| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 

警告
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
苦手な方はご注意ください。

FAIRY TAILと闇の人斬り

作者:虎太郎


 [ 原作 ]  るろうに剣心FAIRY TAIL



かつての明治時代、主人公はるろうに剣心の世界であるあの緋村剣心(人斬り抜刀斎)と肩を並び、彼は情報の探りと殺しの切れ者で、世間では、闇の人斬りと呼ばれた主人公。最大の敵である志々雄真実と雪代縁を緋村剣心と共に倒し、全てが終わり剣心と仲間達と別れお互いに旅に出た。その途中魔法が使える謎の老人に出会い、自分が若返る薬をもらい薬を飲んだら、主人公は6歳まで身体が縮じんだものの、精神年齢は25歳のままだった。そして全ての魔法と幻覚魔法を2年間学び、再び旅に出た。そして彼が着いた場所は、フェアリーテイルの世界だった。時が経ち彼は表向きはギルドの一匹狼と呼ばれた。しかし裏ではある人物の協力者として、動いていた。
そして10年後、彼の運命の扉が開こうとしていた。



ページ下へ移動

タイトル更新日時
原作前
  主人公紹介 2019年 11月 09日 08時 01分 
  「闇の人斬りが協力者と出会い、ギルドに入る!」 2019年 11月 09日 07時 40分 
  「カード使い、氷使い、鎧の女王がギルドに加入!」 2019年 11月 05日 20時 40分 
  「ドラゴンスレイヤーとテイクオーバーの3姉弟妹」 2019年 11月 09日 07時 52分 
  「協力者がギルドに入る」 2019年 11月 05日 21時 50分 

ページ上へ戻る