| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 

アジアンカンフーイリュージョン・2021夏 これはびっくり鶴見の産地偽装エイ

作者:ネアンデルタール家元


鶴見の埋め立て地にどす黒い泡に巨大な白骨死体が転がっていた。異臭を放ち瘴気が漂っている。大きさは小型飛行機ほど。規制線を乗り越えると建物の残骸と巨大なエイとおぼしき骸骨がある。
戦後最大の産地偽装と言われた鶴見カンフー沖縄商会の惨殺現場だ。昭和47年、返還されたばかりの沖縄から鶴見区に国籍不明のアジア人が大挙した。のちのカンフー商会である。彼らは巨大な冷凍庫を建てて遠洋漁業の裏方を務めた。陸揚げされる魚介類は出処不明だが新鮮で美味しいと評判になった。カンフー商会は南西印度洋産の加工食品と言い張った。工程を経ている食材の原産地は明記不要だった。カンフー商会は高度成長期の残照に乗ってオイルショックまでの束の間を謳歌した。不況でカンフー商会は事業停止。冷蔵庫の廃墟だけが残った。神奈川県文部省は荒廃の一途を辿る施設を危険視した。跡地に小中学校を整備する計画が持ち上がったのだ。推進役は当時の沖縄開発庁長官竜胆正雄だ。しかし猛反対にあい建設計画は自然消滅する。戦後の闇だけが令和に保存された。令和二年、鶴見区に再開発計画がもちあがりカンフー商会跡地の問題が議論された。県議会は満場一致で取り壊しを可決。戦争遺産に税金が投入されることになった。その強制代執行当日に事件は起きた。重機で倉庫を壊そうとしたところエイの巨大白骨死体が出たのだ。「ゲンちゃん!」死体を弔う少女がいた。静岡県茶摘み協会が推薦する茶娘探偵ナマムギだ。彼女がゲンちゃんと慕うエイの正体とは何か。ゲンちゃん殺しの真犯人は誰か。ナマムギはカンフー商会跡地に向かったのだが



ページ下へ移動

タイトル更新日時
JR鶴見線国道駅裏の大秘密エイ白骨死体 2021年 08月 13日 11時 03分 
70年目の戦後史 2021年 08月 13日 12時 19分 

ページ上へ戻る