| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

仮面ライダーAP

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 
17/43

第二章 巨大怪人、鎮守府ニ侵攻ス
  第4話 異形の飛蝗

 男を追い、バイクを走らせた先に待ち受けていたのは……一軒の、木造造りの山小屋だった。

「……」

 ここで途絶えている男の足音を見下ろし、サダトはバイクから降りるとヘルメットを脱ぎ、神妙な面持ちで山小屋に近づいていく。……敵の気配は、感じられない。
 キィ、という音と共に扉を開いた先には、男のものらしき血痕が山小屋の隅に続いていた。そこには、地下へ通じているものと思しき梯子がある。

(ここが連中のアジトだったのか……よし)

 無論、敵の拠点を見つけた以上、放っておくわけにはいかない。サダトは意を決したように口元を結び、梯子を降りていく。

(仮面ライダーG……吾郎(ごろう)さんは、海外に散らばったシェード残党を駆逐するため、ヨーロッパに向かっている。日本に残った仮面ライダーとして、俺がなんとかしなきゃ……)

 仮面ライダーとしての先輩である男の背中は、果てしなく遠い。それでも人間を守る改造人間として、その責は果たさねばならない。
 その一心で奥へと降りていく彼は……やがて、薄暗い研究室らしき場所へ辿り着いた。

「……!?」

 ――刹那。強烈な血の匂いに、サダトは思わず鼻を抑える。

 さっきの男だけの血ではない。目を凝らして辺りを見渡してみると、部屋中が血塗れになっていた。
 一見、水漏れのようにも見える滴りは、よく見ると天井に掛かった血痕によるものだということがわかる。

 天井に血痕が残るほどの、激しい血飛沫がここで起きていた。目の前でピチャリ、ピチャリと滴る紅い雫が、その証となっている。

(な、んだ、ここは。一体、ここで何が……!?)

 何かの資料らしき紙やディスクもあちこちに散乱している。激しい争いの跡が、これでもかというほど残されていた。
 ここで内乱でも起きていたのだろうか。そう勘繰るサダトは、とにかく辺りを調べて見ようと踏み出し――足元に奇妙な感覚を覚える。まるで、何かを踏んだような。

「う……!」

 見下ろした途端、思わず声を漏らしてしまう。彼が踏んでいたのは、血だるまになり息絶えた白衣の研究員であった。
 体のあちこちが欠損しており、脇腹は曲線を描く歯型を残して食いちぎられている。まるで、鮫に食われたかのようだった。

(こんな傷跡、初めて見るぞ……。俺が今まで戦ってきた怪人達とは、明らかに違う)

 それは、この三ヶ月近くに渡る戦いの日々の中では遭遇したことのない痕跡だった。それを一目見るだけで、これまでの常識が通じない相手であることは容易に想像できる。

 未知の怪人による暴走。それに伴うアジトの壊滅。それが、サダトが導き出したこの状況への結論。
 その得体の知れない怪人が、この広くもないアジトに今も潜んでいる。そう思う彼の頬を、冷や汗が伝った。

「……ん?」

 すると。立ち上がったサダトの目にふと、机に放置されていた書類が目に留まった。紙一枚で散らばった他の書類と違い、しっかりとファイリングされているそれは、彼の関心を強く引きつける。

「……」

 書類は埃まみれな上に、紙そのものがかなり古ぼけているようだった。さらにページのあちこちが血塗れになっていて、字が滲んで読めない部分が非常に多い。
 だが、人型の図面を描いたページはある程度はっきりと読むことができた。

「アグ、レッサー……?」

 そう名付けられた人型の何か――恐らく怪人だろうか――の全体像を描いた図面。それを見つめるサダトは、眉を顰める。
 飛蝗の遺伝子を組み込んだ人型の怪人。それを第一形態とし、段階的に進化する――という旨が書かれていた。……進化する怪人。ますます見たことがない。

(ここのアジトは、こいつを造っていたのか……。くそ、この資料を解析できれば、もっと情報も手に入っ――ん?)

 その時。

 なんとか情報を集めようと資料を凝視するサダトの目に、ある文字が留まる。それは、見取図の隅に小さく記されていた。
 ……血の滲みから免れたそれに書かれていたのは、彼が知っている名前であった。

(……! これは!)

 ――『開発主任:割戸神博志』。確かに、この資料にはそう書かれている。

 かつて城南大学の教授であり、パラレルワールドの実在を主張していた彼が。このアジトでシェードに与して、怪人の開発に携わっていた。
 その決定的証拠を、掴んでしまった。薄々関係があるのでは……と感じつつも、敢えて目を逸らしてきた現実と直面し、サダトは唇を噛み締める。

(教授……どうして、こんな……)

 割戸神教授とは、親交はおろか面識すらない。どのような人柄なのかも知らない。
 だが、同じ大学に身を置いていた人物であることには違いない。シェードが絡まなければ、自分の先生になっていたかも知れない。
 そんな人物が怪人の開発に関わっていたなどとは、そうかも知れないとわかっていても、認めたいものではなかった。

(教授……)

 深い落胆を覚えながら、それでもサダトはページに目を落とす。すでに教授も、この怪人の手に掛かっているのだとしたら……弔いの戦いに臨める者は、自分しかいない。
 死んでしまえば、敵も味方もないのだ。

「……ん?」

 ページを捲って行くと――やがて、古びた写真を幾つも貼り付けたページに辿り着いた。まるで五寸釘でも打ち込んでいるかのように、まばらに貼り付けられた写真の数々。
 そのチョイスに、サダトは既視感を覚える。

(これは……)

 寝たきりになった老人。苦痛に歪む顔。生気を感じない表情。それを診察する医師の、沈痛な面持ち。
 公害の一つとして数えられ、今もなお歴史に色濃く記録されている、時代が生んだ人災とも云うべき病に纏わる写真だ。

(なんで、こんな写真が……)

 正直、この資料に載っている怪人と関係があるようには見えない。だが、資料に貼られたこれらの写真は、どのページにも勝る存在感を放っている。
 まるで、これこそが全てだと訴えるかのように。

 ――その時。

「……!?」

 何かの「音」を、強化されたサダトの聴覚が感知した。無人であっても自然に発生する音とは――違う。
 サダトはページを捲る手を止めて書類を懐に仕舞い、息を殺すように静止する。耳を澄まし、音の実態を探る。

(……これは……)

 ――咀嚼音。

 何かを噛み潰す音。その答えに辿り着いたサダトは、息を飲むとワインボトルを手にして、音の発生源である奥の部屋へと踏み込んだ。

 やはり、怪人がここにいる。

 その確信を胸に、サダトは薄暗い研究室を静かに進み――扉を開ける。無機質な金属音と共に、開かれた先には。

「……!」

 あの時の男が、無残に引きちぎられた姿で転がっていた。手足は食いちぎられ、骨は露出し、肉という肉が食い尽くされている。

 ――だが、有る程度予想はついている展開だ。

 重要なのは、食っている怪人。

 この惨劇を起こした張本人であろう、その仇敵を凝視し――サダトは、息を飲む。












 黄緑色のボディを持ち、二本の触覚を伸ばした異形の怪人。その腕には、ひび割れた頭蓋骨が抱えられている。








「……お、まえは……!」

 飛蝗の貌を持つ、その怪人は――瞳孔の開いた目を剥く男の首を咥えたまま、じっとこちらを見つめていた。
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧