| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

仮面ライダーAP

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 
4/43

第一章 鉄仮面の彦星
  第4話 束の間の……

 南雲サダトとアウラの出会いから、数週間。

 サダトの部屋に匿われた彼女は、彼がバイトや大学で家を空けている間の家事や炊事を行い、部屋主の帰りを待つ日々を送っていた。
 一方。サダトは彼女の分の生活費を稼ぐべく、バイトをさらに増やしている。移動先の目処が立たないうちは、彼女を外に出すわけにはいかないからだ。バイトさせるなど、以ての外である。

(でも、これってまるで……や、やだ。何考えてるの、私……)

 そんな暮らしが続く中で、アウラは今の自分の姿を思い返し――妄想を繰り返しては、罪悪感に沈んでいた。こんな状況だというのに、心のどこかで幸せを覚えている自分がいたからだ。

(これってなんか……い、いや考えちゃダメだ俺。あの子は16歳なんだぞ。エリュシオン星じゃ成人扱いらしいが、こっちの基準で言えば高校一年生だ。犯罪だ)

 同じ頃。サダトも大学の講義がまるで頭に入らず、悶々としていることも知らずに。
 
 ――その夜。いつものように、勤め先でのバーで一仕事を終えた彼が、黒い制服からレザージャケットに着替えていると。

「サダト君。最近、いつもよりシフトが多いね。買いたいものでもあるのかな?」
「……え、えっとまぁ……そんなところです」

 オーナーである老紳士が、目を細めて尋ねてくる。視線を逸らし、歯切れの悪い返答しかしないサダトに、彼は穏やかな笑みを浮かべた。

「――そうか、恋人か。君もなかなか隅に置けないな。その顔立ちで、今までいなかったという方が不思議なものだが」
「え……い、いや、ち、ちがっ……!」
「ふふ、無理に否定することはない。大切にしてあげなさい」
「いや、だから……も、もういいです! お疲れ様でした!」
「ご苦労様。ふふふ」

 本当のことを話せないサダトに対し、老紳士は当たりとも外れとも言い切れない指摘を送る。そんな彼の言葉を否定することに踏み切れず、サダトは喚くように声を上げてバーを後にした。
 その背中を微笑ましげに見つめる老紳士の視線を、振り切るように。

 ――癖がある一方で、艶のある黒い髪。整った目鼻立ちに、強い意思を宿した眼差し。いわゆる細マッチョという体格で、姿勢もいい。
 それだけの容姿を備えていて今まで彼女がいなかったのは、ひとえに恋愛に奥手なその性格が原因であり――そこが最大のコンプレックスでもあったのだ。

 ◆

「……ったく、あの人は全く……」

 ネオンが煌めく町を抜け、静かな住宅街へと進んでいくサダトのバイクは――わざと遠回りを繰り返しながら、下宿先のボロアパートを目指していた。帰りの途中でシェードに発見されても、すぐに住処がバレるようなことにならないためだ。
 遅かれ早かれ暴かれるとしても、ある程度時間を稼げば、アウラだけは逃がすこともできる。彼女は改造人間にされた人々を救える、唯一の希望だ。絶対に守らねばならない。

(……!?)

 その思いを新たにした時。得体の知れない気配の数々が、サダトの第六感に警鐘を鳴らした。その殺気を後方に察知した彼は、素早くハンドルを切ると進路を変え、自宅から遠ざかって行く。
 彼の行方を追う数台のバイクは、彼の背をライトで照らしながら、付かず離れずといった距離で彼を追跡する。

(来たな……!)

 そんな追っ手を一瞥したサダトは、行き慣れた狭い道を駆け抜け、林の中へ入り込んで行く。無理に追おうとしたそのうちの何台かは、そこで木にぶつかったりバランスを崩したりして、次々と転倒してしまった。
 狙い通りに撒いていけている。その光景から、そう確信していたサダトの前に――

「遊びは終わりだ、小僧」
「……ッ!?」

 ――悍ましい風貌を持つ怪人が、全身から粘液を滴らせ、正面から待ち構えていた。舗装されていない林の中で、相手が待ち伏せていたことに驚愕する余り――サダトは声を上げることすら出来なかった。
 そして――瞬く間にバイクを片手でなぎ倒され、サダト自身も吹き飛ばされてしまう。

「うわぁぁああぁあッ!?」

 舞い上がる身体。回転していく視界。その現象と身体に伝わる衝撃に意識を刈り取られ、サダトは力無く地に倒れ伏した。
 彼を見下ろす人体模型は――口元を歪に釣り上げ、ほくそ笑む。

「ようこそ――シェードへ」




 ――しばらく時が過ぎ。かつて青年がいた場所に彼の姿は見えず、彼の私物であるオートバイだけが残されていた。

 そして、そこにもう一台の、純白のカラーが眩しいオートバイを駆る男が訪れる。

 彼はヘルメットを外し、今や無人となったそのレーサーバイクを眺めていた。

「遅かったか……!」

 口惜しげに苦虫を噛んだ表情で、青年はバイクに駆け寄る。
 そのバイクのすぐ傍に、木の葉や草が何かに溶かされた跡があった。

 自然のものとは思えない、その痕跡。それと倒れたオートバイを交互に見遣る男は、眉を顰める。

「これは……」

 そして素早く立ち上がると――自身の愛車に跨り、弾かれるように走り出して行った。

「シェードの仕業に違いない……無事であればいいが……!」

 時は一刻を争う。彼の表情が、そう語っていた。白いジャケットを纏うその男はさらに
愛車を加速させていく。

「また一つ、尊い命が奪われようとしている……許すわけには行かない!」
 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧