| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

非日常なスクールライフ

作者:波羅月
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

第27話  素顔

 
前書き
タイトル通り、今回は緋翼と仮面さんをメインにしようと思います。
念入りにストーリー組まないとバグりそうですね…。(←意味不) 

 
*緋翼side

相手が鉄パイプを構え、私が刀を構えてどれだけの時間睨み合っているだろうか。
私は持っているのが真剣ということもあり、少し躊躇の念を持っている。だが、相手の仮面野郎はそんな様子もなく、私の出方を窺っているという感じだった。

そもそも、私はコイツの正体を知らない。同級生か後輩か。その選択肢しか無いのだが、やっぱ相手次第で出方は変わるというものだろう。
せめて、あの仮面を外せたら・・・


「!!」ブン

「ちょっ!?」ヒュ


仮面野郎がいきなり鉄パイプを振ってくる。
突然すぎる行動ではあったが、辛うじて避けることは出来た。
ていうか、何でいきなり振ってきたのかしら? 私が「仮面を取りたい」と思ったから?
・・・テレパシーが使える訳じゃあるまいし、それは無いか。でも今のは怖かった…。


「…!」ブン
「随分容赦無いわね!」ヒュ


鉄パイプだって相当な凶器だというのに、仮面野郎はそれをブンブンと振り回す。どう見ても正気の沙汰とは言えない。
一体何考えてんのコイツ!?


「」ブンブン
「くっ!」キン!


仕方なく私は刀で防ぐ。金属音が辺りに響く。
ふ、防ぐだけなら大丈夫よ…きっと怪我もしない…多分…。

ていうか、ホント無口で不気味な奴だわコイツ。私の追っかけ…って雰囲気は全く無いし・・・まず何部なんだろう?

魔術を使って喋らせるか・・・。


「」ポゥ
「!!」ヒュッ


私が右手にマッチでつけた位の焔をちらつかせると、仮面野郎は後ろに後退するように避けた。随分と用心深いのね…。

まぁいい。これで一旦距離は取れた。
後はあの仮面を如何にやって外すか…。


「攻めが一番よね!」ジャキン
「!!!」


そう思うよりも早く、私は刀と焔を脅迫するかの様に構え、仮面野郎に特攻する。無論、奴は人間。ここまでされればビビるのが普通だ。
そしてその隙に仮面を斬るなり焼くなり・・・



「ーーって、え?」



そこまで考えていたところで、私の思考は急に停止する。なんと今まで目の前に居た標的が、忽然と姿を消したのだ。
何処に行ったかと思い、辺りを見回してみるも、視界に入るのは延々と続く廊下と教室のみ。奴の姿は何処にも無かった。


瞬間移動(テレポート)!?」


こんな時にこういう発想に辿り着いてしまう自分が少し情けない。日々魔術に触れるせいか、思考までそっちに持ってかれているのだろう。

単純に考えろ。きっと、少し離れてはいるがあの教室の中だろう。そこ以外隠れれる場所は無い。
私の足はその教室へと向かった。



カタッ



「!!」


不意に鳴ったその音に私は反応する。
音源は…真上。完全に死角である。
見上げると、蛍光灯に器用にしがみつく標的(ヤツ)の姿があった。


「っ!!」ヒュン


ガキィン


降り下ろすように奴が振った鉄パイプを、私はすぐさま刀を構えて受け止める。またも甲高い音が響いた。
その後仮面野郎は地面に下り、またしても私と距離を取った。


さて、ますますコイツの存在が分からなくなってきた。
身のこなし、スピード、次元を無視したフットワーク・・・まるで“獣”の様ではないか。

…だがまぁ、そんな話は有り得ないし、コイツは所詮は人間である。たまたま運動神経が常人の域を越えているだけだろう。ただ、剣術で闘うということだから、当然剣士として負ける訳にはいかない。
絶対に負かして正体を暴いてやる!










*晴登side

「いってーな晴登…」
「はぁはぁ…」


肩で息をして疲れきっている俺の前で、仰向けに倒れている大地が言った。コイツはもう戦闘不能ということで良いだろう。


「防ぐならまだしも、返してくるとはな…」


随分軽そうに話してはいるが、先程のダメージは尋常では無かった筈である。
何と言っても、さっきコイツが放ったシュートを俺は風を使って反射し、そのボールが腹に直撃したのだ。

そう考えると、先程の自分の行動をかなり申し訳なく思う。


「わ、悪かったな大地…」
「良いさ、勝負なんだし。にしても、お前はどうなってんだよ?」


俺は今のところ、大地や莉奈らに部活の事は話していない。というか隠している。
だからコイツらは、俺が魔術部に入っていることさえ知らないのだ。

だけど、それは今後も変わらない。俺はまだ隠し通さなきゃならない。“友達”で居られる為に。


「秘密さ。知りたいのなら暴いてみな」


俺は余裕の表情で言った。
大地はそれを聞くと苦笑いを溢し、「面倒くせ」と一言呟く。深く詮索してくる様子は無さそうだ。

その後二人で笑い合い、俺の『勝利』でこの戦闘は幕を閉じた。










*緋翼side

右、左、右、上、下、右・・・。
さっきから攻撃を避けることに徹しているが、どうやらコイツの剣術にパターンは無い。というか闇雲に振っているように感じる。
つまり、コイツは剣術については素人。剣道部だとか…その辺ではない。


「ふっ!!」ブン
「!!」ヒュ


だからと言って、私が不意打ちとしてたまに刀を振るってやるのだが、これも当たらない。奴の反射神経が高いということだ。
仮面だけを斬るように加減はしているが、それでもこの反応速度は並ではない。何かスポーツはしているのか…。


ーーというように私は今までの間、仮面野郎の情報を探っていた。しかし出てくるのは的外れなモノばかり。真相には一向に近付かない。
ホントにコイツは誰なんだ。そもそも性別も分からないし。声を発してくれれば良いのだが、それも無理だろう。


「いっそ全部灰にしてやろうか…」


私は相手に聞こえないように小さく呟く。
実際、そうやった方が全て丸く収まるのだ。
ホントにやってやりたい。


「ねぇアンタ」
「?」


声を掛けると、仮面野郎は無言で反応する。
こんな不意打ちにも声を出さないなんて…。


「あーもうメンドっ!!」ブワォ
「!!!?」


私は体から自分を覆いつくせる程の大きな焔を出す。
辺りは熱気に包まれ、窓は今にも溶けそうな様子である。気温がみるみる上がり、私以外の奴は「熱い」と感じるくらいに状況になった。
仮面野郎はその惨状を見ると、身の危険を感じてか後退りをした。

こうなったら…強制的に吐かせる。

私はその状態で奴に近付いた。頭の中は狂気とも呼べるものに満ちていた気がする。
奴は更に後ろに下がる。
仮面に隠れて表情は見えないが、きっと怯えていることだろう。そう思うと気分が良い。

まぁ実は、これにはさっき追い掛けられたお返しの意味もあるんだけどね。同じ恐怖を味わって貰わないと。
私は刀を振り上げ、狙いを定めると・・・一気に降り下ろした。










目の前に残ったのは黒焦げになっているマント。そしてそこには、不気味な笑みを浮かべた仮面もあった。
だがどう見ても、人間の姿は無い。
服の残骸が残る以上、人間が灰になる事はまず無い筈。
よって・・・


「随分可愛い奴ね、アンタ」
「……」


私が向いた方向には、制服にパーカーを着るという珍しい格好をしている男子が居た。
焔に包まれたあの一瞬で、マントらを犠牲に逃げ出す。凄い身体能力と判断力だ。

整った中性的な顔。私よりは幼そうだが、でもどこか凛々しさもある男子…。
何より驚いたのが、頭についている犬のような耳だった。趣味の飾り物かと思ったが、彼が動くに合わせ動くそれを見て、耳は本物なのだと気が付く。


「……」ガクガク


しかも先程から彼はこの状態。ガクガクと震え、まるで何かに怯えているようだった。
まぁ、理由には察しがつくけど。どんな過去かは知らないが、大変だったろうな…。


「ねぇアンタ」
「……!!」


仮面を付けていないので、驚いた表情が丸わかりだった。もしかしなくても人が苦手なのかな?この子。だから仮面で隠してた・・・。

取り敢えず私は、聞きたかった事を訊いてみる。


「アンタって何部なの?」


まずは所属。別にこれといった理由は無く、ただ気になるからなのだが。


「帰宅部…ですけど」


は~帰宅部ね。何か裏をかかれた気分だわ~。
何の為に部費を集めてるのかしら・・・ん?


「帰宅部!?」


私は驚いて声を上げる。
何故ならって、理由は明白。『帰宅部には部費が必要無いから、部活戦争には出る意味が無い』ということだ。


「な…何でアンタは出てんの?!」


予想外の事態に焦る私。演劇部か何かと思っていた相手が、意味も無く参加する帰宅部だったのだ。誰だって“?”は浮かぶだろう。
問い詰めると、彼は怯えたまま口を開いた。


「そういうルール…なんです。『帰宅部は部活戦争で選手の邪魔をする』っていう…」


ルール? そんな話は聞いていない。私たちに公開されたルールにも、そんな事は書かれていなかった筈だ。私たちの部活だけ知らなかった…なんて事は無いだろうが・・・。


「この事は…全部活には秘密なんです…。あくまで選手のフリをしないといけないんで…。でも、僕らは正式な参加者じゃないので、倒したところで何も無いです…」


拙いがそこまで説明をされた所で、私は話をある程度理解した。
つまり、彼らは完全に“邪魔者”なのだ。倒しても部費は貰えないが、倒されたらそこで終了。出会ったとしたらデメリットしか存在しない、そんな役なのだ。


「じゃあ、今までアンタと闘っていたのは、私には無意味だったって事で良いのよね?」
「はい…そうですね。あ、でも一応僕らも“倒されたら失格”というルールは持ってますので、今倒しても無駄骨って事は無いですよ…?」


帰宅部参戦か…。運営も変な事考えるな~。
要は、倒しても部費が貰えない奴が居るって事にガッカリさせたかったのかしら。

・・・まぁ良いわ。
後はコイツの処遇だけど…答えは決まったようなものよね。


「アンタの事は放っとくわ。別の部活を好きに邪魔しなさい」


私はそう言い放つと踵を返して、別の場所に向かおうとした。
彼には他の部活を邪魔してもらおう。私をここまで追い詰めるし、きっと十分な力は持ってるもの。

だがそこである重大な事に気が付く。


「アンタ…服どうする?」


苦笑いを浮かべてそう言いながら彼の方を向くと、彼はその状態に気付き慌てふためいた。


「ホントだ…これじゃ・・・」


邪魔者という役は予測できなかった為、ついつい服を燃やしてしまったが、この状況だと彼のコンプレックスは(あらわ)になっているので、少々どころかかなりキツい状態になってしまっている。
あのパーカーにはフードが付いてはいるようだが、激しい運動には向かないだろう。

仕方ない・・・。


「もう面倒だから、やっぱ私がアンタを倒した事にしとくわ。早くこの場から去りたいでしょう?」


私の言葉に、彼ではなく彼の耳が反応する。…小動物みたいで可愛いじゃない…全く…。
この事は誰にも話さない方が良いよね。


「手荒くはしないから大人しくしときなさいね。・・・あ、そうだ。アンタ名前は?」


私は何かの縁だと思い、彼の名前を訊く。
すると彼はすんなりと答えてくれた。


「柊 狐太郎です。貴方は?」

「私は辻 緋翼。また会えたら良いわね」
「ハイ!」


元気な笑顔で彼は返事をする。
今時珍しいんじゃないの?こういう素直な子。
アイツも見習って貰いたいわ・・・って何考えてんだ私は。アイツの事はどうでもいいのよ、うん。もう・・・


「じゃあ今度こそ『またね』ですかね」
「何よそれ」ハハ


彼の言葉に私も笑みを溢す。
この子はこのコンプレックスを除けば、とても良い子だ。クラスの皆と仲良く出来てるのかしら? いじめられたりしてるのか…? ちょっと心配だな…。
でも、今日はもうお別れ。早いとこテープを結んで、帰してあげないと。


「気を付けてね」
「はい」


ここまで穏やかな気持ちでテープを結べたのは初めてだろう。これで誰にも見つからずに帰れれば・・・あれ?


「あの…体が動かないんですけど…」


失敗した。これは間違いなく失敗した。
私は、テープの効果に『麻痺』が有ることをすっかり忘れていたのだ。
抱えていってあげるか・・・まだ時間あるし。

私を彼を抱え、安全と思える場所まで運ぶ事にした。
 
 

 
後書き
多大の時間を持っていたにも関わらず、こんな急ぎな文章を書いているということは、自分はホントに文才が無いのですね…。

さて。そろそろ勉強が本格的になってきたので、これの更新が遅くなり始めると思います。
せめて部活戦争までは9月中に終わらせられたらなと思いますが、きっと一ヶ月に3話くらいしか書けない状況でしょうから・・・やっぱ無理かも…。

皆さんが興味を持つような文章を書こうとは思っていても、語彙力が無いと適切な表現が出来なくて困ります。
難しい表現って何か憧れますよね。それを頑張ってやって題材がずれたら元も子も無いけど。

ハイ。
1日1回はページを開いてますが、その時に書く量は雀の涙も驚きの超少量なんですよね。だから全く進みません。困った困った。

・・・今こうやって後書き書いているのも時間の無駄かもしれないので、この辺で終わりますかね。では。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧