[春日部歌集]の小説情報

あらすじ

 以前に詠んだ歌を「魚沼百首」として載せたので、今住んでいる場所で…今を詠む歌集を立ち上げようと思いました。

 こちらは「春雪花」とは異なり、恋歌ではなく…四季を歌いたいと思います。

 今いる土地は全くの田舎であった魚沼とは違い、建物も人も多く…四季の移ろいに些か鈍感になりがちだと感じています…。

 風流…なんて金持ちの道楽とお思いでしょうが、万葉集や古今和歌集などの勅撰和歌集には、平民の歌も沢山取り上げられております。

 風流は時代、性別、貧富すら関係なく…心静かに…心満たすもの…。

 下手の横好きで良いのです…私がその最たるものでしょうから…。


 コンクリートで固められた街…アスファルトで覆われた道…忙しなく歩く人々…その中で、確実に四季は移ろっています…。

 そんな四季を探し出し…詠んで行きたいと思います。



種別 連載〔全1,076話〕
年齢制限 なし
文字数 71,695文字
1話当たりの平均文字数 66文字
掲載日 2017年 07月 08日 00時 45分
最終投稿日 2021年 05月 03日 10時 25分
感想 0件  ⇒感想ページを見る
総合評価(話別評価除く) 2pt
総合評価 2pt
作品(文章)評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)
作品(ストーリー)評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)
話別評価 平均:0pt 合計:0pt (0人)  ⇒話別評価内訳を見る
お気に入り登録 1件
完結設定 連載中
警告キーワード
キーワード 和歌,四季の移ろい
原作
ジャンル
作品の傾向・要素  
時代/世界/舞台  
主要登場人物