暁 〜小説投稿サイト〜
リュカ伝の外伝
哀れな男、心の闇、悲しい結末
[1/6]

[8]前話 前書き [1] 最後 [2]次話
<ポートセルミ−酒場>

俺の名はジャイー。
故郷のアルカパから出て2年。
今は、このポートセルミの酒場で黒服として働いている。

黒服とは…要は踊り子達のボディーガードだ!
酔っ払ったバカが踊り子にちょっかいを出したら、この鍛え上げられた肉体で駆逐する!
まぁ…後は雑用を少々…
俺の場合雑用が多い。
俺に刃向かうバカは居ない!


そんな俺の目下のお気に入りは、踊り子の『クラリス』だ!
整った容姿に、大きな胸、そして細いウエストは堪らない!
そのクラリスの出番も全て終わり店を出て行こうとしている。

俺はクラリスに近付き話し掛け口説く。毎日の日課の様なものだ。
こう言った日々の積み重ねで女は心を許すんだ!
「よう、クラリス!今日も色っぽくって良かったぜ!…なぁ、そろそろ俺と付き合えよ!お前も俺に惚れてんだろ!」
「ちょっと!冗談止めてよね!!何で私がアンタなんかと付き合わなきゃいけないの!?」
これがウワサのツンデレか?困ったもんだな…女って生き物は。

この後も口説き続けたが、
「いい加減にして馬鹿!!」
と、顔を赤くしてクラリスは逃げてしまった。
よほど恥ずかしかったんだろう…
顔…真っ赤だったぜ!素直になればいいのに…


少しばかりクラリスとおしゃべりがすぎた様で、仕事が溜まってしまった。
店長にどやされ、もう上がる時間にも拘わらず俺はステージにモップをかけている。
すると酒場の奥で一人の田舎者を三人のならず者が囲みカツアゲをしている。
俺は今、時間外だ!
面倒事に首を突っ込んでられない!

よく見るとならず者共は、最近ラインハットから流れてきた兵士をクビになった連中だ。
他のみんなも遠巻きに眺めている。
しかし、一人の旅人風の男が近付き不思議そうに眺めている。
ならず者のリーダー格が、男の視線に気が付き不機嫌な態度で男に詰め寄る。

「何見てんだ!?にいちゃん!!」
ならず者が恫喝をするが、男は怯えた様子もなく答えた。
「いえ…変わったナンパだな〜と思いまして。あ!どーぞ−…気にせず続けて下さい。邪魔しちゃ悪いから。」
「ぷーっ!!」
ツレの女が思わず吹き出したのを合図に、ならず者は怒りのまま剣を抜き放ち、男へ斬りかかる。

勝負は一瞬で着いた。
近距離から斬りかかったにも拘わらず、男は軽く去なし、ならず者リーダーを遠く離れた壁まで投げ放つ!
頭から壁に激突したリーダーを、手下二人が抱え逃げて行く…

フン!俺だってあのくらい出来るさ!
俺はああ言うスカしたヤツが嫌いだ!
初恋のビアンカと仲良くしていたのも、あんな紫のターバンを巻いたスカしたヤツだった!

同一人物か!?
イヤ、そんなはずない!
ヤツの故郷のサンタローズは滅ぼされたん
[8]前話 前書き [1] 最後 [2]次話


※小説と話の評価する場合はログインしてください。
[5]違反報告を行う
[6]しおりをはさむしおりを挿む
しおりを解除しおりを解除

[7]小説案内ページ

[0]目次に戻る

TOPに戻る


暁 〜小説投稿サイト〜
利用規約/プライバシーポリシー
利用マニュアル/ヘルプ/ガイドライン
お問い合わせ

2023 肥前のポチ