「平成王子もおわりまっしゅ♪卒業写真式ありがとう!campaignキャンペーンやってたよ出来ました!ありがとうThank Youネウロイ羣♪」の感想

良い点
JAXA
メインコンテンツへ移動
宇宙科学研究所
カスタム検索
×
ミッション
ギャラリー
読むISAS
トピックス
広報・イベント
宇宙科学研究所とは
研究者向け
ENGLISH
 
ホームミッション科学衛星・探査機運用終了X線天文衛星「ひとみ」

運用終了X線天文衛星「ひとみ」
従来より広帯域かつ10倍以上の感度を持つ検出器を持つX線天文衛星。宇宙の大規模構造とその進化の様子を捉え、その成長を支配していると考えられている暗黒物質の謎や、銀河とブラックホールの共進化の謎に挑む。

「ひとみ」は、ブラックホールの周辺や超新星爆発など、高エネルギーの現象に満ちた極限宇宙の探査・高温プラズマに満たされた銀河団の観測を行い、宇宙の構造やその進化を探ることを目的とするX線天文衛星です。2016年2月17日に種子島宇宙センターからH-IIAロケット30号機で打ち上げられました。同年3月26日に通信が途絶し、4月28日に運用を断念しました。

プロジェクトサイト

特設サイト
機体データ

名称 ひとみ(ASTRO-H)
開発の目的と役割 1、硬X線望遠鏡によるはじめての撮像分光観測
2、はじめてのマイクロカロリメータによる超高分解能分光観測
3、0.3キロ電子ボルトから600キロ電子ボルトと、3桁以上にもおよぶ、過去最高の高感度広帯域観測

を通じて、ブラックホールの周辺や超新星爆発など高エネルギーの現象に満ちた極限宇宙の探査・高温プラズマに満たされた銀河団の観測を行い、宇宙の構造やその進化を探ることを目的とする。
打上げ日時 2016年2月17日 17時45分
場所 種子島宇宙センター
ロケット H-IIAロケット30号機
質量 2.7 t
軌道高度 約575km
軌道傾斜角 31度
軌道種類 円軌道
軌道周期 約96分
主要ミッション機器 ・軟X線分光器(SXS)
・X線CCDカメラ(SXI)
・硬X線撮像検出器(HXI)
・軟ガンマ線検出器(SGD)
・軟X線望遠鏡(SXT-S,SXT-I)
・硬X線望遠鏡(HXT)
関連トピックス

銀河団も太陽も化学組成は同じだった ~高温ガスが語る超新星爆発の歴史~

2017年11月14日 研究成果
意外に静かだったペルセウス座銀河団中心の高温ガス

2016年7月7日 研究成果
X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」の今後の運用について

2016年4月28日 ウェブリリース
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の通信異常について

2016年3月27日 ウェブリリース
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)のクリティカル運用期間の終了について

2016年2月29日 ウェブリリース
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の軌道計算結果について

2016年2月18日 ウェブリリース
関連トピックスをもっと見る


ミッション
科学衛星・探査機
運用中
開発中
将来計画
運用終了
その他
打上げ用ロケット
観測ロケット
大気球
ギャラリー
ギャラリー一覧
今週の1枚
ペーパークラフト
読むISAS
宇宙科学最前線
宇宙・夢・人
近日参上「はやぶさ2」
ERGプロジェクトリレートーク
前略、こちら地上系
特集
記事一覧
トピックス
研究成果
ウェブリリース
打上げ・実験
広報・イベント
お知らせ
イベント
メディアの方へ
よくある質問
見学案内
宇宙科学講演と映画の会
特別公開
宇宙学校
講師派遣
パンフレット
ISASニュース
イトカワ微粒子巡回展
模型貸出し
きみっしょん
宇宙科学研究所とは
概要
研究領域マップ
所長より
歴代所長
ビジョン
組織
関連施設
宇宙科学研究所賞
大学院教育
研究教育職員
歴史
年次要覧
外部評価委員会報告
広報活動
サイトマップ画像のご利用についてアクセスよくある質問お問い合わせ本サイトについて
Copyright Japan Aerospace Exploration Agency