| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 

警告
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。
苦手な方はご注意ください。

ナナシノゲエム抗

作者:ネフェリア


 [ 原作 ]  ナナシノゲエムナナシノゲエム目



「そのゲームをプレイすると、一週間以内に死ぬ」
いつの頃からか語り継がれた都市伝説。
それに真向から立ち向かい、元凶と対峙し、呪いを止めた若者たちがいた。
一度目の呪い、二度目の呪いが消滅し、全てが終わって平穏な生活が戻ったと誰しもが思った。

2014年 東京・南都市――
5年前に終止符が打たれたはずの「呪いのゲエム」は、三度(みたび)の配信を遂げていた。
「呪いのゲエム」に関わった者たちは事態の収拾に当たるが、元凶が誰なのか、何故「呪いのゲエム」が復活してしまったのか等、数々の謎の解明に難航していた。

そんな中、呪いのゲエムが配信された七人の男女たちがいた。
南都大学工学部の一回生「笹部 達樹」。
達樹の幼馴染で工学部助手「張宮 まり」。
達樹たちの住む南都市の市長「露屋敷 美恵子」。
南都大学卒業生のサラリーマン「寺尾 奏巳」。
一度目の呪いを経験した小説家「日金島 洋介」。
洋介と共に呪いを経験した刑事「和村 灯華」。
正体不明のサイバーテロリスト「朽無 心躯」。

境遇や意思の異なる7人は、否応なしに呪いと関わっていく。

果たして彼らは、「呪いのゲエム」の謎を解き明かすことが出来るのだろうか。それとも――


※本作は「ナナシノゲエム目」のカオナシを集めきれなかったEDから5年後を舞台としています。
オリジナルキャラクターや、原作「ナナシノゲエム」「ナナシノゲエム目」の主人公をモデルにした人物が多数登場しますが、原作キャラクターも登場します。



ページ下へ移動

タイトル更新日時
用語解説・登場人物
  主要人物 2019年 07月 08日 08時 25分 
  協力者 2019年 07月 08日 09時 13分 
  用語解説 2019年 07月 06日 14時 06分 
Episode0
  episode0-1『悲しき真実を見た左目』 2019年 07月 07日 09時 17分 
  episode0-2『淑女の娘』  2019年 07月 07日 10時 37分 
  episode0-3『姉貴分』 2019年 07月 07日 14時 09分 
  episode0-4『呪いの傷跡』 2019年 07月 08日 20時 50分 
  episode0-5『途切れた糸』  2019年 07月 11日 16時 43分 

ページ上へ戻る