| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

仮面ライダーAP

しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 
2/38

第一章 鉄仮面の彦星
  第2話 エリュシオン星から愛を込めて

「……今の話、本当なのか?」
「信じ難いのも、無理はありません。信じられない、と仰るならば、それもやむを得ないでしょう。それでも私は、これか真実であると言わざるを得ないのです」

 シェードの追っ手を振り切ったサダトと少女は、彼の下宿先であるボロアパートに身を寄せていた。
 その六畳間の狭い部屋の中、ちゃぶ台を挟んで向き合う二人は、この場に似つかわしくないほどにスケールの広い話をしている。

 彼女がサダトに語った話によると。
 アウラと名乗ったこの少女は――なんと、遠い外宇宙からやってきた異星人「エリュシオン星人」なのだという。
 シェードによって改造人間にされ、人間に戻れなくなった人々を救う為、自らの意思で地球に訪れたのだそうだ。

 ――シェードと言えば、かつては対テロ組織として活躍し、精鋭中の精鋭と目されていた特殊部隊。

 しかし、ある時にその実力と成果が「人体改造」「洗脳手術」という非人道的行為の賜物だという事実が発覚し、組織は解散。

 統率者だった人物・徳川清山(とくがわせいざん)も投獄されてしまったという。

 だが7年前、その解散したはずのシェードが、テレビ局を占拠して、人質と徳川清山の交換を要求する事件が起きたのだ。

 その件は、シェード内で起きた内紛と思しき、改造人間同士の乱闘によって鎮静したが、彼らの再来は世間を震撼させるには充分過ぎるほどだった。

 さらに、シェードの非人道的行為が発覚した後も、すでに改造された被験者達は人間に戻れなくなった苦しみに苛まれ、社会問題にもなっている。
 ――彼女は、そんな被験者達を生身の人間に戻すために、はるばる宇宙から来たのだというのだ。

「……そういえば。アメリカやロシアにいた被験者が奇跡的に生身に戻った、なんてニュースが半年くらい前にあったっけ。あれも、君が?」
「はい。あの人達には再改造手術に成功したということにして、私のことを秘密にして頂いているんです。私の力が明るみに出れば、良くないことに利用されたりするでしょうから」
「……そういうことなら、シェードに狙われることにも説明がつく。向こうからしたら、せっかく手塩にかけて改造した被験者なのに、人間に戻されたりしたら全部の水の泡だもんな」
「えぇ。……まだメディアには知られていませんが、彼らにはばれてしまったようで――あのように、追われるようになったのです」

 そこまで語ると、彼女はフードを取り――艶やかな黒髪のボブカットを靡かせ、その美貌を露わにする。

 雪のように白い柔肌。くびれた腰に反して豊満に飛び出た胸に、むっちりとした臀部から太腿にかけての滑らかなライン。淡い桜色の唇に、大きく碧く煌めく瞳。
 確かに、異星人と言われると思わず信じてしまいそうな――おおよそ天然の地球人とは比にならない絶対的な美貌の持ち主であった。サダトの胸元程度しかない身長から察するに、恐らく10代であるが、そのプロポーションは到底、少女と呼べるようなものではない。

 その美しさに、思わずサダトも息を飲むが――それを悟られまいと咳払いをして、平静を装う。

「……南雲様を、このような事態に巻き込んでしまったことには……もはや、弁明の余地もありません。――申し訳、ありませんでした」
「いいさ、別に。乗りかかった船ってやつだろ? こういうの。……さて、だったらなるべく外は出歩かない方がいいな。行く先が見つかるまでは、ここにいた方が安全かも知れない」

 そんな彼女は死刑を待つ囚人のように目を伏せていたのだが――この場の空気に全くそぐわない、サダトの場違いな反応に思わず顔を上げてしまった。

「怒っては……おられないのですか? 私は、自分の勝手な都合であなた様を巻き込んで……!」
「君が追われてるのは、苦しんでる人を救ってきたから――正しいことをして来たからなんだろ? 正しい人を責めたくは、ない」
「……!」

 その言葉に、アウラは驚愕したように目を見開くと――潤む瞳を細め、口元を両手で覆う。感極まった自分の想いを、懸命に隠そうとして。
 だが彼女は、その思慕の情に嘘を付くことは出来なかった。

「よし、じゃあこうするか」
「……?」

 ふと、サダトは肘をちゃぶ台の上に乗せて、小指を立てた。その意図を察することが出来ず、アウラは小首をかしげる。

「南雲様、それは……?」
「んー、約束を守るためのおまじない、かな?」
「約束……」
「ああ。君のやることを信じる、っていう……約束」
「……」

 その目的と意義を知り、異星の姫君はほんのりと白い頬を染めて――サダトの向かいに座り、自分の小指を絡めた。

「南雲様……」
「ん?」
「私、私……出逢えた人が、あなたで良かった……」
「……そうか」

 それは、単なるおまじない。

 だが、知る者も頼る者もいないまま、孤独に救済の旅路を歩んできた彼女にとって――小指から伝わるサダトの体温は、かけがえのない温もりとなっていた。


 ……時は2016年。
 人間の尊厳を顧みない悪の組織と、孤独な愛の戦士の戦いが幕を開けて、7年が過ぎようとしていた……。
 
 

 
後書き
※エリュシオン星人
 成井紀郎先生が執筆された漫画版ストロンガー「決死戦7人ライダー」に登場。デルザー軍団やショッカーの黒幕である「タルタロス星人」に滅ぼされた惑星の生き残りであり、作中では科学者として働かされていた。
 大首領と相討ちになった7人ライダーを緊急手術で救い、元の人間に戻した。改造人間を生身に戻すことができる、希少な存在である。
 G本編から7年後であることから、7号ライダー「ストロンガー」に因み、この設定を採用。 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

感想を書く

この話の感想を書きましょう!




 
 
全て感想を見る:感想一覧