| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 

ATAらしく地図をつくろう

作者:香取斜塔先生


rocketは2分後には時速四千キロに到達するのか、その後も六千キロまで加速度し二万二千キロに画面が切り替わる
今朝は新たにアメリカ海軍ジェット戦闘機の着艦訓練を動画を見たその前に空母の建造から完成まで閲覧

大切な場所?なのもう部外者だし・・
私は海の匂いが本当はとても好きであるが塩臭い<海臭い>香りが芳しいのか今はさほど気になくならなったあきらめたのか

しゃけなべ転位〖転移〗ちほー発声ラブライブ沼津INNThank Youちゃん!

はるかぜ型護衛鑑二番鑑(ゆきかぜ)1956年7月31日戦後初の国産護衛艦として一番鑑先んじ、就役。
宮前川(みやまえがわ)とは、愛媛県松山市石手一丁目の一級河川石手川の岩堰(いわぜき・この地にある切り立った岩のこと)付近より分流し、石手寺付近、道後付近、松山城北側を経て古町駅北側より南西に向きを変え、松山市下水道中央浄化センター付近で同じく岩堰で分流した中の川と合流して三津浜港に注ぐ、流域面積12.9km2、延長10.8kmの二級河川である。道後平野の扇状地を形成している河川であるが、それ故、古来から水害も発生させている。しかし、松山空港方面に流れ、田畑を潤す「堂之元川」、「洗地川(せんぢがわ)」を分流し、生活や農業に有益な存在である。
尚、用水路源となっている堂之元川については宮前川から、洗地川については石手川の伏流水をポンプで汲み上げ、流している。
又、三津浜港では流入土砂が問題になっており(放置すれば三角州が形成されて港湾として役に立たなくなる)、浚渫も限界なので、高浜に松山観光港が整備されることになった。
道後平野では古くから水害や干ばつに悩まされ、余戸村(現松山市余戸町)と南吉田村(現松山市南吉田町)の水争いでは、死人まで出る大騒ぎとなった。そこで、江戸時代に足立重信が治水事業を進め、「湯山川」(後の石手川)を岩堰付近で伊予川(後に彼の姓をとって重信川と命名)へ合流するように付け替えた名残の元の河川である。又、松山城の堀に導水するため、岩堰より下流で分流する中の川も彼が整備した水路で、宮前川の一部である。これらの河川は、古い石手川の名残であるが、扇状地河川なので一部が伏流する。(道後平野の特徴) 又、重信川水系として地下水脈を共有している。 尚、洗地川については、直接海に注いでいた小野川の名残であるという説もある。度重なる大雨や水害で流れを変え、松山の城下町を水没させるので、石手川、小野川の付け替えが敢行された。しかし、これらの河川が合流する市坪村(現在の松山市市坪地区)が水害に遭うことが多くなり、治水事業の難しさを感じさせる。
宮前川は、石手川、小野川、重信川と共に農業用水として古くから利用されており、中小河川を改修した用水路が道後平野に張り巡らされていて、現在も生活や農業になくてはならない存在である。航空写真画像情報所在検索・案内システム等で、古い航空写真を見ると元の河道が見え、治水の苦労が偲ばれる。尚、屈曲した古来の河道が繋がるように見える部分は、扇状地を削った古い河川の名残であるので地盤が軟らかく、住宅棟の建設は避けるべきであるが、都市化による生活排水の増大等で水害が発生しやすくなっている。



ページ下へ移動

 
タイトル更新日時
〖loss満宮川キコウ環測財団〗loss満時元取締り官 2019年 05月 21日 02時 54分 
ゆきかぜ 2019年 05月 21日 02時 54分 

ページ上へ戻る