| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 

横浜富士山大噴火と海軍カレー

作者:ネアンデルタール家元


狼ラーメンチェーンの跡取り息子が鼻からスパゲッティを吐き出す祟りを患い遂に横浜が土石流で埋まった。たった一人生き延びた男がいる。海軍のカレーマンだ。横浜三渓園の日本海溝に潜み着々と鼻からポークウインナーや耳孔から耳垢弾頭ミサイルを蓄えていた。にっくき狼ラーメンチェーン壊滅で人々は安堵せず戦々恐々していたがあまりに神経質すぎて五円玉禿ウイルスが蔓延したので火星ムー人が暗躍しているのではないかと噂が立った。そこで広々島プロパンガス協会に依頼して情報漏れ箇所をさぐるべく三人の性的マイノリティを派遣した百合子とバラ之介とバイセクシャルの遼東半島だ。協会のエージェントが続々と抹殺されていく。現場にカレー粉が落ちてるのでカレーマンの暗躍が推測されたが手がかりはない。「カレーマンを捕らえて必ず死刑にする!」遼東半島はバラ之介の遺骸を抱いて復讐を誓う。日本海溝からミサイルが連射され広広島協会は大ピンチ。壊滅も時間の問題だ。「横浜三渓園の貯金箱が暗殺された!」遼東半島は恋人の貯金箱からカレーマンの所在を聞く。こときれる貯金箱。「愛してる、貯金箱」遼東半島はハンマーで豚の貯金箱を叩き割るとゴーヤー煮千円が出てきた。遼東半島はゴーヤー煮千円を握りしめて横浜スパゲティーチューブの製造工場を目指す。横浜海軍のカレーマンは必ず新しい同性愛人相手を求める。ところが百合子が裏切った。狼ラーメンチェーン跡取りと不倫していたのだ。遼東半島は百合子の塩漬け攻撃に見舞われ死んだ。火星ムー人は遂に最終兵器を繰り出す。富士山噴火そばだ!




ページ下へ移動

タイトル更新日時
横浜海軍カレースパゲティーと日本海溝ポークソテー 2021年 09月 03日 10時 58分 

ページ上へ戻る