| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

FAIRY TAIL 魔道を歩む忍

作者:コロナ
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

もう一つの世界エドラスの章
  第三十二話 フォーマンセル

第三十二話 フォーマンセル

「行くぞサラマンダー」

「またオマエと共闘かよ!!」

ナツとガジルは以前にラクサスと戦う為共闘したことがあった

「ナツとウェンディは共闘したことはあったが、ガジルとは初めてだな」

「ケッ‥‥」

ふて腐れるガジル

「おのれ小僧ども!!!」

ドロマ・アニムが口を開け攻撃しようとする

「それとウェンディ。援護魔法はナツとガジルだけにしてくれ。魔力をできるだけ温存するんだ」

キョウはウェンディにそう言った。何故ならば現時点でキョウは仙人モードになっているため普段より何倍もの力を持っている。故にウェンディの魔力温存のためにそう言ったのだ

「わかりました!!援護します!!天をかける俊足なる風を!バーニア!!!」

ナツとガジルの身体の周りが光りスピードがます。ドロマ・アニムのビームをいともたやすくかわし一気に接近する

「火竜の鉄拳!!!」

ナツの鉄拳がドロマ・アニムの胴体にめり込む

「鉄竜棍!!!」

ガジルの腕が棍に変わりドロマ・アニムの尻尾あたりを攻撃した

「魔法を通さぬハズのドロマ・アニムが微量とはいえダメージを受けている!?」

ドロマ・アニムに攻撃が加わった事にファウストは驚愕する

「キョウ!!!」

ナツはキョウの名を叫ぶ。キョウはドロマ・アニムの頭上にいた

「仙法・超大玉螺旋丸!!!」

普通の螺旋丸よりもふた回りほど大きい螺旋丸をドロマ・アニムに直撃させる。しかしーーーー

『こんなものドロマ・アニムに通用すると思っておるのかァ!!!』

そう怒鳴るファウスト。しかし螺旋丸が直撃した箇所にヒビが入っている事に全く気づいていない

「天を切り裂く豪腕なる力を‥アームズ!!!!」

さらにナツとガジルの身体が光る

「攻撃力強化の魔法です!!!」

「おっしゃあ!!!!」

火竜の鉄拳でドロマ・アニムをぶん殴る。アームズの効果でそれがさらに威力を増していた

『あの小娘か!!』

狙いをウェンディにあわせる

『竜騎弾発射!!!!』

ドロマ・アニムの尻尾の付け根らへんがパカパカと開きそこから無数のミサイルがウェンディへと向かう

「しまった!!!ウェンディが!!!」

「私なら大丈夫です!!」

ウェンディはバーニアでミサイルを避ける。しかしそのミサイルは追尾型であった。逃げる最中にすてーんと転んでしまった。そしてウェンディのところで激しい爆発が発生した

「ウェンディーーー!!!!」

ナツは叫ぶ。そして煙が捌けるとそこには絶対防御である須佐能乎を出していたキョウがウェンディを守っていた

「キョウさん!!」

「大丈夫か!?」

「クソォ!!まだまだぁ!!!」

さらにミサイルを出そうとするファウスト。しかしそれをガジルが止める。だがミサイルはまだ数発残っておりウェンディたちに向かうがそれをナツが迎え撃った

「土遁・多重土流壁!!!」

キョウが印を結び地面に両手をバッと押し付けると土でできた壁が地面からナツの手前から次々と出てきた

「おわっ!!」

壁が皆を爆風から守る。さらにーーー

「火遁・豪龍火の術!!!」

ナツに向けて炎を放つ。ナツはそれを喰らい、ドロマ・アニムにしがみついていたガジルは尻尾をガジガジと食らった

「サンキュー、キョウ。にしても強ェな‥‥」

「一国の王だというのに護衛もつけないとは‥舐められたものだな」

「燃えてきた」

ファウストは思った。デタラメだと。鉄を食べたり炎を食べたり。これが滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)なのだと。だが故にその力をさらに欲した。三人のドラゴンスレイヤーの捕獲と不思議な魔法を使うキョウ。それさえあればアニマ計画を実現できる。多少のパーツ破損を覚悟した。ドロマ・アニムのボディがみるみるうちに黒く変色していく

『先ずは貴様ら全員の魔力戦意を無くしてやろう!!!!ドロマ・アニム黒天の力を持ってなァ!!!!』

咆哮を上げる。それは戦っているよにんにビリビリ伝わった







エドジェラールが落ちた森。そこには不意打ちを食らったパンサーリリーもいた

「すまないみんな」

木の陰に隠れドロマ・アニムと戦っているナツ達に詫びた

「王子‥‥何のマネですか?あなたはさっきわざとやられた(・・・・・・・)。オレを助けるために……?」

「ケガは大丈夫か?」

「これくらい何とも……クッ!!」

怪我を無理するリリー

「ドロマ・アニムはナツ達に任せる他ない。私たちは他にやる事がある」

「やる事?」

「最後の仕事だ。それには君の力が必要になる」










「追いついた!!!王国軍だ!!!」

「しかし何て数だ…!!」

「どうする!?」

「行くしかなかろう!!私たちがやらねばエクシードがやられる!!!」

しかしその前にエルザ・ナイトウォーカーが現れる

「待っていたぞスカーレット」

何やら不敵な笑みを浮かべるナイトウォーカー

「待っていた……だと?」

その時地上で待ち伏せていた伏兵が皆の乗っているレギオン目掛けて攻撃した。レギオンはそれをモロにくらい乗せていた皆とともに地上へと落下した。それを確実に仕留めるためにナイトウォーカーたちが追っていく

「確実に仕留めるんだ!!!地上に降りるぞ!!!」

落ちていくルーシィ、グレイ、ココ。それをマサムネが受け止めた

「大丈夫ですか!?皆さん!!」

「マサムネ!!」

「助かったぜ」

「あれ?エルザは?」

一匹のレギオンが攻撃を受けた。それはレギオンの首に鎖を巻きナイトウォーカーを睨むエルザ

「スカーレット……!!!!」

「そろそろ決着をつけようかナイトウォーカー」

「全員地上へ降りろ!!!こいつは私一人でやる!!!」

「はっ!!!!」

ナイトウォーカーは兵たちにそう命じた

「お前はエルザでありながら妖精の尻尾(フェアリーテイル)をキズつけすぎた」

「おまえもエルザでありながら我が王に牙を剥いた」

エルザは鎧を換装し、ナイトウォーカーは自身の武器であるテン・コマンドメンツの形状を変える。そして2人のエルザが睨み合う

「エルザは2人もいらない。この勝負!!!!どちらかが消えるまでだ!!!」

互いの武器をつばぜり合い同時にそう叫んだ


第三十二話 完 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧