[花形キクゴローと重力まんじゅう戦線]の小説情報

あらすじ
「花形キクゴローと重力まんじゅう戦線」とはどういった筋書きの映画でしょうか?
また、「宇宙を旅する少女たち」という設定はどのような意味でしょうか?
ご存知の方、教えてください。
お願いします。
よろしくお願いいたします。
これにチャンバラスペースオペラの大御所マンダリン大先生が答えた。
「ペーソスだよ。
花形キクゴローは朝寝朝酒朝湯が大好きで寝所を潰したあげく娘を質入れした」
「ひどい親ですね」
「少女たちは置屋を命からがら脱走し駿府の港へ着いた。
そこで言葉巧みにまんじゅう漁船に誘い込まれた」
「泣きっ面に蜂じゃないですか!」
「キクゴローの直系子孫に言われとうないわい」
種別 短編〔全6話〕
年齢制限 なし
文字数 16,055文字
1話当たりの平均文字数 2,675文字
掲載日 2022年 05月 13日 12時 30分
最終投稿日 2022年 05月 20日 12時 36分
感想 0件  ⇒感想ページを見る
総合評価(話別評価除く) 0pt
総合評価 0pt
作品(文章)評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)
作品(ストーリー)評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)
話別評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)  ⇒話別評価内訳を見る
お気に入り登録 0件
完結設定 短編
警告キーワード
キーワード
原作
ジャンル 文学
作品の傾向・要素  
時代/世界/舞台  
主要登場人物