| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

FAIRY TAIL 魔道を歩む忍

作者:コロナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

もう一つの世界エドラスの章
  第三十三話 ドロマ・アニム黒天

第三十三話 ドロマ・アニム黒天

ドラゴンスレイヤーであるナツ、ウェンディ、ガジルと膨大な魔力を持ったキョウを確実に捕獲するためエドラス王ファウストはドロマ・アニムをさらに強化しドロマ・アニム黒天となり四人の前に立ちはだかった。まずキョウが先陣を切った

「雷遁・雷獣追牙!!!」

千鳥を形態変化させ狼の姿に変えドロマ・アニムに強襲した

『フハハハハハッ!!!!!!そんなチンケな攻撃がこのドロマ・アニム黒天に通用するかぁ!!!』

「オイ!!んなことやったって通用しねえぞ!!」

ガジルがキョウにそう怒鳴った

「オレがただ無駄に攻撃したと思うか?」

「あ?」

ガジルはわからないようでいた。しかしドロマ・アニムの動きが少し鈍くなった

『どうした?急に動きが!!どういうことだ!!』

「フン…所詮は機械。雷でも浴びればどこかしらは壊れるだろ」

『小賢しい!!!』

咆哮を上げるドロマ・アニム。しかしその隙にキョウは親指を噛み切り地面にバッと手を押し付けた

「口寄せ・三重羅生門!!!」

扉に鬼の顔がある巨大な門をドロマ・アニムを囲うように出現した。門と門の間には1ミリの隙間もない

『な…なんだこれは!!?』

突然自分を囲うように現れた羅生門。それに戸惑うファウスト

「ウェンディ!!お前の力が必要だ。来てくれ!!」

「はい!!!」

キョウは駆け寄ってきたウェンディを抱え羅生門の上に立つ

「オレの火遁とお前の天竜の力を合わせる。火力を強めるには風が一番だからな」

「わかりました!!」

フッ…と少し笑みを浮かべるキョウ

「火遁・大炎弾!!!!」

「天竜の咆哮ォ!!!!!」

キョウの放った炎とウェンディの放った風が混ざり炎の威力を倍増させ巨大な火柱がたった

『ヌォォォォォッ!!!!』

火柱から放たれる熱風を避けるためキョウはすぐさまウェンディを抱え下へと降りた。しかしキョウたちの攻撃はこれで終わりではない

「ナツ、ガジル!!」

二人の名を叫ぶ。ナツとガジルは高くジャンプした

「火竜の鉄拳!!!」

「鉄竜剣!!!」

ただの火柱にそれを放つ。しかしその直前にドロマ・アニムが跳躍し羅生門から脱出しようとしていたところを二人の技が直撃する

『ヌゥゥゥゥッ!!!』

「計算通りだな」

しかしその安堵も束の間ーーー

「ぐあっ!!」

ナツが吹き飛ばされてきた。キョウはその方向を睨む

『フハハハハハ!!!そんな攻撃がこのドロマ・アニム黒天に通用するかァ!!!ドロマ・アニム黒天は魔法の出力を数倍にも引き上げる特殊装甲、貴様らに勝ち目は無いぞォ!!!!!』

地面からの爆発。これは仙人モードになるため写輪眼を解いたキョウには分からずにそれを四人とも喰らってしまい吹き飛ばされる

「きゃあああ!!」

「うぎぃ!!!」

「ぐっ…!!」

その中ナツだけが踏みとどまった

「みんな…魔力がねえって苦しんでるのに…王様ってのはずいぶん大量に持ってるんだな」

『王が民から国税を取るのは当然であろう。ドロマ・アニムは常に世界中の魔力を吸収し続ける究極の魔導兵器!!!!ゆえに禁式!!!!起動させたからには勝つ義務がある!!!!せかいのために!!!!』

見下すようにそれを叫ぶ

「何が世界よ!!」

「勝手に魔力を奪っておいてよくそんな事が言えたモンだ」

「くだらねえ義務だ」

「オレたちは生きる為にギルドに入ってるからな。世界の事なんか知った事じゃねえけど、この世界で生きる者の為にお前を倒すんだ」





ここはルーシィたちと王国兵たちの戦場。グレイが敵を凍らせルーシィはロキを呼び対処しているが相手が魔導弾を使用したりレギオンを使うためかなり劣勢であった。次々と攻められハッピーが涙を流す。すると突如地面からニョキッと草の芽が生えいつしか木のようになり枝分けれし次々とレギオンを縛り上げた。
それはエドラスのフェアリーテイル。エドルーシィが皆を説得しルーシィたちを助けるためここまで全員総出でやってきたのだった

「アースランドのフェアリーテイルが戦っているんだ。僕たちだって戦うんだ」









妖精の尻尾(フェアリーテイル)が動いたか……だったらオレたちも…」

エドキョウはフラフラと立ち上がる

「立てお前らっ!!!!早く立ちやがれっ!!!」

バラムのメンバーにそう呼びかける。するとメンバーが次々と立ち上がる

「オ…オレたちは……?」

「一体何だったんだ…?」

ザワザワとし始めるがキョウがそれを止めた

「聞けお前ら!!今フェアリーテイルと王国兵がぶつかり合っている!!奴等は逃げることをやめた!!だからオレたちも王国兵と戦うんだ!!!そしてこれがオレがボスとしての最後の命令だ!!!!《フェアリーテイル》に加勢し王国兵たちを全員倒せ!!!!!」

「「「「オオオオオオオオオッッ!!!!!!!!
」」」」

総勢一万人ほどの集団が戦場へと向かった

第三十三話 完 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧