は『人は人の形を保ったままで何処まで行けるのか』というものである。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

物心が付いた頃から
頭のネジが外れていた奇人変人。

元・【fortress(フォートレス)】の[HEROーZ]だった《奈津野刹那》よりも思考は『アレ』な人物なのだが天才であるというのは間違いない。

[魔術]の存在を知っており、肉体の限界を極める為ならば、活用させてもらうことも考えている。

基本的には面倒臭がりであり、
研究と開発以外には関心が薄い。

長年に渡り自分の体を改造や実験に使っており、チャクラ抜きでも身体性能は極めて高い。

行動理念により、安易に機械化などに手を出して生身の部分を減らすようなことはしない。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

神田裂守(かんださきもり)》の【63計画】に参加していた科学者であり、その中でも裂守と並んで活躍していた[5人の主要なメンバー]の一人に挙げられる。

第二世代の【人形(ドール)】、【人形の残骸(ドールディブリス)】についても全員知っているが、他人にあまり興味を持たないので記憶があやふやなところもある。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

63計画が終わった後に【TEACHR(ティーチャー)】という肉体と能力の開発研究を行う組織を作り、そのリーダーとなったが本人はリーダーよりも【室長】と呼ばれたがっている。

TEACHRの本部は【不夜明業界(ノクタルシア)】・【第0学区】の【目的区】に在るのだが、咎目自身は【最深学区】で独自に活動している。

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今でも上司だった神田裂守とは、
たまにだが連絡を取っている。

現在は最深学区で【数字切換(ポイントシフト)】という能力の開発に(いそ)しみ重要な役割を果たす。

───────────────────

───────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

《能力》

多才多重(マルチデュアル)

[レベル???]

自身の【自分だけの現実(パーソナルリアリティー)】を【虚数学区】へと繋ぎ、様々な能力を使うことが出来る。

基本的に原作の新約20巻までに有る程度の能力ならば、全て咎目のレベルに直した上で使える。

────────────────────


────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

群雲咎目(むらくもとがめ)》の瞳が七色なのは、生まれながらに基本のチャクラが1番から7番の七つとも目覚めている状態だから。

0番のチャクラは使えない。

チャクラのモデルには【NARUTO】の[チャクラ]と【ドラゴンボール】の[気]が入っていますが基本は【ヨガ】と神話版ドラゴンボールとも言われる【インド神話】の神々が使うものなので規模も性能も別次元の別物になっています。

ただの鍛えていない、戦闘の才能も普通の人間が一つでもチャクラを普通に使えるだけの状態であろうと《千手柱間》みたいなチャクラの質量ですし、彼と同じく身体欠損しても再生するし、そこに加えて《綱手》がチャクラを手足に瞬間集束させる技術で引き出すものと同等の怪力も素で出せる。

咎目は上記のような怪力をチャクラによる活性化と強化、集束と瞬間出力で更に高めている。

チャクラ設定に関しては詳しくないですが
別のところで書いています。

咎目は普通にチャクラを使っているのではなく、チャクラの通り道【ナーディー】の途中に有る障壁とも言える『結節』の【グランティー】というものを7つ破壊しているのでチャクラの質量が増し、次元も変わっている。

0番のチャクラは使えないので
そこに有るグランティーはそのまま。

──────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【咎目の能力抜き戦闘イメージ】

[八門遁甲の陣]使用の《マイト・ガイ》

《千手柱間》の[仙法木遁・真数千手]

《アイザック=ネテロ》ハンター協会会長の[全盛期の肉体]、[老練期の技術と植物並みの精神]、《ゼノ=ゾルディック》でも次の攻撃を読むことが出来ないという[恐ろしく静かな念]、[百式観音]

【BLEACH】《山本元柳斎重国》の《ワンダーワイス・マルジェラ》の攻撃を受けても揺るがない[肉体]とワンダーワイスを素手で倒してしまう[白打]

破壊の力を抜いた破壊神《ビルス》の強さ。

【血界戦線】の[エスメラルダ式血凍道]を使わない《スティーブン・A・スカーフェイス》

上記を合わせて掛けたような戦闘力であり、生身の格闘とチャクラを併用すれば、第0学区上部を構成する四大学区の【管理者(ボス)】の一人を勤める《矢田凹狂(やだおうくる)》の規格外な身体能力・運動神経・肉体強度を更に上回っている身体能力・運動神経・肉体強度を発揮することができる。

まあ声を出すようになった凹狂君の身体能力を超えるのはかなり難しいでしょうが。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ビルス様は何だかんだで《孫悟空》との戦闘余波で宇宙破壊しかけてますし、漫画版で《シャンパ》様がビルス様と喧嘩してる時は素手で星壊してますし、二人揃って星から星へピョンピョン跳び移る星間移動してるので[光速]くらいは軽く超えてるでしょう。

二人とも光速をあっさり超えてくる第11宇宙の
《ディスポ》より強いわけですしね。

スティーブンさんは私が色々なところで書いているように、もはや言わずともご存じでしょうが、彼と同じ【ライブラ】のメイン戦闘メンバーは[十億分の一秒]、『1ナノ秒』くらいで攻防するのは当たり前。

まあライブラが在る街【H・L】の一般人にもそれくらいで動けるのはゴロゴロしてますけど。

スティーブンさんは上記の戦闘モデルキャラの中で純粋な身体能力のみのスピードは他のキャラのスピードを全て足しても勝てないくらい圧倒的な差が有ります。

パワーはどうなんでしょうね。

スティーブンさんもパワーがかなり高いのは間違いないんですが、パワーの話は《デルドロ・ブローディ》くらいしか言われていない気がする。

光は1秒で地球を七周半。

十億分の一秒(1ナノ秒)だから
光の速度でも30㎝進めないくらい。

その僅かな時間で異界と未来の魔術と超科学が融合した頑丈な、見渡す限りのビル群を破壊するくらい動いて攻防する戦闘が普通に行われているのが血界戦線。

私も書いておいてあれですけど一応、普通の人間でもこのレベルだから桁が違い過ぎてよく解らない。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

咎目の身体能力とチャクラを全開にした状態を知っている人間は、もしかすると矢田凹狂の身体能力を上回る手段を有している《矢田子狂(やだこくる)》の身体強化モードにすら届くのではないかとも言われる。

はっきり言って能力を使うより格闘とチャクラで戦う方が強いし早く敵を倒せてしまう。

【63計画】の頃より遥かに強くなった現在の《神田裂守(かんださきもり)》が【自力蓄積(ミーチャージ)】を[能力改造]なども使って最大まで強化して、やっと殴り合いが成立する。

────────────────────
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

暗部組織【TEACHER(ティーチャー)


《群雲咎目》が【63計画】の終わった後に『表では出来ない』研究や実験をする為に創った。

兵器作成や能力開発から人体代替技術まで
幅広く活動している。

メンバーは非戦闘型の科学者が多い。 
 

 
後書き
矢田凹狂は【虫干し】に書いています。

咎目さんと会話を解禁した凹狂君と身体強化した子狂さんの誰が一番身体能力が高いのかは今の段階では私にも解りません。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧